HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEO用語集 - ホームページ制作担当者も知っておきたい用語

ホームページ制作担当が知っておきたいSEO用語集

当社のホームページ制作では、検索エンジンからの流入提案は外せないものになっています。

そのため、ホームページ制作の担当者であったとしても、最低限のSEO用語を知っておく必要があります。

そこで今回は、ホームページ制作担当者でも知っておきたいSEO用語集をご紹介します。

SEO用語集

SEO用語

SEO用語集は以下になり、当社が利用する機会が多いものをご紹介します。

SEO

SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字を取った略語になっています。

日本語で言う、検索エンジン最適化を言い、検索エンジンを利用するユーザーに対して、ホームページを最適化することで、上位表示を実現する対策です。

昨今においては、基本的には、1ページがユーザーのためになっているだけではいけません。

それは検索キーワード数が多様化してしまい、さまざまなページで上位表示を狙う必要が出てきています。

そのため、基本的な対策としては、ホームページ制作時から、すべてのページでユーザーを考えたページ作りが重要です。

また、すでに公開して記事数が結構ある場合は、リライトに力を入れる必要があります。

現在のグーグルは、どの対策をすれば良いかが非常に読みづらく、結論的には上がるまでリライトを繰り返すのが正攻法になっています。

短期計画ではなく、中長期計画でスケジュールを立てて取り組む施策になっています。

オーガニック検索

オーガニック検索とは、自然検索とも言い、検索エンジンの検索結果から広告やグーグルビジネスプロフィール枠を引いた純粋な検索順位になります。

一般的にオーガニック検索での順位を上げる対策がSEO対策になっています。

検索クエリ

検索クエリとは、ユーザーの検索キーワードを言います。

検索クエリには【ホームページ制作】などの単体もあれば【ホームページ制作 大阪】と言うように2語以上のフレーズもあります。

ビッグキーワード

ビッグワードとは、ライバルサイトも力を入れているキーワードを言います。

SEO対策は、基本的にはライバルとの競争になっているので、ビッグワードであればあるほど、ライバルも力を入れていて、上位表示が非常に難しいです。

当社のこれまでのホームページ制作経験では、ビッグワードはトップページで上位表示を狙うのが一般的です。

そして上位表示を実現するには、良質なページ数を増やすのが正攻法になっています。

スモールキーワード

スモールワードとは、ライバルが少ない、あるいは力を入れていないキーワードを言います。

すなわち難易度が低いキーワードになっていて、このスモールキーワードは、下層ページで上位表示を狙います。

この下層ページの上位表示はしっかりとタイトルについて詳しいページを作っていけば問題なくできると思います。

そしてこのスモールワードでの上位表示率が高まれば高まるほど、トップページの検索順位も高まる可能性があります。

アルゴリズム

アルゴリズムとは、検索順位を決定するルールです。

当社のホームページ制作実績の企業さまに提案するのが、アルゴリズムで最も大切なのが関連性であると話をしています。

グーグルは、検索結果ページを最適なものにする方法として、もっとも詳しく魅力的なページを上位表示させています。

魅力的となると、ウェブデザインや画像の利用なども影響を与えてくるので、一気にハードルは高くなります。

しかし、詳しさであれば、テキスト、すなわち原稿だけでも十分に対応が可能です。

もちろん他にも、被リンクや内部リンクなどさまざまな要素がありますが、基本的にはアルゴリズムで大切なのは関連性であると理解をしましょう。

実際にホームページ制作実績の企業さまの中で、まったく被リンクも内部リンクも対策せず、新規ページ作成とリライトで関連性を高め、上位表示を実現した企業も多くあります。

インデックス

インデックスとは、検索エンジンのデーターベースに御社のページ情報が格納されることを言います。

データーベースに格納されないと、検索結果ページに表示されません。

現在のグーグルで言えば、検出やクロール済み - インデックス未登録と言われるステータスがあります。

これらは質あるいはホームページ制作法に致命的なミスがあるときにリストアップされるものになっていて、適切な対応が求められています。

クローラー

クローラーとは、検索エンジンのホームページの巡回プログラムを言います。

クローラーが訪問して、自社のデーターベースにホームページの情報を格納してくれて初めて検索結果に表示されます。

ちなみにクローラーの役割は格納までです。

格納後は、アルゴリズムによって検索順位が決定します。

ブラックハットSEO

ブラックハットSEOとは、検索順位を上げる為だけに行われている施策になります。

例えば、無料ブログを開設して、そこから大量に被リンクを行ったり、他のページからコピーして持ってきた原稿をそのまま利用などの手法です。

このブラックハットSEOは、確かに一時的には検索順位が上がるケースがあります。

しかし、これまでのホームページ制作経験では、上がるのは2,3ヶ月だけで、4ヶ月目は一気に検索順位を落とし、100位以下になるケースが多いです。

ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEOとは、正しい検索エンジン対策を行うことを言います。

当社ではホームページ制作後には、このホワイトハットSEOをお客さまにレクチャーしております。

その対策法は、基本的には新規ページ作成とリライトが中心で、すべてのページをユーザーのために作成する対策が一般的です。

ここで一点注意点があり、ホワイトハットだと思っていて良かれと思った対策が実はブラックハットだったというケースもあります。

そうならないためにも、何かしら新しい対策を行う際には、Webサイト制作会社やSEO業者に相談をするのが無難でしょう。

グーグルサーチコンソール

グーグルサーチコンソールとは、すべての業種のウェブマスターに向けてグーグルが提供している無料ツールです。

SEOを行う行わないに限らず、社名で上位表示を狙うであったとしても、必ず導入しておきたいツールになっています。

社名検索くらいであれば、ホームページ制作後に、XMLサイトマップとトップページのURL検査を1回行うくらいで良いでしょう。

ただし、本気で検索エンジンからの集客を狙うのであれば、カバレッジなどのステータスもしっかりと確認しなくてはなりません。

外部リンク

外部リンクとは、他のホームページへのリンクです。

この外部リンクは闇雲に行っては絶対にならず、可能な限り国が運営するなど、信頼性が高いホームページへと行うことが大切です。

価値の高いホームページへの外部リンクは、御社の投稿内容の信憑性を高める対策に繋がっています。

逆に、ウィルス感染しているホームページへの外部リンクなどは、マイナス評価になると言われているので注意が必要です。

被リンク

自社サイトにリンクされることを被リンクと言います。

最近の被リンクは非常に難しく、当社のホームページ制作でも、自演の被リンク対策は提案しなくなりました。

基本的には、ページの質を高めて、そしてナチュラルな被リンクを集める対策が中心になっています。

最近の被リンクは、疑わしいものは、すべて無効化されていると言っても過言ではないので、基本的にはナチュラルリンクを集めるようにしましょう。

ページランク

現在のグーグルはページランクを提供していません。

しかし、昔はグーグルツールバーでページランクを確認ができていて、ページランクが高いホームページほど上位表示ができる可能性が高まります。

現在のホームページ制作では、あまり言われませんが、しかしクライアントさまが真剣にSEOに取り組んでいる場合はページランクについての解説と対策提案をしています。

ペナルティー

ペナルティーには自動と手動の2種類があります。

手動は、グーグルサーチコンソールで問題点を提示してくれるため、比較的簡単に改善が可能です。

もっともややこしいのが自動になっていて、この自動ペナルティーを食らったとしても、グーグルからの告知は一切ありません。

そのため、当社はホームページ制作後に、絶対にブラックハットになる可能性の高い対策は辞めていただき、できる限りペナルティーを受けないホームページを推奨しています。

IP分散サーバー

IP分散サーバーからの被リンクはSEO効果があると言われるケースがあります。

当社も参考しているSEOプレーヤーは、IP分散サーバーを推奨しています。

ただ、一般論として、グーグル自体がIP分散サーバーは意味がないと公表しているため、当社ではほとんど利用するケースはありません。

アンカーテキスト

アンカーテキストとは、リンク文言になっています。

このアンカーテキストにリンク先ページで重要なキーワードを含めることで、そのページのSEO評価が高まります。

ただし、アンカーテキストの文言は分散している方が効果を出すと言われていて、自分でリンクを行う際には、同じ文言にならないようにしなくてはなりません。

内部リンク

内部リンクとは、ホームページ内から内へのリンクのことを言います。

昨今のSEOでは、内部リンクが非常に大切であると言われていて、本当に関連するページへと適切に行うことで、検索順位が大きく高まります。

nofollow

リンクを掲載する際に、nofollowを付与することで、リンク先ページへのSEO価値の譲渡を行わなくてよくなります。

当社が参考にしているSEO業者のブログによると、現在は外部リンクは意味がなく内部リンクのnofollowのみが動作しているようです。

dofollow

dofollowとは、nofollowの逆で、リンク評価を譲渡する設定を言います。

あまり、dofollowという表現は利用するケースはないかもしれません。

サテライトサイト

サテライトサイトとは、自社サイトの外に制作されたホームぺージになります。

昔はサテライトサイトと言うと、被リンク目的を想像していましたが、最近のサテライトサイトでは、成果を出す手法の1つとして制作されているケースが多いです。

そのため、昔とは少し違ったイメージになり、純粋に御社の2サイト目のイメージになっています。

密なお打ち合わせを行うために

密なお打ち合わせ

ホームページ制作担当者も知っておきたいSEO用語集をご紹介しました。

実際に当社のヒアリングやプレゼンではできる限り専門用語は使わないようにしています。

しかし、話に熱中するあまりぽろっと言ってしまうケースも0ではありません。

時間があるときでも良いので、上記をご覧いただき、ある程度は理解していくようにしましょう。

ホームページ制作ではSEOは外せないものになっております。

ホームページ制作時から、SEOを考えることが当たり前になっておりますので、より密なお打ち合わせを行うためにもご一読お願いします。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP