大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

サイトマップを使った被リンクSEO

サイトマップへの被リンクでSEO効果を向上

Web制作会社が、ホームぺージにどのようなページを作成するかを提案する際に、サイトマップと呼ばれるページが入っていることが多いと思います。

このサイトマップは、主要なページへの内部リンクが掲載されているページになっているのですが、お客さまとの予算調整で結構削られることが多いページであるように思います。

しかし、実はこのサイトマップはSEOにおいて効果的なページになっており、サイトマップがあるだけでも主要なページへの内部リンクが行えることと、さらにはサイトマップに被リンク対策を行うことで、より高いSEO効果を得ることが可能になるのです。

サイトマップとは

サイトマップとは、主要なページへの内部リンクが掲載されているページになっております。

具体的にこちらが弊社のサイトマップになっております。

このように一般的には主要なページへの内部リンクを掲載されたページになっており、このサイトマップを作成することで、もし御社のホームページの訪問者が自分が探しているページはどこだろうと思ったときに、サイトマップを見ることで、探しているページへと移動することが可能になっております。

ただし、弊社のWeb制作実績で言えば、インターネットユーザがホームページを閲覧することに慣れてきたため、このサイトマップは年々アクセス数を落としており、実際に弊社のホームページのサイトマップのアクセス数を見るために、グーグルアナリティクスを見てみると、大体ですが1ヶ月に1人の訪問者が訪れるかどうかという数値になっております。

主要なページへの内部リンク効果

基本的には、サイトマップは、訪問者がホームページ内で迷子になったときに、適切なページへと誘導するためのページになっているのですが、実はこの訪問者の誘導以外にもSEOの内部リンク対策としても効果を発揮するのです。

現在のSEOにおいては、内部リンクの重要性が非常に高まっており、この内部リンクを適切に配置することで、御社のSEO効果は飛躍的に高まるのですが、このサイトマップは内部リンク数を増やすのに非常に効果的なものになっております。

もちろん、あくまで1ページからの内部リンクになるので、期待通りの成果を得るのは非常に難しいものになるのですが、しかし主要なそれぞれのページに内部リンクを行えることはSEOとしては非常にありがたいものになっております。

そしてこのサイトマップからの内部リンクで最大の効果を得るためには、実はこのサイトマップへの被リンク数を増やすことで、その効果を最大化することが可能になっており、この被リンク数を増やして価値の高いサイトマップから内部リンクを行うことで、主要なページのSEO効果は本当に高いものになってきます。

サイトマップへの被リンクの注意点

サイトマップを使った主要なページのSEO効果を高める方法として、サイトマップへの被リンク数を増やす対策があるのですが、この対策には一点だけ注意点があり、現在のグーグルは被リンク元のテーマと被リンク先のテーマを見ているという点になります。

そのため、無料ブログを作成して、無料ブログからサイトマップへの被リンクを闇雲に行っても、現在のSEOではほとんど効果を出すことができず、無料ブログを利用する際には、まずサイトマップへの被リンクを考えずに記事を作成して、その記事にサイトマップという言葉が自然に出てきたときに被リンクを行うことが効果を発揮します。

もちろんテーマが大切だからと言って、わざわざサイトマップに関する記事を書く必要はなく、あくまで自然な利用法であれば、被リンク効果を得ることができ、サイトマップのSEO評価を高めることが可能になるのです。

そのため、サイトマップへの被リンクを行う際には、あまり意識してサイトマップという言葉を使うのではなく、あくまで自然に出てきたときにリンクを張ることが求められており、これらをしっかりと行うことで、御社のSEOは必ず成果を出すことが可能になります。

万が一スパムになっても安全

このサイトマップへの被リンク対策については、一点メリットがあり、それは万が一被リンクのし過ぎで自動ペナルティーを受けてしまった場合でも、サイトマップを削除して、まったく別のURLでサイトマップを作成することで自動ペナルティーを解除できるというメリットがあります。

このメリットは非常に大きく、もちろん上記のように自然にサイトマップという文言が出てきたときに、被リンクを行っていれば、ペナルティーを受けることは絶対にありえませんが、しかし万が一の対策として、サイトマップが自動ペナルティーを受けたとしても、URLを変更すればペナルティーが解除されることを理解していくことで、安心で安全なサイトマップを使った被リンク対策が行えるようになります。

また、このサイトマップへの被リンクを行われる際には、念のために被リンクの基礎知識のページをご覧ください。

3年前まではこれで上がっていた

このサイトマップへの被リンク対策を行うことで、主要なページのSEO効果を高めるやり方は、実は2017年や2018年に流行っていた対策になっております。

現在はあまり行われることがなくなったのですが、その理由はグーグルがこの対策の効果を飛躍的に弱めたことが要因になっております。

当時は非常に多くのホームページで過剰にサイトマップへの被リンクを行っていたのですが、確かコアアルゴリズムアップデートのタイミングだったと思いますが、その効果が一気に弱まり、多くのSEO会社でこの対策は行うだけ時間の無駄だと判断されたように思います。

そのため、現在ではこのサイトマップへの被リンク対策を行っているホームページはほとんど見ることがなくなったように思います。

現在でも多少は効果がある

あくまで弊社の考え方ですが、サイトマップへの被リンクは、確かに飛躍的にSEO効果が上がる対策ではなくなりましたが、しかしその効果は現在も多少はあると思います。

もちろん、2017年頃と比べれば、確かにその効果は弱くなっておりますが、しかし価値の高いページから価値を上げたいページへの内部リンクは現在のSEOにおいて非常に重要なものになっているので、単純にグーグルがサイトマップからの内部リンクだけを無効化するとは考えられず、恐らくサイトマップは内部リンク数が多いので、1つ1つの内部リンクの価値をかなり弱めた結果、目に見える効果がない対策となったのではないかと思われます。

ただ、現状で効果がまったくないかと言うと、実際に弊社では昔にサイトマップへの被リンク対策を行った弊社のWeb制作実績のお客さまの順位を見ると、被リンク対策はサイトマップと少量のトップページへの被リンクだけでもSEOで成功している会社さまもあるので、恐らくまだサイトマップへの被リンクは効果を発揮すると考えております。

そのため、SEOでお困りの方は、ぜひ外部のホームページの更新を行う際に、サイトマップという言葉が出てくる記事を書いたときには、しっかりとサイトマップへの被リンクを行うことを推奨しており、狙って被リンクを行うのではなく、自然と利用されたときに被リンクを行うことで、仮に成果が出なくてもついで作業になっているので、効率的なサイトマップを使ったSEOとなるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績