サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEOチューニングで行う内容

効率が高まるSEOチューニング

ホームページ制作をした後、Web制作会社などから「更新作業を継続して行えば、自然と検索順位が高まり、お問い合わせ数が増える」と言われた経験はないでしょうか。

この考え方自体は確かにそうなのですが、しかし、ホームページ制作がしっかりと最適化されていないと、更新作業の効果は非常に低くなります。

弊社では、せっかく更新してるにもかからわず、効果が出ないとお悩みの方は多いと思います。

そのため、ホームページ制作の効果を高めるために、SEOチューニングサービスをご提供させていただき、多くの会社さまのSEOを成功へと導いてます。

SEOチューニングとは

SEOチューニングって何?

SEOチューニングとは、お客さまのHTMLやCSS、テンプレファイルのソースコードを確認させていただきます。

そして、SEOにとって大切なポイントに不足がないかや、間違ったコーディングを行っていないかなどをチェックさせていただき、問題を改善サービスです。

SEOチューニングの調査を行ってると、ホームページ制作をやり直す、すなわちコーディングをやり直したほうが早い場合も中にはあります。

が、コーディングのやり直しは予算が非常に高まり、取り敢えずは、コーディングのやり直しは後回しとさせていただきます。

その他の対策を行うというように、項目ごとにお客さまに選択がいただけるサービスです。

そのため、ご予算に合わせた対策が可能で、もちろん1つの対策を行えば効果が飛躍的に高まりません。

しかし、しかし1つでも対策を行えばその分Web運営効果を高め、効果の高いホームページ制作です。

クローラビリティーの改善

クローラビリティー

ホームページ制作時であればすべての会社さまに提供をしてるのですが、弊社のチューニングサービスでは、クローラビリティーを高めるためのリコーディングを行ってます。

現在グーグルサーチコンソールのエラーに「検出 - インデックス未登録」や「クロール済み-インデックス未登録」があります。

公開したからと言って、必ずグーグルがインデックス登録をしてくれるものではないのです。

そしてクローラビリティーを高めたコーディングにおいては、「検出 - インデックス未登録」に非常に効果的です。

基本的には「検出 - インデックス未登録」は、新規作成や、内部リンクがなくXMLサイトマップにだけ記述されたようなURLがリストアップされます。

クローラビリティーの高いコーディングを行うと、実は内部リンクを適切にグーグルが認識してくれ、「検出 - インデックス未登録」の確率が非常に低くなります。

ただし、公開直後はどうしても、「検出 - インデックス未登録」の可能性が非常に高いです。

中長期的に作成してる場合に、クローラビリティーを高めたコーディングは意味を持ち、効果は非常に高いです。

実際に、弊社のホームページ制作実績の会社さまは、0ではありませんが、「検出 - インデックス未登録」は非常に少ないので、効果的だと思います。

文法の改善

文法

最近のホームページ制作ではどのような会社さまも正しい文法でHTMLを制作しています。

御社のソースコードを確認して、文法が間違えてる箇所があれば、違えている箇所を改善していきます。

文法を改善で、それぞれのページの情報をグーグルが正しく認識できるようになります。

さらには、クローラビリティーも高まるので、それぞれのページはもちろんですが、トップも効果を発揮いたします。

この文法の改善は、最近の検索エンジンは文法が間違えていても、高く評価する可能性があります。

が、正しければ正しいほど、高く評価される可能性を高めるのと、クローラビリティーが飛躍的に向上します。

必要なファイルの導入

必要なファイル

重要なファイルが適切に導入されてるかを確認いたします。

必要なファイルとは、XMLサイトマップとrobots.txtの2点で、これらをしっかりと作成して設置で効果の最大化を図ります。

基本的には、XMLサイトマップはすべてのページをグーグルに認識してもらうため、robots.txtはグーグルが認識しなくても良いページを記述で、グーグルの巡回効率を高めれます。

これらのツールは基本的にはしっかりと導入した方が良いツールで、弊社のホームページ制作においても必ず導入をしてますので、もし導入していない場合は必ず導入しなくてはなりません。

また、状況によってはですが、RSSやATOMなども送信するケースがあります。

必要ツールの導入

必要なツール

グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクス、ビングウェブマスターツールを導入いたします。

グーグルサーチコンソールやビングウェブマスターツールは、非常に重要な問題点を提示してくれるツールです。

これらのツールの利用法をお伝えさせていただき、チューニング作業後には、お客さま自身で改善作業が行えるようにいたします。

そしてグーグルアナリティクスは、SEOがある程度成功したタイミングで、訪れたユーザの足跡を確認しながら、チューニング作業を行えば、効果を高めたり、成約率を飛躍的に高めれます。

現在のホームページ制作においては、上記3点のツールの導入は必須なので、しっかりと導入しなくてはなりません。

もしお客さまが本気でホームページ内部の改善を希望されれば、さらには、マイクロソフトのビングが提供する無料のヒートマップClarityを利用します。

ページタイトルの改善

ページタイトル

ページタイトルは、どのホームページを見ても、おかしいと感じるページタイトルはほとんどありません。

そのため、基本的にはチェックはしますが、最近のホームページ制作はワードプレスで制作される機会が非常に多いです。

ワードプレスであれば、おかしなページタイトルのページは存在してこない可能性が高く、ページタイトルは触らない方が多いように思います。

ただ、ページタイトルも重要な要素の1つで、もし問題がある場合は、しっかりと正しいページタイトルへと改定いたします。

メタディスクリプションの改善

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、検索結果に表示されるタイトル下の3行ほどのテキストです。

メタディスクリプションは、効果がないためか、ホームページ制作を行った会社さまでも、結構多くの会社さまで空白のまま放置されています。

まあ、あるいはすべてのページで共通のメタディスクリプションが利用されてます。

メタディスクリプションで問題なのは、すべてのページで共通のモノを利用してるときであり、共通のモノを利用くらいであれば、タグごと削除した方が良いとグーグルは公表してます。

弊社のチューニングでは、メタディスクリプションは、検索結果に表示される内容であるとご説明をしています。

そして、すべてのページで固有で魅力的なメタディスクリプションを作成し、検索結果でのクリック回数を高める対策を行ってます。

更新可能コンテンツの作成と運営法のレクチャー

更新コンテンツと運営レクチャー

最後に、ホームページは常に更新され、スタッフブログや新着情報などのお客さま自身で更新ができるコンテンツを作成いたします。

もちろん、スタッフブログを制作して納品して終わりではなく、弊社ではその後に無料運営サポートを実施し、更新方法を細かくレクチャーしてます。

お客さまとしては、スタッフブログを制作してもらっても、まったく意味がなく、しっかりと更新法をレクチャーされて初めてスタッフブログは意味を成すのです。

そのため、弊社ではスタッフブログなどの更新可能コンテンツを作成したら、しっかりと効果的な更新方法をレクチャーさせていただきます。

そのため、本当にSEOに効果的な更新作業を行っていただけるようにいたしてます。

そして、現在の弊社のホームページ制作サービスでは、基本的にはほぼすべての会社さまでスタッフブログなどの更新コンテンツを作成してるくらい、SEOにおいて重要なコンテンツです。

即効性

即効性はない

上記が弊社が行う主なチューニングです。

チューニング作業は、チューニングが終われば効果が出るというのは非常に稀なケースで、チューニング後にしっかりとWeb運営を継続していただければ、高い効果を発揮いたします。

そのため、チューニングは即効性があるモノではなく、チューニング後にしっかりとホームページの更新を行わなければ、予算の無駄と理解をしてお申し込みをいただければ幸いです。

現在のホームページ制作後に行うSEOは非常に難しく、さまざまな情報が出回ってます。

が、基本的には、ホームページの更新をしっかりと行い続け、最も詳しいホームページであれば必ずSEOで成功ができると思います。

そのため、チューニングが必要なホームページであれば、チューニングを実施し、効率的なWeb運営を実施しましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP