サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

原稿作成で完璧主義は不要!ユーザーのためなら成果が出る

原稿作成で完璧主義は非効率

SEOのために新規ページ作成やリライトを行っている方は、完璧を求めていませんか?

もちろん、完璧である方が確かに、SEO効果を得れますし、さらには成約率が高まる可能性もありますが、実はそれほど重要ではないと思います。

ホームページを制作した企業さまに提案している内容で、完璧主義である必要がないとい内容をご紹介します。

原稿作成は完璧でなくてもよい

ホームページ制作が終わりサイト運営が始まると、日々原稿作成を行わなくてはなりません。

この原稿作成では、他の優れたホームページのように完璧に優れた文章や画像を利用したいと考えられるケースがあります。

しかし、完璧である必要は一切ありません。

と言うのが、実はグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンからの集客では、文章の質を理解していません。

さらにユーザーも、確かに優れた文章である方が効果を発揮すると思います。

ただ、実際にこれまでの経験で言えば、初めてのブログ運営の方が書いたスタッフブログの原稿でも、成果を出せるようになっています。

もちろん、そちらの会社さまが公開している内容が悪いのではなく、完成度としてはそこまで高くないと言う話です。

そして、本当に優れた文章は、ウェブライターや最近であればSEOライターと呼ばれる職種の方でなければなかなか書けません。

弊社のこれまでの事例で言えば、営業マンや経理、職人の方が兼任でウェブマスターになってきます。

もちろん丁寧には作成してもらえますが、しかしライターと比べると質は落ちると言わざるを得ないのです。

もちろん、これらの営業マンや経理、職人の方が兼任でウェブマスターをしている会社さまも成果を出しています。

このように、完璧を追い求める必要はなく、現在書ける最高の質のページを作成するだけで良いのです。

SEOは完璧であると効率が悪い

完璧な原稿を作成すると実はSEO効率が下がってしまいます。

調査に時間がかかる

もっとも多いのが、質を高めるために、多くの時間を使って調査をしてから原稿を作成するケースです。

残念ながら、この作業は無駄に終わるケースが本当に多いです。

例えば、1記事作成するのに調査に2時間をかけて、その後2時間をかけて原稿を作成するのであれば、4時間で2記事を作成したほうが効果を発揮します。

もちろん、サイト運営者さまが複数人いるような会社であれば、調査を行ったほうが良いでしょう。

ただ、弊社のクライアントさまの多くが、先述もしていますが、営業マンや経理、職人の方が兼任でウェブマスターをしています。

そのため、調査を行ったとしても、調査自体の精度に問題があったり、時間がかかりすぎると言うデメリットがあるのです。

実際にこれまでの経験で言えば、この調査を行った記事と調査を行っていない記事の差は本当にごくわずかです。

そのため、弊社では4時間あれば、2記事作成の方が効果があると考えています。

URLの削除や301リダイレクトをしてしまう

完璧主義の方だと、自分が書いた記事を見直して、このページはいらないなと削除をしたり、リライトをしてしまうケースもあります。

アドレスの削除については、グーグル自体も問題がないと公表していますが、過剰に多いとSEOにマイナス効果を生み出します。

さらに301のリダイレクトの扱いは本当に難しく、基本的には同じ原稿のページに対して行うものになっています。

もしまったく違う原稿のページへと301リダイレクト行うと、0の評価あるいは数が多いとマイナス評価を受けるケースもあるのです。

そのため、一度公開したページは基本的には触らない方が良く、もし触るにしても、リライトをすることが大切です。

検索エンジンのグーグル自体も削除や301リダイレクトは、リライトができない場合のみに行うことを公表しています。

いつの間にか類似コンテンツになる

SEO効果を高めるために、例えば、スタッフブログを更新するときに、タイトルの多くに「Webサイト制作会社のノウハウ」などの文言を付けてしまいます。

これはSEO効果を狙っているのもありますが、そのページ自体がノウハウを公開していることも含めたタイトルにしてしまいます。

さらには本文の言い回しなども、丁寧に作成すると、原稿量は多くなりますが、似たような箇所が多発してしまいます。

そして知らず知らずに類似コンテンツ扱いをされていて、ページを作成するほどSEO効果が落ちるのです。

基本的には、その文章を読むのを素人あるいは中・高・大生をイメージして書くのは基本だとは思います。

ただ、言い回しなどをすべて丁寧に統一する必要はないので、意識だけに留めるようにしなくてはなりません。

成約数は実は変わらない

完璧主義の方が書いた文章と、ライターが書いた文章、初めてのブログ運営の方が書いた文章では実はそれほど成約率は変わりません。

もちろん、ライターが書いた文章の方が優れていますし、完璧主義の方か他の方が丁寧ではあります。

しかし、実際にホームページ制作実績を見ると、その成約率はほとんど変わらない結果になっているのです。

もちろん、おすすめはライターが書いた文章であるのは間違いありません。

ただ、訪問者は別に国語の先生でも評論家でもありません。

初めてのブログ更新の方が書いた文章でも、読みやすさを意識していればしっかりと文章を読んでくれます。

現在できる最高の質で原稿を作成

このように集客であれ成約であれ、実はそれほど高い質は求められていません。

しかし、SEOについて調べると、質の高さが重要だと曖昧な情報が出回っている現状があります。

この質は、今現在で最高の質であればSEO評価を得れますし、成約数も獲得が可能です。

もちろんですが、闇雲に作成された記事は、絶対にいけません。

例えば書いている内容が支離滅裂だったり、読んでみたときによく意味が分からない内容であれば、先ずお問い合わせなどの成果を得れません。

そして、検索エンジンがどのように判断しているか分かりませんが、SEO効果としても一時的に上がったとしても、必ずいつか一気に検索順位を落とす結果になります。

そのため更新段階で、自分ができる最高の質のページであれば、実は問題がないのです。

現在ブログ記事を書いている方は、ぜひ完璧にこなす必要がないと理解をして、自分ができる最高の質でサイト運営をして見ることをおすすめします。

ホームページ制作事例から効果

実際に完璧主義ではないけれども、SEOと成約で成功したホームページ制作実績の会社さまをご紹介します。

SEO効果が異常に高い

現在は、ホームページの成果が非常に高く、その利益からプロのライターを雇用されています。

当社のホームページ制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスはライターを雇用するまでは、実はユーザーのことだけを考えてサイト運営をしていました。

そのため、現在公開しているページの質と過去に公開している質が少し異なっています。

こちらの会社さまは、ホームページオープン当初は、社長さまがサイト運営をされていました。

そして、出張が非常に多く、多い月では、4週間のうち3週間はホテル住まいになっていました。

ただ、ホームページから成果を出したいと考えて、1日1ページの作成だけを心がけていました。

その結果、3ヶ月程度でSEOで成功したのですが、そこからは1日1ページは変わりないですが、リライトもスケジュールに加えた対策を行っています。

そしてその効果が大きく向上し現在はライターを雇うまでに成長しているのです。

こちらのホームページは2サイト目になるのですが、1サイト目のころはユーザーのための原稿が書けないとかなり苦しまれていました。

初めてのブログ運営

ホームページ制作実績のプラシアさまは、インターネットは稀に使っていましたし、パソコンも利用されていました。

しかしホームページを公開するまでは、ブログ運営の経験がありませんでしたし、もちろんSEO知識も0の状態でスタートしています。

ホームページを制作後に、1点だけ注意点をお伝えし、それはユーザーにとって意味のある内容を書いて欲しいという点です。

現在サイト運営を行っているコンテンツは、1ページあたり、500文字程度になっています。

しかし、実は画像枚数はかなり多く、大体10枚以上は掲載しています。

原稿だけがユーザーのためではないと言う事例で、現在では本当に多くのキーワードで上位表示を実現しています。

パソコン自体を触った経験があまりない

最後に、ホームページ制作実績のコーワスタイルさまは、ホームページをオープンするまでほとんどパソコン自体を触った経験がありませんでした。

しかしこちらでもユーザーのためになる現在できる最高の質のページを作り続けて欲しいと提案をしています。

具体的には、1ページの原稿ボリュームは1,000文字程度ですし、画像枚数は1,2枚です。

しかし、すべてのページでしっかりとユーザー目線で原稿を作成しているので、公開から半年で重要キーワードすべてで上位表示を実現しました。

このようにユーザーのためであれば、ページ数は影響しますが、個々のページのボリュームは関係が無く、さらには質が高い原稿である必要もありません。

完璧ではなく、今自社が書ける最高の質であれば問題がないのです。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP