大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

スタッフブログの直帰率を低く維持しよう

スタッフブログの直帰率

現在のWeb制作では、大半の会社さまでスタッフブログを制作し、そこに新規記事を作成することでSEO効果の向上を図っております。

このスタッフブログに新規記事を作成することで、確かにSEO効果を発揮するのですが、しかし記事作成時にある程度は直帰率を考えることが重要になっており、直帰率を考えていないと非常に高い直帰率のホームページとなってしまい、SEOによって訪問者数は増えるのですが、まったくお問い合わせを獲得することができないホームページとなってしまいます。

直帰率とは

直帰率とは、ホームページの1ページ目だけを見て、ブラウザの「右上にある×ボタン」や「左上の←ボタン」などをクリックして、ホームページから離脱した訪問者の割合のことを言います。

例えば、当「スタッフブログの直帰率を低く維持しよう」のページを入口にしたユーザが500人いたとして、そのうち400人が「×ボタン」や「←ボタン」でホームページから離脱していれば、当ページの直帰率は80%になってきます。

そしてこの直帰率を低く抑えることがホームページの成果を出すためには必要になっており、この直帰率を下げることにより、訪問者に御社のホームページ内の情報をしっかりと見てもらうことができるため、成約率を高めることができるのです。

もちろん成果で言えば、直帰率を下げるだけでは十分ではないのですが、しかし成果向上のための対策として、弊社が最初に取り組むのがこの直帰率対策となっております。

ホームページ全体の直帰率としては、当然直帰率対策に取り組む必要があるのですが、個々のページの直帰率については、直帰率が高くても問題がないページもあるので、この辺りは目視で確認していく必要があります。

スタッフブログの直帰率は高い?

そして、弊社では、この直帰率は、スタッフブログでは比較的高い傾向があると考えておりました。

実際にスタッフブログのページに訪れるユーザは、例えば当記事であれば、自分のホームページのスタッフブログの直帰率が高いことに気が付き、【スタッフブログ 直帰率】などで検索を行って当ページに検索エンジンから直接訪問することが一般的です。

そして、このページを見るだけで、取り敢えずは、自分の悩みや課題を解決することが可能になるので、当然知りたい情報を調べ終わったら、当ページから離脱をしてしまいます。

このように、もともと弊社ではスタッフブログでは直帰率が高いことは仕方がないことだと考えておりましたが、しかし、2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾してしまい、検索からの訪問者数が約半分になったこと、さらには弊社のスタッフブログは80%を超える直帰率になっていたため、少ない検索からの訪問者数でも成果を出す必要があったので、少し直帰率対策のためのテコ入れが必要なのかもしれないと考え始めました。

直帰率と成約数の関係

直帰率を下げることで、ホームページの成約数・率を大きく向上させることが可能です。

例えば、実際のリアルでの営業活動では、お客さまとの商談で最適なタイミングで最適な回答を行うことによって、契約を取ることが可能になっております。

そして適切なタイミングと回答でなければ契約を取ることができず、あるいは最後まで話を聞いてもらうことができないという問題が発生してしまうのですが、これはホームページにおいても同様になっております。

そして、ホームページにおいて、この直帰率が高いというのは、該当するページに検索エンジンからアクセスした訪問者のニーズに応えることができなかったタイミングが発生したという状況であり、このユーザニーズに対して最適な文章であったり画像、並び順などを最適化することで、ホームページの契約、すなわちお問い合わせを獲得することができるのです。

そしてこの直帰率については、多くのホームページのアクセス解析のデータを見た結果、1ページだけを見たユーザさえ減らすことができれば、2ページ以上見たユーザは本当に多くのページを見てくれる傾向があるので、しっかりとこの直帰率対策を行うことで、ホームページの成約率を飛躍的に高めることが可能なのです。

実際に弊社は80%から60%まで下げた

弊社のスタッフブログの直帰率は80%を超えていたため、ホームページ全体でも60%を超える直帰率となっておりました。

そして先述した通り、2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾したため、この「直帰率を下げるのか」、あるいは「SEOで順位を戻すのか」のどちらかを選択しなくてはなりませんでした。

そして弊社の選択としては、直帰率対策を中心として、並行してSEOの順位を戻そうと考え、この対策をここ2ヶ月間毎日行っております。

その結果、弊社のスタッフブログの直帰率は大きく改善されており、実際に80%あった直帰率は現在60%くらいまで抑えることに成功しており、さらにホームページ全体で言えば40%後半まで直帰率を抑えることに成功しております。

もちろんこの効果は非常に高く、コアアルゴリズムアップデートに被弾する前は、トップページで上位表示を狙う30の検索キーワードで平均5位前後、コアアルゴリズムアップデート後は最終的に50位前後、そして2021年8月12日現在は20位前後になるのですが、この検索順位であっても、お問い合わせ数はコアアルゴリズムアップデート前と変わらないくらいまでリカバリーすることができております。

では、具体的にどのような対策を行ったのかについてをご紹介いたします。

スタッフブログの対策法

スタッフブログについては、記事をリライトすることがSEOに効果を発揮するため、リライト作業を中心に実施いたしました。

そしてリライト作業を行うだけでは、直帰率は改善されないため、できる限り関連するページから関連するページへの内部リンクを設置いたしました。

この効果が非常に高く、弊社の直帰率は、この内部リンクによる誘導によって、飛躍的に下げることに成功しております。

そして現在、この内部リンクを設置するリライトは、まだ作業中にはなるのですが、大体1/4程度のリライト作業が終わっており、現段階でここまで直帰率を抑えることができているので、完全に終わったときには、ホームページ全体の直帰率は40%をきり、スタッフブログだけでも50%前後になるのではないかと期待しております。

もちろん、弊社が行った直帰率対策は、記事作成やリライト時に内部リンクの設置だけではなく、例えばスタッフブログのページネーションを訪問者に使いやすいように改定したり、不要な内容の記事は1ページに統合したりなどの対策も行っておりますが、効果が出た対策は、この記事作成時にしっかりと関連するページへの内部リンクであると考えております。

直帰率の低いホームページで成果を出そう

今回は弊社のホームページを事例として、スタッフブログの直帰率を低く維持することで本当に成果が出せるという点をご紹介いたしました。

もちろん、弊社のスタッフブログの直帰率対策は、大体300ページ中100ページほどしか終わっておらず、後200ページのリライトが残っておりますが、それでも直帰率を20%程度下げることに成功しており、さらには成約率で言うと100%ほどアップという事実があります。

そのため、初めからスタッフブログの直帰率を考えた原稿作成を行うことが重要になっており、リライト作業を後から行うことは本当に大変ですので、しっかりと直帰率を考えたスタッフブログの新規記事作成を行うことをオススメいたします。

実際に弊社では、スタッフブログで直帰率を意識することで、大きく直帰率を改善することに成功しておりますので、おそらくスタッフブログだから直帰率が高くても問題ないと言うことはなく、もちろんスタッフブログを除いたホームページよりは多少高くなると思っておりますが、それでもしっかりと直帰率対策を行い、できる限り低い直帰率のスタッフブログとすることが重要になっております。

そして、弊社のスタッフブログの直帰率が改善されたことは、これまでお客さまに「スタッフブログの直帰率は多少は仕方がないので気にしなくて良いです」と提案しておりましたが、今後は具体的にこのように行うことで、直帰率の低いスタッフブログの記事となりますというように提案をしていこうと考えております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績