大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

SEOで上位表示するための文章作成術

ホームページを制作・運営していると、「このページがこのキーワードで上がればいいのになぁ」と漠然と思いながら記事作成をしていると思います。

弊社では別サイトをいくつか制作・運営しており、ある対策を行うことで、記事ページの上位表示を行えるようになったのです。

もちろん外部のホームページ制作においては、そこまで検索順位を追いかけるということをしていないので、あまりメリットがないのですが、今後弊社のホームページにあるスタッフブログなどについてもこれらの施策を行うことで、検索順位を向上させようと考えております。

そこで今回は、どのようなことをすれば上位表示ができるのかについてをご紹介いたします。

当ブログでは行っていない

これは非常に問題があるのですが、この施策は少しだけ時間がかかるので、現状では当ブログでは行っておりません。

当ブログはあくまでも、もちろんニッチユーザの集客を狙うために制作・運営しておりますが、メインの目的は記事数を増やしてトップページで狙ったキーワードで上位表示することになっているので、あまり1記事作成に時間を取りたくないと考えています。

しかしある程度トップページで狙ったキーワードが上位表示できて来たら、今回ご紹介するやり方を当ホームページにも生かすことで、本当にSEOに強いスタッフブログへと改良する予定をしております。

そして現在行っていない理由にはもう一つあり、それはある程度記事ができたときにこの対策を行えば、どれくらいの訪問者数やお問い合わせ数が増えるのかを数値データとして把握することで、今後のお客さまへの提案をより質の高いものにするためです。

提案の際には、やったほうが良いことは当然ですが、しかしその効果がどれくらい見込めるのかと言うのがポイントになっており、それらを数値データとして提案ができるのは非常に大きなメリットになるのです。

これらの事情から現在弊社ではこの対策を行っておらず、検索順位が上がった段階で、リライト作業を行う予定をしておりますので、その段階で行い、訪問者数やお問い合わせ数を向上させ、それらを数値データとしてお客さまに提案する予定をしております。

ページ作成する際には上位表示キーワードを定める

まず、この対策を行う際に最低限その作成するページでどのようなキーワードで上位表示するかを定めることが大切です。

例えば当ページであれば、タイトルを「SEOで上位表示するための文章作成術」になりますが、上位表示キーワードは「SEO 上位表示 文章作成」などになり、「上位表示」は抜いてもOKかなと思っております。

もちろん、このキーワードで検索するユーザは、ドンピシャで今回ご紹介する文章作成術について探しているとは言い切れませんが、文章作成術の1つの施策になるので、検索意図は満たしていると思われます。

そしてこの上位表示キーワードを定めることは、現在のSEOにおいては非常に重要な要素になっており、上位表示するキーワードがかぶらないということは、類似コンテンツがないということを意味するので、SEOに非常に効果的になるのです。

そのため、まずはそれぞれのページの上位表示キーワードを明確にして、ホームページを制作することで、御社の期待以上の成果を得ることが可能になります。

上位表示キーワードをページ上部に配置

そして具体的な文章作成術についてですが、まずページの上部にしっかりとその文言を利用するようにしましょう。

当ページであれば、「SEO」と「上位表示」、「文章作成」になり、少し多いかなと言うくらい利用することが大切になってきます。

基本的にはグーグルはホームページを見るときに、ページの上部から見るのですが、その際にページ上部にはそのページの概要が記載されているあるいは結論が記載されていると考えており、ページの上部に利用されているキーワードを高く評価するのです。

そのため、もし狙うキーワードを定めてページを作成しているにもかかわらず、上位表示ができないときは、ページの上部にしっかりと文言が入っているかを見ると良いでしょう。

その際に1度や2度ではなく、複数回入っていることが大切になるので、これらをしっかりと理解したうえで、ページ上部の文章をリライトするだけでもSEO効果を高めることが可能になります。

ページ全体に利用

そして次に、上位表示したいキーワードをページの全体で利用するようにしましょう。

例えば当ページであれば、「SEO」と「上位表示」、「文章作成」になっており、これらを上部だけではなく、全体でしっかりと利用しているかをチェックすることで、そのホームページの検索順位は高まります。

基本的には現在のSEOにはここまで見る方も少ないと思いますが、各ページのキーワード頻出度が大切になっており、例えば当ページであれば、「SEO 上位表示 文章作成」のそれぞれが何パーセント利用されているのか、また当ページの頻出度において、1位と2位と3位になっているのかを調べることで、そのホームページはSEOで本当に強いホームページになります。

このようにページ全体に利用することにより、キーワード頻出度も高まるので、よりSEOに強い原稿作成にすることが可能になります。

ただし、ここまで突き詰めたSEOは、本当に時間がかかるので、最初に公開する際には、特に意識をせずに作成をしていき、そしてある程度成果が出てよりSEOに力を入れたいと思ったときにリライトを行うと思いますので、その際にこれらの原稿作成テクニックを利用することで、本当にSEOで成果の出るリライト作業になるのです。

ただし全体でのページ数と被リンクは欲しい

このやり方は弊社の外部サイトでも実際に上位表示ができているので、おそらく間違いなく効果的な原稿作成法になりますが、しかし当ホームページの記事作成の大体2倍くらいの時間がかかっております。

基本的にこのやり方で成功するには、1ページだけを作成しても成果が出るものではないので、ざっくりとですが、50ページくらいを作成して初めて成果を出せるようになります。

そのため、1記事を作成するだけでも相当な時間がかかるので、可能であればここまで考えずに成果を出していき、そして成果を出せたら更なる成果向上対策として行うことが良いでしょう。

ページ作成と被リンク用の外部サイトでこれらを行うのは、成果を出してからでよく、それよりも記事数を増やすことが現在のホームページのSEOにおいては非常に大切になるのです。

現在のSEOはとにかく質だと言われておりますが、質と量のバランスになり、量がなければ上げるのは本当に難しいものになるので、しっかりとこれらを理解して対策することが重要です。

SEOの原稿作成テクニックは知っておこう

今回ご紹介した原稿作成のテクニックは、いきなり利用することはありませんが、しかしその考え方を理解していき、ある程度SEOで効果が出たら少しずつホームページの改定をこの原稿作成テクニックを利用して行うことが大切です。

新規ページ作成を行い続けることや被リンク対策を行い続けることは、更新ネタ的にも厳しいものになるので、ある程度ネタ切れを起こしたら、これらの対策を行うことで、よりSEOに強いホームページ制作になります。

今回ご紹介した対策は実際に弊社の外部サイトで行ってみて、被リンクが一切ないのにも関わらずそこそこのビッグワードで、9位に表示したりしているので、本当に成果の出る原稿作成テクニックになっております。

そのため、これらのテクニックをしっかりと頭に入れて置き、そしてタイミングが来ればこのテクニックを利用することで、本当に効果的なホームページのSEOとすることができるのです。

TOP

ホームページ制作実績