大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

SEOのための新規ページ作成の効果

SEOのために日々ページ作成を行っている方も多いと思います。

基本的にページの作成は、ソーシャルメディアでツイートするネタや、ある特定のキーワードで検索をしたときに上位表示させるために制作されていると思いますが、中にはトップページのSEO対策のためや、カテゴリーのトップページの上位表示対策のために行っている方も多いと思います。

もちろんこれらを行うことは非常に大切になるのですが、しかし作成したページのSEOについてはどれくらいの成果を生み出せるものになっているのでしょうか。

そこで今回は、SEOのための新規ページ作成の効果についてご紹介をいたします。

弊社でSEOのために新規ページ作成を行った結果

まず初めに弊社でSEOのために新規ページの作成を行った結果についてご紹介をいたします。

まず弊社で行っている新規ページ作成は、スタッフブログが中心になっており、スタッフブログをしっかりと制作して、記事数を増やすことで、よりSEOに効果的なホームページへとしようと考えております。

そのため、毎日予約投稿を使って投稿をしているのですが、現状では200ページほど作成いたしましたが、そこまで効果を得ることはできておりません。

そのため、まだ競合他社と比べればホームページ全体のページ数で劣っているので、判断が非常に難しいところになるとは思いますが、しかし弊社で考えるにはトップページのSEO効果とページ作成はそれほど関係がしていないように思われます。

しかし、だからと言って新規ページ作成を行わなくても良いと言うものではなく、被リンクを受けたときの効果がより高まるものになっておりますので、最低でもライバルサイトと同じだけのページ数を作成する必要があります。

新規ページ作成法

では、あまり効果がないけれども、新規ページの作成は必要になると申し上げておりますが、実際どれくらいのページ数を作成すればいいのでしょうか。

これについては、1ページ目に表示されているホームページと同数の数になってきます。

1ページ目のホームページを見てみると、10,000ページもあるような大規模サイトから、100ページしかないような小規模サイトまでさまざまだと思います。

そういう時には、まずは一番ページ数の少ないページを目標に御社のホームページを制作していくことが大切で、1ページ目に入れる位のボリュームのあるホームページにすることで、今回の話とは関係がありませんが、被リンクを受けたときの効果が高まると思っております。

そのため、御社がトップページで上位表示を狙っているキーワードで検索をして、1ページ目のホームページのすべてのページ数を出して、その中で最終目標は最もページ数の多いページになりますが、いきなり数万ページも作成ができないので、1サイトずつ追い抜いていけば良いと思われます。

新規ページを作成すると被リンクが付く可能性がある

そして新規ページを作成していると、自然な被リンクが付く可能性が高まります。

これはそのページのテーマによってリンクが付きやすい、付きづらいがあるのですが、基本的には被リンクは付かないと考えておき、付いたらラッキー程度に考えると良いでしょう。

しかし、被リンクが付いたときには非常に効果的なものになっておりますので、しっかりと被リンクが付きやすいように、分かりやすく丁寧に原稿を作成してくことが大切になります。

この分かりやすく丁寧にと言うのは、基本的にはライターのようにテクニック手法を駆使することよりも、現在の自分でできる最大の分かりやすい文章を作成することが大切になってきます。

さらに被リンクについては、ソーシャルメディアからの被リンクもあるので、本当に分かりやすい文章を作成すれば、ソーシャルメディア内でバズってくれるので、本当に効果的なページ作成が可能になります。

被リンク効果が高まる

そして次に、ライバルサイトと同数のページ数にすることが大切だと言いましたが、これについては、おそらく被リンク効果が高まるメリットがあります。

ニッチなキーワードでグーグル検索を行うと、中には下位に表示されているホームページで、ページ数が豊富で、さらには1記事1記事が読みやすく魅力的なホームページを見つけることができます。

これらのホームページがなぜ下位に表示されているかと言うと、それらのホームページを調査すると、まったく被リンクが付いていないということが分かります。

そのため、ページ作成では検索順位が上がりづらいものになっており、そのために利用するのが被リンクになってくるのです。

そしてこのページ数の作成は、実際に上位表示しているホームページを見ると、100ページを超えるホームページが1ページ目にランクインされており、おそらく弊社の経験則上は、100ページが最低ラインになってくると思われます。

そして1ページ目に入っているホームページでは、調査をすると100ページ以上で被リンクが大量にある、あるいは1つの被リンクが非常に強力であることが分かりますので、SEO対策にはおそらく100ページ作成が大切になってくるように思われるのです。

もちろん100と言う数字に根拠はなく経験則的な数値になっており、これが90ページでも効果が出る可能性は十分にあります。

更新頻度が高まる

そして次に新規ページを作成することで、ホームページの更新頻度が高まると言うメリットがあります。

こちらについては以前グーグルSEOについて調べているときに、グーグル側が発信した情報として、「更新頻度は大切だけど、更新頻度が高いだけでは上位表示は行えない」と言う発言を、SEO関係のブログで紹介されていました。

もちろん情報の出どころは、グーグルの社員の方が運営するツイッターになっていたので、弊社ではおそらくこれが真実なのだろうと判断をいたしました。

またさらに別のツイートでは、一気にページ数を増やしても、すぐにグーグルは認識できないと言っていたので、1日に大量の記事を上げても効果を得ることができないと判断をしております。

では、ページの更新頻度は無視しても良いのでしょうか。

これについては弊社はそんなことはないと考えており、「更新頻度は大切だけど、更新頻度が高いだけでは上位表示は行えない」という発言から、更新頻度が大切だと言っているので、明らかにかなり効果は弱いけれども少しは効果があると言っているのです。

そのため、弊社では更新頻度を高めるために、予約投稿機能を利用して、ホームページの予約投稿を行っていただくことで、更新頻度を高い状態でホームページの更新を行っていただいております。

SEOのための新規ページ作成法

では、SEOのための新規ページ作成法はどのようなものになるのでしょうか。

これについては以下のポイントを理解したうえで、新規ページの作成を行うようにすると良いでしょう。

「更新頻度を1日1記事あるいは1週間に1記事作成する」と「1記事あたりの文字数は2,000文字以上」、「画像の貼り付けと強調タグを使う」、「SEO度外視で内部リンクを張る」、「グーグルサーチコンソールでURLを送信する」の5点になってきます。

これらを行うことで、被リンクを受けたときに、その被リンクの効果が高まり、ホームページの成果は最大化されるようになるのです。

現在、多くのホームページ制作会社などが、ホームページを公開したら最初にページ作成をしましょうと言うのは、被リンクを受けたときの効果が最大化され、さらには被リンクを受ける可能性が高まることが要因になっているのです。

これらをしっかりと行うことで、ホームページの内部はSEOに最適化されるので、その後の被リンク対策を行うと、一気にホームページの成果は高まるようになっております。

基本的にはライバルと同じページ数を目指すで良い

SEOのための新規ページ作成法についていろいろとご紹介をしましたが、まずお客さまはこれらのテクニックは置いて、「ライバルと同じページ数を作成する」ことと、「文字数は2,000文字以上」だけを考えてホームページに新規ページ作成を行えば良いでしょう。

確かにSEOを考えると画像を張り付けたり内部リンク行ったりした方が、効果的ですが、どちらもSEO効果としては微増なものになっており、それよりもまずはしっかりとライバルと変わらないページ数を作成すること、そしてそのページがSEOで評価されるようにする2点が大切になってきます。

これらを徹底して行うことで、もちろんこれだけでは上位表示はできませんが、しかし後は少し被リンクをするだけで、上位表示が可能になっているのです。

現在弊社のホームページでは、被リンクに頼ったホームページは除き、ページ数ですら1ページ目のホームページに圧倒的に負けている状態ですので、そこまで大きな声では言えないのですが、実際にスタッフブログを200記事作成して見たときに上記のようなことを感じましたので、今回はご紹介をさせていただきました。

現在SEO対策でお悩みの方は、ぜひ正しいSEO対策を行ってくようにしましょう。

TOP

ホームページ制作実績