大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOチューニングでSEO効率を高める

効率が高まるSEOチューニング

ホームページを制作した後、Web制作会社やSEO会社から「ホームページの更新作業を継続して行えば、自然と検索順位が高まり、お問い合わせ数が増える」と言われたことはないでしょうか。

この考え方自体は確かにそうなのですが、しかし、制作するホームページがしっかりとSEOに最適化されていないと、その更新作業の効果は非常に低いものになってきます。

弊社では、せっかくホームページを更新しているにもかからわず、SEO効果が出ないとお悩みの方のために、SEOチューニングサービスをご提供させていただき、多くの会社さまのホームページのSEOを成功へと導いております。

SEOチューニングとは

SEOチューニングとは、お客さまのホームページのソースコードを確認させていただき、SEOにとって大切なポイントに不足がないかや、間違ったコーディングを行っていないかなどをチェックさせていただき、問題があれば改善するサービスになっております。

SEOチューニングの調査を行っていると、例えばコーディングをやり直したほうが早い場合も中にはあるのですが、コーディングのやり直しは予算が非常に高くなってしまうため、取り敢えずは、コーディングのやり直しは後回しとさせていただき、その他の対策を行うというように、項目ごとにお客さまに選択がいただけるサービスとなっております。

そのため、ご予算に合わせた対策が可能になっており、もちろん1つの対策を行えばSEO効果が飛躍的に高まるということはありませんが、しかし1つでも対策を行えばその分Web運営の効果を高めることが可能になります。

クローラビリティーの改善

弊社のSEOチューニングサービスでは、クローラビリティーを高めるためのリコーディングを行っております。

現在のSEOにおいては、グーグルサーチコンソールのエラーに「検出-インデックス未登録」や「クロール済み-インデックス未登録」があるように、ページを公開したからと言って、必ずグーグルがインデックス登録をしてくれるものではないのです。

そしてこのクローラビリティーを高めたコーディングにおいては、「検出-インデックス未登録」に非常に効果的なものになっており、基本的には「検出-インデックス未登録」は、新規で作成したページや、内部リンクがなくXMLサイトマップにだけ記述されたようなURLがリストアップされます。

クローラビリティーの高いコーディングを行っていることで、実は内部リンクを適切にグーグルが認識してくれるようになるので、「検出-インデックス未登録」になる確率が非常に低くなります。

ただし、ページの公開直後はどうしても、「検出-インデックス未登録」になる可能性が非常に高いので、中長期的にページを追加している場合に、クローラビリティーを高めたコーディングは意味を持ち、その効果は非常に高くなるのです。

文法の改善

最近のホームページはどのような会社さまも正しい文法でHTMLを制作しておりますが、もし御社のホームページのソースコードを確認して、文法が間違えている箇所があれば、その間違えている箇所を改善していきます。

この文法を改善することで、それぞれのページの情報をグーグルが正しく認識できるようになるので、それぞれのページはもちろんですが、トップページのSEOとしても効果を発揮いたします。

必要なファイルの導入

SEOにおいて重要なファイルが適切に導入されているかを確認いたします。

必要なファイルとは、XMLサイトマップrobots.txtの2点になっており、これらをしっかりと作成して設置することでSEO効果の最大化を図ります。

基本的には、XMLサイトマップはすべてのページをグーグルに認識してもらうため、robots.txtはグーグルが認識しなくても良いページを記述することで、グーグルのホームページ内の巡回効率を高めることが可能になります。

これらのツールは基本的にはしっかりと導入した方が良いツールになるので、もし導入していない場合は必ず導入しなくてはなりません。

必要ツールの導入

グーグルサーチコンソールグーグルアナリティクスビングウェブマスターツールを導入いたします。

グーグルサーチコンソールやビングウェブマスターツールは、SEOにおいて非常に重要な問題点を提示してくれるツールになるので、これらのツールの利用法をお伝えさせていただき、SEOチューニング作業後には、お客さま自身で改善作業が行えるようにいたします。

そしてグーグルアナリティクスは、SEOとは関係がないのですが、SEOがある程度成功したタイミングで、ホームページに訪れたユーザの足跡を確認しながら、チューニング作業を行うことで、SEO効果を高めたり、SEOの成約率を飛躍的に高めることが可能になります。

ページタイトルの改善

ページタイトルは、どのホームページを見ても、おかしいと感じるページタイトルのホームページはほとんどありません。

そのため、基本的にはチェックはしますが、ページタイトルは触らないことが多いように思います。

ただ、ページタイトルもSEOにおいては重要な要素の一つになるので、もし問題がある場合は、しっかりと正しいページタイトルへと改定いたします。

メタディスクリプションの改善

メタディスクリプションとは、検索結果に表示されるタイトル下の3行ほどのテキストになっております。

このメタディスクリプションは、SEO効果がないためか、結構多くの会社さまで空白のまま放置されていたり、あるいはすべてのページで共通のメタディスクリプションが利用されております。

このメタディスクリプションで問題になるのは、すべてのページで共通のモノを利用しているときであり、この共通のモノを利用するくらいであれば、タグごと削除した方が良いとグーグルは公表しております。

弊社のSEOチューニングでは、このメタディスクリプションは、検索結果に表示される内容になるため、すべてのページで固有で魅力的なメタディスクリプションを作成しており、検索結果でのクリック回数を高める対策を行っております。

更新可能コンテンツの作成と運営法のレクチャー

最後に、ホームページは常に更新されるものになっているので、スタッフブログや新着情報などのお客さま自身で更新ができるコンテンツを作成いたします。

もちろん、スタッフブログを制作して納品して終わりではなく、弊社ではその後に無料運営サポートを実施し、更新方法を細かくレクチャーしております。

お客さまとしては、スタッフブログを制作してもらっても、まったく意味がないものになっており、しっかりと更新法をレクチャーされて初めてそのスタッフブログは意味を成すのです。

そのため、弊社ではスタッフブログなどの更新可能コンテンツを作成したら、しっかりとSEOに効果的な更新方法をレクチャーさせていただき、本当にSEOに効果的な更新作業を行っていただけるようにいたしております。

SEOチューニングに即効性はない

上記が弊社が行う主なSEOチューニングになっております。

このSEOチューニング作業は、チューニングが終わればSEOに効果が出るというのは非常に稀なケースになっており、チューニング後にしっかりとWeb運営を継続していただくことで、高い効果を発揮いたします。

そのため、SEOチューニングは即効性があるモノではなく、チューニング後にしっかりとホームページの更新を行わなければ、予算の無駄になると理解をしてお申し込みをいただければ幸いです。

現在のSEOは非常に難しいものになっており、さまざまな情報が出回っておりますが、基本的には、ホームページの更新をしっかりと行い続け、最も詳しいホームページであれば必ずSEOで成功することができると思いますので、SEOチューニングが必要なホームページであれば、SEOチューニングを実施し、効率的なWeb運営を実施するようにしましょう。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績