大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

情報の網羅性とSEO

情報の網羅がSEOにとって大切

SEOにおいて情報の網羅性は非常に大切です。

もちろん、グーグルは情報の網羅性だけで上位表示を行うホームページを判断しているわけではないのですが、グーグル自身がユーザーの検索キーワードに対してもっとも詳しいホームページを上位表示させると発言をしており、例えば【Web制作】というキーワードで上位表示を行うのであれば、Web制作に対してもっとも詳しいホームページにすることがSEOにおいて、もっとも重要な対策になっております。

そのため基本的にはSEOを実施する際には、情報の網羅性を意識することが大切になっており、この網羅性を高めることで、自然と検索順位が向上いたします。

情報の網羅性とは

SEOにおいて情報の網羅性は非常に重要な要素になっており、この網羅性を意識することで、少しずつ検索順位が高まります。

例えば【Web制作】がトップページで上位表示を狙うキーワードだった場合に、スタッフブログなどを利用してWeb制作に関連する複合ワードがSEOキーワードになるページを作成することで、作成したページ数に応じて自然と検索順位が高まっていくのです。

そして最終的には【Web制作】というキーワードで検索したときに、他のライバルとなるホームページよりも多くのページを作成していることで、御社のホームページはグーグルから高い評価を得ることが可能になり、中長期にわたって上位表示を実現することが可能になります。

そして弊社はWeb制作会社になるので、この情報の網羅性をかなり意識して提案しており、基本的には弊社のSEOにおいては、被リンクに頼るのではなく情報の網羅性によって上位表示を実現しております。

ただし、被リンクが不要だと申し上げているのではなく、被リンク作業は無料ブログを作成して、その無料ブログで質の高い記事を作成し続け、本体のホームページに被リンクを行う作業が発生するため、時間的に考えた場合に、あまりオススメしておりません。

そのため、Web制作後に弊社が把握している被リンクリストをお渡ししており、この被リンクリストのホームページにしっかりと登録いただくことを被リンク対策としており、後はソーシャルメディアを利用した自然と集まる被リンク対策を行う程度で、基本的なSEO作業はスタッフブログなどに新規記事の作成による情報の網羅性としております。

検索意図との関係性

この情報の網羅性は、御社が上位表示したいキーワードに対して、とにかくページ数を作成することになるのですが、このページを作成する際に注意していただきたいことは、そのページの検索意図を理解し、検索意図に対してページを作成することになっております。

検索意図とは、そのキーワードで検索したユーザーの目的のことを言い、例えば【Web制作】で検索するユーザーの検索意図は、「Web制作を行ってくれる会社を探している」や「Web制作の料金相場を知りたい」など、さまざまなものになっているのですが、これらの検索意図を網羅していくことが重要になっております。

この検索意図についてはグーグルやツイッター検索でSEOについて調べると、さまざまな情報が掲載されておりますが、基本的には検索意図をそこまで意識する必要はなく、例えば【梅田 ラーメン】というキーワードで検索する人の検索意図は、梅田のラーメン屋を探しているというように、自分が作成する上位表示キーワードに対してどのような情報を求めているかをある程度理解する程度で良いと思っております。

仮に実際の【梅田 ラーメン】の検索意図が、「梅田のラーメン屋が行う出汁の作り方」であった場合には、気が付いたタイミングでそのページに情報を追加すればいいだけの話になっており、基本的には検索意図について悩み時間を使うことはできる限り回避すると良いでしょう。

そのため、検索意図と情報の網羅性は実は網羅性の方が優先順位が高いものになっているので、もちろん検索意図を無視して良いと言うものではありませんが、そこまで時間をかけて悩むのであれば、網羅性を意識して新規記事を作成したほうが良いものになっております。

情報の網羅性の調査の仕方

SEOを実施されるお客さまに、「情報を網羅させてください」と提案すると、どのようなSEOキーワードでページを作成したら網羅されるのかが分からないと言われることがあります。

そのため弊社ではこの情報の網羅性については以下のような手順でお客さまに提案をしております。

作成したいページを作成

ホームページの納品をしてもらったら、まず初めにお客さまが行うことは、ホームページだけでは公開しきれなかったような情報をブログに公開することになっております。

この作業を行う際に注意点があり、それはホームページや作成するページでSEOキーワードがかぶらないようにしなくてはなりません。

現在のグーグルは情報の類似を極度に嫌うものになっていて、SEOキーワードが類似している、あるいはページのユーザーニーズが類似しているとカニバリが発生してしまい、類似しているページの検索順位が上がらなくなってしまうのです。

そしてこのカニバリは、カニバリが発生しているページ数が多い場合には、実はホームページ全体のSEO評価も下がるようになっており、トップページの検索順位も落ちてしまうことがあります。

そのため、作成したいページを作成することは、お客さまが行う最初のSEO作業になりますが、しっかりとすでのページでSEOキーワードやユーザーニーズを設定して、類似が起こらないように作成することが大切です。

ツールで抽出

作成したいページが公開できた後は、グーグルキーワードプランナーラッコキーワードを使って、SEOキーワードの候補を抽出いたします。

ここでは例えば、トップページで【Web制作】というキーワードで上位表示したい場合には、グーグルキーワードプランナーとラッコキーワードで【Web制作】で検索を行い、複合ワードのフレーズをリストアップしていきます。

そしてそのリストアップされたキーワードをSEOキーワードとしてページ作成を行うことで、御社のホームページは【Web制作】での情報の網羅性を高めることができるのです。

テレビのニュースから

ツールでのページ作成が終わったら、実際にテレビのニュース番組で御社の業界についての報道がされたときに、そのニュースをもとに記事を書くことで、情報の網羅性を高めることが可能です。

実際にこの効果は非常に高く、やはりニュースで紹介された情報と言うのは、より深く知りたいと考える方も多いので、しっかりとページを作成することで、ライバルが公開していないような情報を公開しているホームページとなり、少しずつグーグルから好まれるホームページへと成長しSEO効果を発揮いたします。

ただし、ニュースサイトなどが結構SEOのライバルになってくるのですが、実際に上位表示ができていないページが続いたとしても、意外とトップページの検索順位が上がることが多いので、今回ご紹介する情報の網羅性のための対策の中で、もっとも効果的な対策であると弊社では考えております。

ただし、「作成したいページを作成」や「ツールで抽出」などの方は、その記事ページ自体が上位表示することが多いので、実際に順番としては「ツールで抽出」の後の作業になっております。

ソーシャルメディアから

そして最後に、ニュースからの記事作成においては、永続的に続く作業になっており、短期間で見れば、それほどの労力がかからないことが多いので、並行してソーシャルメディアを利用して情報の網羅性を高めます。

基本的にはツイッターやフェイスブックなどの主要なソーシャルメディアを利用して、ソーシャルメディア内の検索を行って、話題になっているキーワードを抽出し、そのキーワードをSEOキーワードにして新規ページを作成していきます。

そして、このソーシャルメディアからの新規ページ作成は、ページを作成するだけでも効果を出している会社さまもありますが、もっとも良い対策としては、ページが作成し終わったら、そのページのURLを要約付きでソーシャルメディアに投稿することになっております。

そうすることで、意外とソーシャルメディア検索を行われている方が多いので、御社の投稿を見つけて、そしてホームページに訪問してくれるようになります。

さらにはこの対策は、単に訪問者数を増やすだけではなく、自然な被リンクを集める方法としても効果を発揮するので、さらにSEO効果を高めることが可能になるのです。

SEOの成功事例

実際にこのようなページ作成法を行っている弊社の制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスでは、ソーシャルメディアでの投稿は行っていないにもかかわらず、実際に大量の狙ったキーワードで平均5位前後にランクインしており、さらには現在でも計測キーワード数を増やしながら検索順位の向上を実現しております。

ANA・JAL株主優待即納サービスでは、基本的には、ツールを利用して作成するページのSEOキーワードを定めながらホームページの更新を行っているのですが、ANAやJALに関するニュースが出てきた翌日の作業は、そのニュースの内容を自社なりにまとめて投稿をし続けております。

その結果被リンク数は非常に少ないのですが、現在もSEO効果を高め続けられており、実際にニュースについてはライバルも更新しない内容になりやすいため、ライバルサイトが掲載していない有益な情報を掲載しているホームページであるとグーグルが認識してくれているように思います。

そのため、上記の情報の網羅性をしっかりと行うことで、最低限の被リンク数でもSEOで成果を出すことが可能になっておりますので、しっかりと上記の4つの網羅性を高める新規ページの作成を行うことが重要になります。

情報の網羅性はSEOでもっとも大切

SEOにおいては、検索キーワードに対して「もっとも詳しいホームページ」か「もっとも人気のあるホームページ」であれば上位表示が可能になっております。

そして基本的には弊社はWeb制作会社になるので、「もっとも人気のあるホームページ」は被リンク数を稼ぐ作業になっているのでSEO会社の事業領域になり、人気対策については最低限の作業を行い、「もっとも詳しいホームページ」へと成長させることを提案しております。

もちろん、「もっとも詳しいホームページ」へと成長させることで成果が出ないという場合は、被リンク数を増やす対策が必要になることもあると思いますが、しかし弊社のSEOにおいては、被リンク数は最小の本数で上位表示を実現したいと考えており、基本的には被リンク数が足りない場合においてもお客さまに労力がかからない被リンク対策を提案しております。

そのためには、基本的には、ライバルよりも詳しいホームページにすることが大切になっており、がむしゃらにページを作成してもライバルよりも詳しいホームページになることは珍しく、どちらかと言うと類似によるカニバリが発生し、検索順位が落ちてしまうことがあるので、しっかりと計画を立てて情報が網羅されたホームページへと成長させることで、自然とSEO効果を最大化させるSEOを提供しております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績