大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

小規模サイトのSEO

小規模なホームページのSEO

Web制作会社として、小規模サイトのSEOを実現できることが永遠の課題であると思います。

そして、この小規模サイトのSEOにおいては、2021年7月現在の段階では、ビッグキーワードで検索順位が上がっていることがあり、その要因の調査を行っているのですが、アルゴリズムが複雑すぎてSEOを専門にされている会社でも判断が付きづらいと言っております。

そのため、SEOの成功法としては、ホームページのページボリュームを増やすことになってくるのですが、このボリュームを増やす作業は本当に大変になっておりますし、さらには、当ページのテーマとは異なってしまい、ページ数を増やし過ぎると小規模サイトのSEOではなくなってしまいます。

ボリュームを増やす作業の大変さ

基本的に弊社のSEOでは、ページ数を増やすことで、自然と検索順位を高める対策を行っております。

このページ数を増やしたSEOにおいては、確かに弊社のお客さまのSEOを見ても、非常に効果的なものにはなっているのですが、その作業量は膨大で、弊社の一般的なSEOのための提案としては、Web運営の中で新規ページを100から300ページほど作成して頂いております。

もちろん、この作成するページ数は上位表示を狙うキーワードによって異なってくるのですが、仮に御社のホームページにおいて、300ページを作成するとなると、相当な時間と労力が必要になっているのです。

そのため、基本的には小規模サイトでSEOが成功するのであれば、小規模サイトのままでSEOを成功した方が良いものになっており、現段階では、小規模サイトのSEOで成功するための調査と分析を実施しております。

では、具体的に現段階で考える小規模サイトのSEOでは、どのようなホームページが良いのかについてご紹介をいたします。

正しいSEOの実施

まず小規模サイトのSEOにおいては、ページ数でSEO評価を高めない分、ホームページの企画段階でしっかりとしたSEOが必要になっております。

弊社が提供するSEOに強いWeb制作では、Web制作段階において、タグの最適化であったり、ホームページとページの構成、ページタイトルメタディスクリプションALTタグなどをSEOに最適化させております。

さらには、グーグルの検索順位が決定する仕組みを、営業マンだけではなく、Webデザイナーやコーダー、Webプログラマーもしっかりと理解をしており、コーディングでもSEOに強いホームページを制作しております。

そしてこのWeb制作段階での正しいSEOの実施は、小規模サイトのSEOにおいては必須であると考えており、ページ数を増やすことに注力したSEOを行わない分、余分にWeb制作段階でSEOに最適化していく必要があるのです。

カニバリゼーションを絶対に発生させない

この正しいSEOでホームページを制作する際には、それぞれのページの原稿作成が必要になっております。

このときに注意するのが、カニバリゼーションと言われるものになっており、このカニバリゼーションは簡単に言うと、AとBのページがあったときに、グーグルの判断として例えば「Aのページで重要なキーワードは【SEO】」、「Bのページで重要なページも【SEO】」と言うように、2つのページで重要なキーワードが【SEO】と判断され、どちらを上位表示していいか迷ってしまう現象のことを言います。

こうなってしまったときに、本来はAのページのSEO評価が100点だったとしたら、Bのページがあることによって、「Aのページは50点」、「Bのページも50点」と言うように評価が分散してしまうのです。

このカニバリゼーションは、実際にある程度意識をしながらページの原稿を作成したとしても、発生してしまうことがあるのですが、なにも意識せずにページ作成を行うよりも、ある程度カニバリゼーションがあると理解をした上で、ページの原稿を作成していくことで、カニバリゼーションが発生しづらいホームページとなるのです。

そしてこのカニバリゼーションは、どのページがカニバリゼーションを起こしているかをグーグルは公表しておりませんので、とにかくカニバリゼーションを意識してページの原稿を作成していかなくてはなりません。

そしてある程度のビッグワードで上位表示している小規模サイトにおいては、弊社が目視だけで調査を行うと、おそらくこのカニバリゼーションが0のホームページが多いように思われます。

