大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOを意識したワードプレスの運営法

SEOに強いワードプレス制作・運営

SEOを行ったホームページ制作を行う際には、基本的にはワードプレスで制作されることが一般的です。

このワードプレス制作においては、実はワードプレスでホームページを制作すること自体はSEOに強いわけではなく、ホームページ運営をしっかりと行うことによって本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

そこで今回は、ワードプレスで制作されたホームページで、SEOに強いホームページとするための運営法をご紹介いたします。

ワードプレス制作はSEOに強いわけではない

ワードプレス制作だけではSEOに強くない

まず大前提として、ワードプレスでホームページを制作すること自体がSEOに強いということはありません。

基本的には、ワードプレスで制作したホームページにおいては、制作するだけでSEOに効果を出せるものではなく、しっかりと更新することでその効果を出せるようになっているのです。

基本的にはワードプレス制作においてはSEO手法をふんだんに行うことができるのでSEO効果を高めることができるのですが、しかしこのSEO手法をしっかりと行ったホームページを制作するだけでは、現在のSEOは上位表示ができなくなっております。

そのため、ワードプレス制作段階からSEOのルールに則りしっかりとSEOに効果的なホームページ制作を行うこと、そしてそこから成果を出すためにしっかりと運営していくことで、御社のホームページ制作はSEO効果を出せるようになるのです。

ホームページ制作段階でSEOに強いホームページ制作を行うのはホーム絵p-次制作会社の仕事になるので、実際にお客さまが行うのはホームページ運営段階になります。

このホームページ運営段階でSEO対策に強いホームページ運営法をご紹介いたします。

コンテンツごとに適切な文字数

コンテンツごとの文字数の違い

まず初めにコンテンツごとに適切な文字数でホームページ制作を行うことが重要になります。

例えば一般的に制作されるノウハウ系を公開するスタッフブログなどのコンテンツにおいては、ノウハウ系の記事になるため、ある程度の文字数が必要になってきます。

どういうことかというとユーザはノウハウを学びにそのコンテンツに訪問してくれるので、そのユーザの期待に応えることができるだけの文章量でユーザをおもてなしすることが重要になります。

逆に写真を見てもらうコンテンツにおいては、文字数は最低限でよいですが、代わりにしっかりと写真を公開していくことが重要になってきます。

そして制作するコンテンツが、テキストを見せたいか、写真を見せたいかを考えることで、適切な文字数が大体分かるようになり、本当に成果の出るホームページ制作を行えるのです。

この文字数については基本的にはコンテンツ箇所だけを判定すること、そして文字数が多いコンテンツは2,000文字から4,000文字、文字数が少ないコンテンツは500文字から1,000文字程度で記事を作成していくことで、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

画像は枚数と見やすさ

画像は枚数と見やすさ

そして次に画像については、基本的にはすべてのページで利用するようにしましょう。

例えば、画像を見せるページでは、1枚ではなくてできる限り多くの画像を配置させ、ユーザが満足できるだけの画像を用意するようにしましょう。

そしてノウハウ系のスタッフブログなどのコンテンツにおいては、もちろんテキストが中心でいいのですが、しかし最低限数枚は画像を利用するようにしましょう。

そして、最低限の枚数というのは、基本的には記事を書いてテキストだけではなく、画像も利用した方が良い箇所については画像を利用すること、さらには画像があったほうが読みやすくなる箇所に画像を配置させることで、そのスタッフブログは本当に読みやすいホームページとなり、当然SEOでも成果を出せるようになるのです。

表や箇条書き、強調を利用

表や箇条書き、強調

そしてさらには表や箇条書き、強調を利用するようにしましょう。

これらの利用方法は、基本的には表があったほうが分かりやすくなる箇所は表を、箇条書きを利用した方が読みやすくなる箇所は箇条書きをというように、ユーザ目線に立って記事作成を行うことが重要です。

このユーザの読みやすさが実はどのようにグーグルが判断しているかは分かりませんが、読みやすいホームページは上位表示がしやすいものになっているのです。

そのため、弊社はSEOとユーザ目線は違うと考えてはいるのですが、これらの表や箇条書きについては、ユーザ目線で作成することがSEOに効果的なことも多いので、しっかりとユーザ目線で設置していくことが重要になるのです。

ホームページの更新頻度

更新頻度

そして次にホームページの更新頻度はどうかというと、基本的には定期的に新規ページの作成やリライト作業は必要になってきます。

このページ作成やリライトをしっかりと行うことで、グーグルは定期的にユーザのためのコンテンツが追加されている良いホームページであると考えるようになり、よりSEOに強いホームページ制作となるのです。

この更新頻度においては、実はまったくホームページの運営をしていないと、1ヶ月とは言えませんが、しかし半年くらい一切更新していないと一気にホームページのSEO効果は落ちていきます。

そのため、理想を言えば1日1記事となるのですが、1日1記事が厳しい場合は少なくても1週間に1記事は作成していくようにしましょう。

そしてこの更新頻度については、弊社の提案では、検索順位を上げたいときは1日1記事を、キープしたいときは1週間に1記事を追加していくことで、本当にSEOで成果の出るホームページとなるのです。

SEOはユーザのためにワードプレス運営を

SEOはユーザのためのワードプレス運営

そしてこのSEO対策においては、基本的にはユーザのための対策を行うことが重要です。

もちろんSEOテクニックなども多くあるのですが、しかし、このSEOテクニックは基本的にはホームページ制作会社が行うことになるので、御社で行うことは、ユーザにとって適切な文字数や画像の使い方を考え実行すること、そしてユーザのために更新を行い続けることで、SEOで本当に成功するのです。

SEO対策においては、このユーザのための行動が必要になっており、これをSEOに最適化されたワードプレス制作を行うことで、効率良くSEO効果を出すことができるのです。

そしてSEOのためにワードプレスを使ったホームページの更新作業を行うことは良いですが、しかし効果を追い求めすぎることは、非常にストレスになるので、実はそこまでSEO対策の効果を考えずにとにかくユーザのためにホームページ更新を行うことが重要なのです。

実際に弊社はSEOに強いワードプレス制作サービスを提供しており、上記の内容をしっかりとお客さまに提案しております。

そしてお客さまの努力次第でその効果が異なっており、本当に努力をしている会社さまは、狙っている10キーワードすべてで1ページを獲得しております。

SEO対策はこのように努力量が重要で、一気にやり続けることが良いわけではなく、非常に高い成果を出している会社さまでは、1日に3記事を半年続けられて、現在は1日1記事の更新をされております。

このようにSEO対策は、努力量が裏切らないものになっておりますので、当記事をご覧の方も、ワードプレスでホームページを制作される方は、ユーザのための更新作業を行うことで、自然とSEO効果を高めることが可能になるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績