HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEOを一言で教えてください!SEOの基礎知識を一言はハードルが高い

SEOを一言で言うと

弊社はWebサイト制作会社になりますが、SEOだけのお申し込みや、SEOコンサルティングも提供しています。

SEOコンサルティングのお問い合わせをいただいたお客さまから打ち合わせをしていると、「SEOって色々言われてるけど一言で言うと何をすればいいの?」とご質問をいただきました。

これまであまり一言で説明をしたことがなかったので、考えたこともなかったのですが、そこで回答した内容やもう少し詳しくをご紹介したいと思います。

SEOの結論はユーザー目線

「SEOって何か?」と言われたときに、答えたのが「ユーザーのためのホームページ制作とサイト運営」になっています。

ただ、これは、100%の正解かと言うと決してそうではないのですが、しかし、この回答が一言と言う条件が付くと、最もマッチしていると思われます。

と言うのが、現在のグーグルやヤフー、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、ユーザーに最適化された検索結果ページを追求しています。

検索結果にユーザーが求めているホームページを紹介していればいるほど、利用者数が増えていき、利益が向上するためです。

そのため、一言で表すと、グーグルなどの検索エンジンが、どのようなホームページを上位表示したいかを考えると、ユーザーのためのホームページ制作とサイト運営になるのです。

もちろん、このユーザーのためと言うのは非常に難しく、ライバルサイトとの競争になっています。

ライバルの方があるテーマに詳しいと判断をされると、そのテーマに関するキーワードはライバルに負けてしまうし、ここのページでも当然負けてしまいます。

そのため、基本的には、ライバルよりも詳しい必要があり、そのための指標としては以下の3点になっています。

  • テーマに関するページ数が多い
  • 各ページの情報量が適切
  • たくさんの被リンクが集まる

もちろん、これ以外にもグーグルはそれぞれのページが本当にユーザー目線かを調査しています。

ただ、お客さまが行えるユーザーのためのホームページ制作やサイト運営はざっくりとこれくらいになっていると思います。

そのため、ホームページ制作時から、しっかりとサイト運営計画を立てるや、さらには公開前からすでに更新作業を始める必要があると考えています。

多くの場合、成果を出すために集客対策としてSEOを選択されると、すぐに効果が出ないと言うのはご理解いただいています。

しかし、だからと言って、1年や2年もかけて良いとは思っていません。

1日でも早く成果を出し、そして利益を上げていただくのがWebサイト制作会社の基本姿勢だと考えています。

ユーザーのためのホームページへと成長させる

上記のように、基本的には、SEOと言えば大半の作業がサイト運営時に行うものになっています。

では、Webサイト制作会社は、何もしなくても良い、何もすることがないには繋がりません。

現在のWebサイト制作会社が行える対策は、クライアントさまのサポートが中心になってきます。

例えば公開後に、毎日1ページを作成し続けたとします。

しかし、実は検索エンジンを考えてホームページを制作していないと、1日に1ページ作成であっても認識漏れが発生するのです。

検索エンジンが認識しないと、当然御社はSEO効果を得ることができません。

そのため、検索エンジンがそれぞれのページを認識しやすいようにホームページを制作する必要があります。

そしてさらには、Webサイト制作会社は、ただホームページを制作するだけでは問題で、それでは十分にクライアントさまにSEO効果を得ていただけません。

そこで大切になってくるのが、サイト運営スケジュールを立てることになります。

あくまで例えばですが、弊社を事例にすると、ホームページを制作中に、公開後には、詳しさを高めるために、とにかく新規ページ作成を行っていただきます。

このときに何ページを作成するかは、お客さまのサイト運営時間で算出しています。

例えば、2時間であれば1日1記事を、3時間であれば2日で3記事をと言うように、1記事あたり2時間掲載で算出しています。

もちろん、日によってばらつきがあるので、1ヶ月で最低でも40記事は公開するなどのように、月単位でも目標を定めさせていただきます。

これを行うことで、サイト運営は誰が行っても面倒くさいですが、しっかりと作成ノルマを定めることで、毎日更新を行うことが可能になります。

当たり前の話ですが、ユーザー見たときに本当に価値のないページを作成しても、SEO効果を一切得れないので、ユーザーを考えたページ作成を行いましょう。

細かく言えばもっと多くあるが

上記が一言でSEOをお伝えしなければならないときに話している内容です。

ただ、上記がすべてではありません。

もちろん、もっと細かくお話すると、リライト対象になったページの探し方や、被リンクについてなども学ばなくてはいけません。

ただ、これらの細かな情報は実は知らなくても、成果を出せるようになっています。

例えば、弊社のホームぺージ制作実績のコーワスタイルさまは、ホームページを制作する前まで、ほとんどブログ形式で文章作成をした経験がありません。

そして大体ですが、半年くらいはかかりましたが、現在は狙ったキーワードで5位前後に表示されています。

もちろん、SEOの施策法をできる限り多く知ることは大切ですが、初めての方に、あれやこれやと話しても実現率は低くなります。

そのため、弊社では今回の事例から、実は一言の方が効果が出るのではないかと考えていて、後はWebサイト制作会社として適切なフォローで解決できると思っています。

そのため、弊社では今後はあまりあれやこれやとレクチャーをせずに、基本的にはユーザーのための新規ページ作成を行っていただきます。

ただし、タイミングを見て、弊社からお客さまへの提案を行おうとは考えていて、これらが軌道に乗れば、本当に効率よくSEOを行っていただけるのではないでしょうか。

最後にSEOは終わりはない

また、今回、そのタイミングでは、大切なことをお伝えし忘れておりました。

もちろん、そちらのお客さまには定期的にSEOの話をさせていただいているので、十分にご理解をいただいている内容です。

基本的には、SEOはユーザーのためのサイト更新が大切です。

ただ、ユーザーのための更新作業を行い続け、例えば1位表示されればそれで終わりではありません。

SEOは基本的にはライバルとの競争です。

御社が1位になれば、もともとは1位だったのに2位に落ちたホームページは、新規ページ作成を行い、1位を取り戻す作業を行ってきます。

そのため、1位とまでは言わないまでも、1ページ目になる10位以内に入れば終わりではなく、そこからさらに上位を狙うあるいは落ちないためにサイト運営の継続が大切です。

実際に、弊社が思うほど実は最近は多くの会社では、サイト運営を行わないケースを見かけます。

恐らくですが、現在のSEOは非常に難しいので、更新した結果、ホームページ全体のキーワードバランスがおかしくなり、落ちてしまうのを恐れてからだと思います。

そのため、今現在であれば、確かに作業量は多いですが、十分に上位表示を狙えるのです。

そしてさらには、ホームページ制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスでは、上位を獲得した後も更新し続け、2位以下と大きな差ができたと思います。

さらには、公開当初の10や20のキーワードで上位表示ではなく、実は100近いキーワードで1位から3位の間にランクインしています。

弊社が狙う、またはクライアントさまが希望されるSEO効果はこの状態になると思うので、必ずSEOに終わりはないと理解をしなくてはいけません。

SEOは確かに大変ですが、しかし、1日の作業量は大した量ではないので、とにかく継続していくようにしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP