大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

グーグルが考えるSEO

グーグルのSEO

SEOを実施する際に、「グーグルがどのようなホームページを検索結果ページの上位に表示させたいのか」を知ることは非常に大切です。

このグーグルの考えるSEOは決して特殊なものではなく、上位表示したいホームページの運営者さまが、しっかりとWeb制作と運営を行っていれば、できる範囲の対策になっております。

ただし、このグーグルの考えるSEOだけを行っていても、200以上あると言われている検索順位を決定するアルゴリズムの一部でしかないため、検索キーワードによっては、検索順位を上げることはできませんが、しかし、その場合であっても、基本的なSEOを理解しておかなければ、効果的なSEOを行うことができないのです。

ユーザーのためのホームページが最も重要

ユーザーのためのWeb制作

まず、グーグルが考えるSEOをご紹介する前にグーグルの使命についてご紹介をいたします。

グーグルの使命は、グーグルのホームページに「インターネットに公開されているホームページすべてを整理し、誰でもそのホームページにアクセスできるようにすること」と掲載されております。

この使命は10年以上前から変わっておらず、弊社では、現在においては大体はホームページの整理も終わったと思われ、次のフェーズに進んでいるのではないかと考えております。

その次のフェーズとは、現在のグーグルは「そのホームページが本当にユーザーのためのホームページなのかどうか」になっており、質の低いページを検索結果に表示させなかったり、より質の高いページを上位表示させている段階となっております。

そのため、ホームページを公開したら集客対策としてSEOは外せないものになっているため、現在のホームページは質の高いホームページとするために、分かりやすいサイト構成とページ構成、Webデザインなどの作業を行う必要があるのです。

また、このグーグルの考えるSEOについて、検索順位が決定する仕組みのページで詳しくご紹介しておりますので、ご興味がございましたら、検索順位が決定する仕組みのページもご覧ください。

そしてこのグーグルの使命を理解して、Web制作・運営を行うことで御社のホームページは飛躍的にそのSEO効果を高めることができるのです。

では、具体的にもう少しグーグルがどのようにSEOを考えているのかについてご紹介いたします。

もっとも詳しいホームページ

詳しいホームページ

「検索キーワードに対して最も詳しいホームページ」を上位表示させようと考えております。

例えば、弊社のホームページであれば【Web制作 大阪】が最も上位表示したいキーワードになっているのですが、この【Web制作 大阪】で上位表示するためには、【Web制作】で検索したときに、もっとも詳しいホームページであることが重要になるのです。

基本的にはグーグルは、例えば弊社のホームページにグーグル検索から訪問者が訪れたときに、弊社のホームページだけを見て、知りたい情報をすべて得られることを推奨しており、ここでブラウザバックなどによって検索結果ページに戻り他のホームページも閲覧するという行動はユーザーにとって良いとは考えていないのです。

そのため、SEOの基本は「検索キーワードに対して最も詳しいホームページ」とすることになっており、これらを実現することで、実際に弊社のお客さまなども、この対策だけで上位表示を実現しているホームページがあるほど強力な施策になっております。

また、ホームページの種類にもよりますが、弊社のホームページでは【大阪】というキーワードが大切だからと言って、大阪についての記事をどんなに書いてもそれほどの効果を得ることはできません。

もっとも人気のあるホームページ

人気のあるホームページ

そして「検索キーワードに対して最も詳しいホームページ」以外にも、実はグーグルが上位表示させたいホームページがあり、それは「検索キーワードに対してもっとも人気のあるホームページ」になっております。

この人気とは、被リンクの数やサイテーションと言われる他のホームぺージに御社の情報が掲載されている数になっており、被リンク数とサイテーション数を増やすことができれば、自然と検索順位は高まるのです。

そしてこの被リンクとサイテーションを増やすことは本当に難しいものになっていて、例えば自分が知りたい情報について調べていたときに、非常に良いホームページがあったとしても、わざわざ自分のブログなどにそのホームページを紹介するページを作成するということは滅多にありません。

そのため、Web制作会社では、もちろん最低限は被リンク対策やサイテーション対策は行いますが、「もっとも人気のあるホームページ」とすることではなく、「もっとも詳しいホームページ」へとホームページを成長させることを考えております。

注意点は2点

SEOの注意点

グーグルはユーザーのためのWeb制作や運営ではなく、検索順位を上げるためのWeb運営を行っているホームページを評価することはありません。

そのため、グーグルの考えるSEOを学ぶと同時に、グーグルが評価を下げるSEOの基本概念も理解していく必要があります。

低品質なページの量産

低品質なページの量産は、グーグルの検索結果順位を下げる可能性があります。

ここで言う低品質なページとはどういうものになるのかについては、実はグーグル自体が公表をしていないため不明になっておりますが、ユーザーのためにならないページを量産するとほぼ間違いなくグーグルが低品質なホームページであると認識してきます。

ただし、2021年8月16日現在のSEOで言えば、当ブログの別記事に中途半端なページを作成しSEO効果を得るというSEOテクニックをご紹介しており、このテクニックを使ったとしても、低品質ではないと認識されないことが多くあるため、本当に何を基準で高品質なページなのか低品質のページなのかを判断しているかが不明になっております。

そのため、基本的にはお客さまができることとしては、そのページを見た人が「本当に満足できる情報量か」と「その作成した原稿は読みやすく理解しやすいか」を確認することになっており、これらをしっかりと確認してWeb制作を行うことで、低品質なページの量産になることは滅多にないと思います。

そして実際に弊社のスタッフブログは実はこの低品質なページの量産にひっかかかってしまっており、2021年6月15日より前の記事は、新規ページを作成しても読み直しやリライトは一切行っていなかったので、現在はそのページのリライト作業をとにかく行っており、ページの質を高める対策を実施しております。

価値のない大量の被リンク

被リンク対策は現在のSEOでもっとも難しいのですが、この被リンクをシステムなどを利用して一気に集めるということは絶対に行ってはなりません。

この短時間で一気に集まる被リンクは、基本的には膨大な量の被リンクになってくるのですが、現在のグーグルは被リンク元のページやホームページの質も確認しているため、質が高ければ問題ないのですが、価値のない被リンクばかりであると逆に検索順位を落としてしまう結果になっております。

この価値のない大量の被リンクはブラックハットSEOの対策の1つになっているため、仮にそれで検索順位が上がったとしても、必ずどこかのタイミングでグーグルにばれてしまい検索順位を大幅に落とすか、あるいは手動・自動ペナルティーを受けてしまいます。

そのため、Web制作後にSEOのために被リンク対策を行う際には、その被リンクの価値を考えながら対策を行うことが重要になります。

難易度によってはテクニックも必要

SEOテクニック

上記のように基本的にはグーグルはユーザーのためのホームぺージを高く評価しているため、「もっとも詳しいホームページ」か「もっとも人気のあるホームページ」にすることで検索順位は高まります。

しかし、実は上位表示したいキーワードの難易度によっては、これらの対策だけでは十分にSEO効果を得ることができず、その時に必要になってくるのがWeb制作会社やSEO会社が行うSEOテクニックになっております。

弊社のSEOの実績から、2015年と比べ現在のSEOは、かなりテクニック要素が弱くなっていると思いますが、しかしキーワードの難易度によってはSEOテクニックは非常に重要になってきます。

このSEOテクニックの手法は、Web制作会社によって異なるものになっているので、もしこのSEOテクニックにご興味がございましたら、当ブログのSEO・SEMカテゴリーをご覧いただくか、すでにお取引のあるWeb制作会社にご相談をお願いいたします。

もちろん、弊社ではブログ記事の内容についてのご質問も受け付けておりますので、弊社にご相談をいただいても問題ありません。

ユーザーのためのSEOを実施しよう

ユーザーのためのSEO

基本的にはお客さまが行うSEOについては、「もっとも詳しいホームページ」か「もっとも人気のあるホームページ」のどちらかになっており、弊社が推奨する対策は「もっとも詳しいホームページ」をWeb制作中に検討していただいております。

基本的に、グーグルは、ホームページを大学生や高校生、主婦の方も利用することを考慮しているので、SEOテクニックを重視させるのではなく、コンテンツを重視させています。

そのため、もっとも詳しいホームページとするために、御社が上位表示を狙うキーワードに関連するページ数を増やしていれば、必ず検索順位が向上するようになっております。

そしてこの「もっとも詳しいホームページ」とするためには、かなりの努力は必要ですが、しかしその効果は非常に高いものになっておりますので、しっかりと継続し対策を行うことが重要です。

上記が基本的にはグーグルが考えるSEOになっており、この考え方をベースにしてさらに多くのSEOテクニックを学んでいくことで、御社のSEOの知識は本当に高いものになり、本当に効果的なSEOを実施することが可能になるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績