大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

SEOチューニングサービス

ホームページを制作し、SEOを意識して、定期的に更新を行っているにもかかわらず、なかなか期待通りの成果が出ない場合は、御社のウェブサイトの情報を検索エンジンが正しく認識していない可能性があります。

その場合、どんなにHPを更新したり、新規ページを作成し続けても、期待通りの成果が出ることはなく、新規ページを作成するよりもwebサイトの内部にあるSEOの問題点を改善しなくてはなりません。

今回は、SEOで期待通りの成果が出ないとお悩みの企業さま向けに、基本的なSEOの実施方法と、弊社のSEOチューニングサービスをご紹介します。

SEOチューニングの重要性

ホームページに検索エンジンからの見込み顧客を多く集めには、コーディングのチューニング作業は非常に重要です。

SEOチューニングは、それだけで上位表示を行うのは難しくなりますが、ホームページ内部を検索エンジンが認識しやすいように、コーディングし直すことで、ホームページの情報を検索エンジンが認識しやすくなります。

例えば、ホームページ制作後に、被リンク対策を実施した場合に、リンク先のホームページのコーディングが綺麗であればあるほど、被リンクによって集められたホームページの情報収集用の検索エンジンプログラムは、そのホームページの情報を非常に素早く正確に認識するようになります。

また、内部リンクも同様になっており、ソースコードを正確に作成していくことは、SEOにおいて非常に重要な要素となっているのです。

そのため、被リンク対策の実施や、内部リンクの設置を行う前には、必ずウェブサイト内部のソースコードを綺麗に記述していくことで、ホームページ運営の工数を最小化することが可能になります。

SEOチューニングのサービス内容

SEOチューニングのサービス内容をご紹介します。

こちらで紹介する項目は、SEOチューニング作業の一例になり、詳細については実際にホームページを確認させていただいてからお伝えさせていただきます。

サイト構成の見直し

全体的な内部SEOとして、サイト構成の見直しを行います。

サイト構成は、同じテーマのページは同じディレクトリーにまとめることで、SEO効果を向上させることが可能です。

例えば、商品ページは/product/の中にまとめることで、グーグルなどの検索エンジンは、このディレクトリーには商品情報がまとめられていると認識し、スムーズな情報収集が可能になります。

SEOを意識したページ構成

ホームページ全体をSEOに最適化するためには、ページ構成も非常に重要な要素の一つになります。

検索エンジンがウェブサイトの情報を認識しやすくするためには、パンくずリストを設置することや、ページ上部にそのページの内容をまとめた要約文を入れることで、ページの内容を検索エンジンに正しく認識してもらうことが可能になります。

内部リンクの最適化

関連するページへの内部リンクを設置いたします。

内部リンクは闇雲に設置しても効果が出るものではなく、ユーザ目線で関連するページへとリンクを設置することが重要になります。

検索エンジンを意識したコーディング

コーディングとは、ホームページのソースコードを作成することを言い、HTMLとCSSと言われるマークアップ言語を記述し、ウェブサイトを作成する作業のことを言います。

このコーディングと呼ばれる作業は、ブラウザでwebサイトを見たときに、レイアウト崩れが起こっていなければ良いと考えてしまいがちですが、ソースコードを検索エンジンの情報収集を行うプログラムがホームページ内を巡回しやすいように制作することで、SEO効果を高めることが可能です。

もちろん、ウェブサイトのレイアウトが崩れないように作成することは、もっとも重要ですが、さらに検索エンジンロボットに対しても最適化しなくてはなりません。

SEOに重要なタグの最適化

タイトルタグやH1からH3などのタグに、その下に記述されている内容の重要なキーワードを入れることで、SEO効果を高めることが可能です。

その際には、すべてのページで共通の文言を入れるのではなく、それぞれのページに対して固有の文言を入れることが重要になり、固有の文言を入れることでSEO効果を飛躍的に高めることが可能です。

メタディスクリプションの最適化

メタディスクリプションも、上記のSEOに重要なタグ同様に、各ページごとに固有の文言を作成しなくてはなりません。

メタディスクリプションを全ページで共通の文言を入れるのであれば、メタディスクリプションのコードを記述しないほうが良いと言え、メタディスクリプションタグがなくてもSEOでマイナス評価を受けることはありません。

altタグの最適化

altタグとは、画像の説明文を入れるタグになり、画像ごとにaltタグを入れることで、グーグルの画像検索に御社のウェブページ(画像)が紹介されるようになります。

altタグの導入はグーグルが推奨していることもあるため、必ず入れておくようにしなくてはなりません。

ユーザ目線のコンテンツ作成

ホームページは、制作して終わりではなく、運営の中でユーザのニーズに応えることができるコンテンツを作成し続けることが重要です。

その際に注意しなくてはならないことは、とにかくページを新規で作成すれば良いというのではなく、制作するすべてのページで、どのようなキーワードで見込み顧客を集客するのかを検討し、そのキーワードでの検索者が十分に満足できるコンテンツを制作することが重要です。

検索エンジンは、検索エンジンユーザにとって、有益な情報を掲載しているウェブサイトを上位に表示するため、ユーザにとって有益なコンテンツでなくては、どんなにページを作成しても、検索エンジンから評価されることはありません。

検索エンジンの認識を高める

検索エンジンは、検索エンジンロボットを使い、御社のウェブサイトの情報を自動収集していますが、検索エンジンロボット任せにしていては、すべてのページを完全に認識してもらえるかどうかは運次第になってしまいます。

そのため、必ずwebサイトをリニューアルしたり、新規ページを作成した際には、検索エンジンにウェブサイトの情報を伝えなくてはなりません。

検索エンジンにwebサイトの情報を伝えるためには、グーグルサーチコンソールからXMLサイトマップの送信を行うことで可能です。

アクセス解析の導入

SEOはとにかく上位表示を行えば良いというものではなく、アクセス解析を行いながら、検索エンジンユーザに対してホームページを最適化していくことで成功します。

そのため、SEOを行うのであれば、必ずアクセス解析の導入は必要で、アクセス解析が示す数値データを見ながら、SEOのチューニングを行い続けることで、成約率が向上するSEOを実施することが可能になります。

SEOチューニングサービスの料金

SEOチューニングサービスの料金は、ホームページ全体のページ数やお客さまのご要望によって異なります。

費用については、50,000円からお受けさせていただいており、詳細については、お問い合わせ後にお見積書をご提出させていただきます。

SEOチューニングサービスの流れ

弊社のSEOチューニングサービスの流れをご紹介します。

1. お問い合わせ

まずは06-7494-1148またはお問い合わせフォームまでお気軽にお問い合わせください。

大阪府下およびその近郊であれば、直接お伺いさせていただき、他府県の場合は、電話やメールにて、ご要望をお聞かせいただきます。

お問い合わせの際に、ブログに掲載されていたSEOチューニングサービスの件とお伝えいただくとスムーズです。

2. お打ち合わせ・ヒアリング

ご要望をお聞かせください。

お打ち合わせ後には、御社のウェブサイトを拝見させていただき、SEO上の問題点の抽出を行います。

3. お見積り

お打ち合わせ内容や問題点から、お見積書を作成いたします。

お見積りに納得いただけましたら、契約とさせていただきます。

4. ツールの導入

「グーグルアナリティクス」と「グーグルサーチコンソール」を導入されていない企業さまにつきましては、まずはこれらのツールを導入し、データの蓄積を行います。

5. ホームページの改善

ご提案内容に基づき、改善作業を実施します。

6. 効果測定

HPの改善により、webサイトに見込み顧客がどれくらい増えたかを確認し、ご報告させていただきます。

また、その際には、より効果的なSEOにするための改善提案も行います。

TOP

ホームページ制作実績