大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

SEO対策の基礎知識

SEO対策の基礎知識として記事を作成いたします。

基礎知識と言いながら、最低限の情報と言うよりも、弊社が実際にSEO対策として行って効果があったことや、効果があるか分からないが、インターネットに公開されていた情報を公開しておきます。

また、効果があるか分からないものも含んでおりますが、効果が分からないと言っても、事例として公表されているものになりますので、安心して御社がSEO対策を行う際の参考としていただけましたら幸いです。

SEO対策とは

SEO対策とはSearch Engine Optimizationの頭文字を取った言葉になっております。

SEO対策を行うと狙ったキーワードでの検索結果ページでの上位表示ができるので、非常に多くの検索エンジンユーザをホームページに呼び込むことができるのですが、しかしこのSEO対策はそんなに簡単に行えるものではないのです。

このSEO対策については、基本的にはホームページにどれくらいの期待をしているかが大切になっており、ホームページ運営量がそのまま検索結果に反映されていると思っても良いと思います。

しかし、SEO対策にはライバルとなるホームページも多くあるので、それらのホームページよりもグーグルが高く評価するホームページにするためのテクニックがいくつかあり、それらのテクニックを使ってライバルのホームページよりも高く評価されることで、そのホームページの効果は飛躍的に高まっていきます。

では、次に弊社がSEO対策を行っていて、SEO対策ではどのようなテクニックがあるのかについてご紹介をいたします。

ソースコードを最適化

まず初めにソースコードの最適化があります。

この最適化は目に言えるほどの効果があるものではないのですが、新規ページを作成したり、被リンクを1つ増やしたときにその効果がソースコードを最適化していないときと比べて高いものになってきます。

このソースコードの最適化については基本的には、そこまで影響は無いとグーグル言っているのですが、確実に最適化をしたほうがホームページ運営でのSEOが大きく向上します。

そのため、まず初めに行うべきはソースコードの最適化になっており、これらをしっかりと行うことで、ホームページのSEO効果は大きく向上いたします。

具体例といたしましては、別のホームページ制作会社が作成したホームページにSEOをして欲しいとご依頼をいただくことがあり、コードの改定をせずにSEOを行うのですが、非常に多くの時間がかかり、その場合にリニューアルを提案して受け入れて頂くと、一気に検索順位が上がったということもあります。

そのため、弊社ではソースコードをSEOに最適化することに意識をしており、これらをしっかりと行うことで、ホームページのSEO効果を最大化させております。

タイトルタグにはキーワードだけを入れる

次にタイトルタグにはキーワードだけを入れることを意識しましょう。

このタイトルタグの改定は、現在グーグル検索やツイッター検索などを行っていると、タイトルタグを変えただけで検索順位を大幅に向上させたというような記事を見かけることがあります。

このタイトルタグにおいて大切なのは、基本的には、該当のページにおいて上位表示したいキーワードだけを使うことになっており、できる限り余分なキーワードを抜くことで高い評価を受けることが可能になります。

1ページにつき固有の1キーワード

ここまで行っている方は、SEOに力を入れて取り組んでいる方以外は、あまりいないかもしれませんが、原則現在のグーグルはホームページ全体の評価よりも個々のページでの評価によって検索順位を決定しているような気がするというよりも、そのような検索結果ページを表示させています。

そして現在のグーグルは重複を異常なまでに嫌う傾向があるので、基本的には他のホームページはもちろん、自分のホームページであっても原稿をコピーして使うことは辞める必要があるのです。

そして各ページの原稿だけではなく、それぞれのページのタイトルやディスクリプションもしっかりと固有のものにしなくてはならず、それらを行うためには、自分が作成するページのキーワードをしっかりと定め、他のページと重複しないようにすることが大切です。

これらを徹底して行うことで、検索順位は大きく向上していき、よりグーグルから評価されるようになるのです。

ホームページの改定を行う際には、この作業に力を入れていくことが大切であり、ページ数が多ければ多いほど、重複してくるページが多くなると思いますので、そのようなページは統合をして、301リダイレクトなどで統合されたページからしたページへとリダイレクトすると良いでしょう。

ホームページ構成の作り方でSEO効果が変わる

こちらは一般的なホームページ構成であれば、そんなに変化が見られないものだと思いますが、ページのアドレスが整理されていない場合は、当然SEO効果が落ちるようになっております。

基本的にグーグルはホームページの情報を目視ではなく、プログラムで自動収集しているので、同じテーマの内容は同じフォルダーにまとめていくことが大切です。

例えば弊社の場合であれば、ホームページ制作サービスは、「/create/create.html」や「create/renewal.html」というように、「/create/」でまとめております。

これらをすることで、グーグルは「/create/」はホームページ制作サービスのページがまとめられていると認識をしてくれるので、非常に情報収集の効率が高まるのです。

しかし、現在大半の方がホームページのページについてはしっかりと情報を整理して制作しているので、一般的な作り方をしていればほぼ問題がないと言っても過言ではありません。

ページ数が多いほうが上がりやすい

ページ数が多いほうが上がりやすいかどうかは、これについては弊社では実際に上がると考えております。

ただしそのページの質にも依存するのですが、例えば最近よくある手法として、「ホームページ制作会社を大阪市でお探しの方へ」と「ホームページ制作会社を堺市でお探しの方へ」などの市区町村ごとに、ページを作成して、中のコンテンツはほとんど変わらないと言う場合には意味がありません。

基本的にはこれらのコンテンツは、【ホームページ制作会社 大阪市】や【ホームページ制作会社 堺市】で検索したときに上位表示させようとしているページになるのですが、これらのページについては原稿を変更することが本当に難しいものになっております。

もちろん原稿をまったく異なるものにできるのであれば、成果を出せると思われますが、しかし実際には原稿作成を行うのは非常に難しいものになっておりますので、同じ内容のページを量産することは、逆に類似コンテンツとしてSEO対策でマイナス評価を受けてしまうのです。

そのため、基本はページ数が多いほうが良いですが、このような類似コンテンツを量産するページはほとんど効果を生まないので、本当に効果的なページ作成であれば、どんどん新規ページを作成したほうがSEOに強くなります。

その理由は以下でご紹介する文字数の多いページのほうが上がりやすいと同じですが、グーグルは現在、ユーザの検索キーワードに対して最も詳しいホームページを1位表示させようとしているので、ページ数が増えてそのページが文字数が多ければ当然高い評価を得ることが可能になります。

文字数が多いページのほうが上がりやすい

文字数が多いページのほうが上がりやすいと言うのはおそらく間違えていません。

しかし、この文字数が多いページについては、グーグルの判断にゆだねる必要があるのですが、トップページとカテゴリートップ、商品ページなどの文字数を増やすのではなく、記事ページの文字数を増やすとより評価が高まります。

グーグルの公表によるとこの4つ以上に分類をしてホームページを評価しているようで、トップページや商品ページなどが大切だからと言って文字を増やしても検索順位を上げることができないのです。

そのため、記事ページのみが文字数を意識すべきページになっており、記事ページをしっかりと文字数を意識することで、ホームページの成果を大きく向上させることが可能です。

この例として、ある企業が運営しているブログになるのですが、そのブログは1記事の文字数とページ数が圧倒的に多く、さまざまなキーワードで上位表示しているという例もあるくらい、文字数は大切になってきます。

文字数が多いとリンクが付きやすい

こちらはある企業が自社のホームページで、ブログコンテンツを立ち上げて、記事数の多いページと記事数の少ないページを公開いたしました。

その結果、確かに文言は違いますが、それでも文字数の多いページのほうが多くの被リンクを獲得していたというデータを公表しており、文字数が多いほうが被リンクが獲得しやすいと言うことができると思います。

確かに自社ではあまり被リンクを行っておりませんが、文字数が多いほうが情報量も多いので、このホームページは良いなと思うことも多くあります。

そのため、単に文字数の多さでのSEOを考えるだけではなく、文字数を多くして被リンクを獲得することを狙うことで、より効果的なSEO対策とすることが可能です。

グーグルサーチコンソールのエラーを改善しても検索結果は変わらない

こちらは弊社の事例ですが、グーグルサーチコンソールのエラーを改善しても、検索順位が変わることはありませんでした。

もちろん、グーグルサーチコンソールのエラーの改善はすべての企業が行うべき内容であるという認識は変わっておりませんが、実際にエラーページを改善しても、順位が上がらないと理解をしておく必要があります。

しかし、これらのエラーはグーグルが正しくホームページを認識するためにしっかりと改善していく内容になっているので、SEOを始める前にしっかりと対応していくことで、SEOのためのホームページ運営効率を飛躍的に高めることが可能になります。

発リンクは張ったほうがよい

発リンクについては、張れば効果が出るという情報があったり、張ればそのページの価値を発リンク先に譲渡すると言う情報があります。

こちらはどちらが正しいかは分かりませんが、弊社ではグーグルと同様にSEO効果を仮に譲渡すると言っても、しっかりと張っておくべきだという認識を持っております。

基本的には、御社が記事を書いていて、その内容を補足できるものはしっかりと別タブで開くようにすることは当然ですが、その説明の補足ページを表示することで、ユーザにとって親切なページにすることが可能です。

この発リンクについては、SEO関係で上位表示ができているホームページが張っていることもあるので、おそらくそのページの価値を譲渡するとしても、ごくわずかなものになる、あるいはあるSEOの権威の方は、被リンクでページの価値を譲渡するのは昔の話と言っていたので、気にせずユーザのための発リンクであればしっかりと行うようにしましょう。

ただし、現状では弊社のホームページでは発リンクはあまり張っていないので、記事をリライトする際にはユーザのための発リンクをしっかりと張るようにする予定です。

過剰な被リンクには張り方がある

過剰な被リンクを行うとスパムになると言う方も多いと思います。

しかし、実際に個人で行う被リンクで過剰なほど被リンクは行えないという認識を持つことが大切です。

この過剰な被リンクが駄目だと言われたときに順位を落としたのは、弊社が実際に見聞きした情報としては、多くがSEO業者によって被リンクを購入していた場合、大量の相互リンクを行っていた場合、フォームに入力できるだけで被リンクが登録できるホームページを大量に利用していた場合になります。

そして現在のSEOを調査すると、1年間毎日10ずつ被リンクが増えているホームページがビッグワードで1位を獲得し続けていることもあり、これらは別に過剰な被リンクではないのです。

被リンクは別に悪いことでもなくそして1企業や1個人が行える被リンク数には限界があるので、購入したり相互リンクを過剰にしなければ、問題がないと思われます。

これらを理解していないと被リンク対策がまったく行われないホームページになるので、しっかりと被リンクを意識して、SEO対策を行うことがお薦めになります。

自分で行う被リンク対策は問題ない

現在はあまり聞かなくなりましたが、中には自分が行う被リンク自体が評価されないあるいはスパムであると言う方もいらっしゃいます。

しかし実際に検索順位で上位表示しているホームページは、サテライトサイトやサテライトブログを大量に立ち上げていたりするので、おそらく問題がないと思われます。

その場合に被リンク対策にしてしまうと、コンテンツの質が低いのに被リンク数が莫大などの問題がでてくるので、このような自分で行う被リンク対策であればすぐに辞めるべきだと思われます。/p>

しかし、1つ1つのホームページをしっかりと制作して、そこから被リンクを行うことは問題がないので、これらをしっかりと行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていくのです。

サイテーションを意識しよう

こちらは最近まで一切気にしていなかったのですが、現在のSEOにおいては、サイテーション対策も大切になると思われます。

その理由は単純で、弊社のクライアントさまが、弊社のSEO対策はお客さまに負担も多いため、「もうSEO作業をしたくないからそれらを一式で受けてくれるSEO会社を紹介して欲しい」と言われ、SEO会社を紹介したら、最初にSEO会社さまが行ったのがサイテーション対策になっているためです。

基本的にサイテーション対策においては、リンクが不要になる代わりに、狙っているキーワードと社名を使って、さまざまなホームページへと情報を公開することになっており、これらがどれくらいの効果を生み出すかは不明ですが、しかし実際に現在検索順位は少しずつですが上がっております。

実質その会社さまがSEO対策を行ったのが1ヶ月になっておりますので、それで検索結果に反映されているのは非常にSEOに強いと言っても過言ではありません。

そのため、これからSEOを実施される方は、是非サイテーション対策を行うことで、どれくらいの効果があるかは分かりませんが、必ず御社のSEOにとってプラスの要因になると思われます。

SEO対策の基礎知識は定期更新を行う予定

上記が現状でパッと思いついたSEO対策の基礎知識になります。

この基礎知識のページは定期的な更新を行う予定をしており、実際にこうあった施策があればコンテンツを追加したり、効果が出なくなった施策は削除をしようと思っております。

また、現状ではパッと思いついた対策ですので、もしかすれば漏れも多くあると思いますが、そういった漏れについても思い出したら投稿していくことを予定しております。

現在自分でSEO対策を行われている方は、是非上記を参考に御社のSEO対策を見直してみてはいかがでしょうか。

最後に弊社は、大阪のホームページ制作会社セブンデザインで、これらの施策をすべてのお客さまに説明させていただき、本当に効果の出るホームページ制作を実施しております。

TOP

ホームページ制作実績