のんびりとページ作成

小規模サイトのSEOにはなるのですが、例えば1ヶ月に1ページや、何か打ち出したいことがあるときだけでも、新規ページを追加し、生きたホームページであることをグーグルに伝えることが重要になっております。

SEOをがっつりと行うとなると、例えば1日に1ページの追加や、最低でも本当に質の高いページを週に1ページ追加するなどのノルマが発生するのですが、小規模サイトのSEOにおいては、高い更新頻度の対策は行わない前提で検討しております。

しかし、1ヶ月に1ページなどでも良いので、そのページを見たユーザが本当に役立つ情報であり、さらには類似コンテンツを提供(カニバリゼーションを起こさない)しないように気を付けなくてはならず、同じような内容でページを公開する際には、すでに公開しているページに追記することが大切になっております。

具体的には、分かりやすい例として、弊社で行っている過剰なSEOにはなるのですが、もともとは年末年始休業や、夏季休業ゴールデンウィーク休業のお知らせは年度ごとに複数ページを作成しておりました。

そしてこれらの休業のご案内ページについては、基本的には休業期間の日付を掲載するだけのページになっており、これがグーグルサーチコンソールのクロール済み - インデックス未登録に表示されるようになったのです。

そしてこの「クロール済み - インデックス未登録」についてはさまざまな噂があるのですが、その中の一つとして「クロール済み - インデックス未登録」が多いホームページの検索順位が下がる可能性があるということを言っている方もいます。

弊社の認識としては、「クロール済み - インデックス未登録」が多くても下がらない可能性もあるが、下がる可能性もあるため、あまり関係がないように思われますが、しかしこの「クロール済み - インデックス未登録」にリストアップされるページは基本的にはグーグルに無視されるページになるので、仮に現段階で検索順位が下がっていないとしても、今後は下がる可能性があるのです。

そのため、ページを作成する際には、「クロール済み - インデックス未登録」にならないように、自社のホームぺージの内容をしっかりと理解して新規ページを作成していただく必要があり、これらを徹底化していくことで、小規模サイトであっても必ず上位表示が可能になっていると思われます。

小規模サイトであっても更新しないのは駄目

小規模サイトであっても、まったく更新しないというのはオススメいたしません。

基本的には、企業サイトであれば、それほどの更新頻度は必要がないと思いますが、しかし何か打ち出せるタイミングがある場合においては、しっかりと記事作成を行うようにしましょう。

そして実際の弊社の事例として、Web制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスさまにおいては、ホームページを立ち上げて数時間後にはすでに狙ったキーワードで上位表示が行えており、そのページ数としては、100ページ前後になっておりました。

もともとは、SEO調査の結果、SEOで成果を出すための目標ページ数が300ページになっていたのですが、実際に100ページで成果を出すことができ、さらにはそのページ数を現在500ページまで向上させることで、本当に多くの検索キーワードで1位から5位の間で上位表示されております。

弊社の提案した目標ページ数の1/3程度で上位表示できた事例は、ANA・JAL株主優待即納サービスのみになってはいるのですが、ただしホームページ公開直後に100ページほどをアップして、そこから1日3記事の予約投稿を行っていることで、短期間で成果を出すことができております。

そして現在は、目標値を超える約500ページほど、すなわち当初の目標ページ数を200ページも超える大規模サイトになっておりますが、着実にページ作成を行い続けた結果、少しずつ検索順位を上げられております。

このように、基本的にはホームページの更新は直接的なSEO効果にはならないと思いますが、しかし間接的にページ数が増えれば増えるだけ、狙ったキーワードに対して詳しいホームページへと成長していくため、検索順位を上げることが可能なのです。

そのため、しっかりとSEOに最適化されたWeb制作を実施すること、そしてその後は可能な範囲で更新作業を行うことで、小規模サイトでもおそらくSEOとしては効果を出すことが可能であると思います。

ただし、現在の検索結果にあるような1ページ目に表示されているホームページは大体が150ページから1,000ページあるのに、5ページで上位表示を実現しているホームページもありますが、これらについては弊社では経験がないため、このような対策のSEOについては弊社では現在調査中で実施できないものになっております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績