大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

スタッフブログのネタ切れ対策

スタッフブログのネタ切れ対策

Web制作時に、SEOを考えられる企業さまの大半がスタッフブログを運営しており、このスタッフブログをしっかりと運営することでホームページの成果を最大化することが可能です。

そして、このスタッフブログの更新作業は、基本的にはすべての会社さまが嫌がるものになっており、その理由は更新量が本当に多いことや公開している記事をリライトしないといけないことが要因になります。

しかし、嫌だからと言って更新をしないと、SEOで成果を出すことができませんので、大半の企業さまでは、毎日いやいやながらWeb制作会社の指示通りにスタッフブログの更新作業を行われております。

ただし、これらを行う際に、まともに記事を書いていると相当な時間がかかるので、少しでも時間短縮をして記事公開を行うことも重要になるのです。

そこで今回は、この記事作成において時間短縮のために、弊社がお客さまに提案しているスタッフブログのネタ切れ対策をご紹介いたします。

キーワード調査は不要

キーワード調査はいらない

まず初めにスタッフブログの更新をされる際には、キーワード調査を行われていると思います。

弊社が推奨するスタッフブログの更新テクニックでは、実はこのキーワード調査は不要になっております。

どういうことかというと、キーワード調査を行って記事を作成したとしても、グーグル自体がその作成したページを評価してくれなければ、その記事はもちろん、記事を書くために行ったキーワード調査も無駄になってくるので、これらの対策は不要であると考えております。

そして、自分の業界であれば、ある程度ですが、検索エンジンユーザーがどのような検索キーワードを利用するかを推測できるものになりますので、キーワード調査を行わずに、ユーザーが気になるだろうというポイントで記事を書いていくことで本当にSEOに強いWeb制作となるのです。

ただし、ここでキーワード調査は不要だと言っておりますが、ある程度ホームページの更新が進むと、ネタ切れが発生し始めるため、その時にはキーワード調査を行い、本当に検索されているキーワードで記事を書くことがオススメです。

そしてこのキーワード調査をしていなかった場合、基本的には御社のビジネスに関連する内容で記事を書いていれば、そのページ自体は訪問者数を集めることがあまりないのですが、しかし、そのページのテーマと関連する主要なページの検索順位は高まるため、結果としてSEO効果を得ることが可能になるのです。

用語集やよくあるご質問が楽

用語集やよくあるご質問

そしてスタッフブログの更新ネタとしてですが、用語集が最も楽な更新作業になっております。

基本的には簡単な用語から難しい用語までを記述していただくことになるのですが、ただしそこで大切なのが、どれくらいの文字数で用語が書けるかになっております。

もちろん、現在のWeb制作のSEOで言われている通り、文字数が多ければ良いということはないのですが、しかし、スタッフブログにおいては、文字数が少ないと検索順位を上げることができませんので、1用語の解説文字数が少ないようであれば、1ページに複数の用語を掲載するのが良いでしょう。

また、よくあるご質問も例えば「支払い条件を教えてください。」という記事ページを作成したときには、「納品月の月末締めの翌末払いです。」とアンサーを書くだけではなく、しっかりと支払い条件についてできる限り詳しく記事を作成することが大切になってきます。

これは本当に楽なものになっていて、実際に弊社のよくあるご質問においても、大半がお客さまに質問をいただいた内容をQとしてその回答をAとしております。

そのため、基本的にはネタ切れが起こりづらいコンテンツとなっており、しっかりとこれらを作成して更新していくことで、更新ネタに困らないスタッフブログの運営となるのです。

データの提供

データ系記事

そして弊社の業種では少し難しいものになるのですが、基本的にはお客さまに言われた内容で調査を行ったときに、そのデータをアップロードして、そしてそのデータについての解説記事を書くことも効果的です。

このデータ提供系の記事については、基本的にはそれほど更新頻度は高くならないとは思いますが、しかし本当にそのデータがユーザーに役立つものであれば、1記事でも多くの被リンクを獲得することができるので、飛躍的にホームページの効果が高まるようになっております。

そのため、スタッフブログを運営されている方であれば、作成する記事ページがないときに、データ系の記事を作成することは本当に効果を出せるものであると認識して、機会があればしっかりと記事作成を行うことによって、スタッフブログのSEO効果を飛躍的に高めることができるのです。

そしてこのデータ系の記事については、被リンクの数にもよりますが、本当に多くの被リンクが獲得できれば、その記事ページに関連するページのSEO効果も大きく高まるので、しっかりと頭には入れておくようにしなくてはなりません。

実際に弊社はWeb制作後にこのデータ提供系のページの提案をしておりますが、半分くらいのページタイトルは作成が難しいと言われることが多くなるのですが、基本的にはこのデータ系の記事ページは本当に効果的ですので、チャンスがある際にはしっかりと作成していくようにしましょう。

ネタ切れが起きない更新をしよう

ネタ切れが起きない更新

Web制作後にSEOを行っている会社さまにとって、スタッフブログの更新はある程度は仕方がないと思っている方も多いとは思います。

ただし、この作業は本当に大変なものになっていて、実際に弊社もSEO対策をしたいというお客さまにおいては、必ずスタッフブログを提案して、記事作成をお願いしているのです。

そしてこの記事作成自体は、ある程度ルーチンワークとして、普段の業務として行われている企業さまであったとしても、結構な頻度でネタ切れに困っている方も多くいらっしゃいます。

そしてこのネタ切れにおいては、上記は一部ですが、本当に自分が更新しやすいホームページのページ作成を心がけるようにすることで、かなり回避できると思います。

これが弊社が考えるスタッフブログのネタ切れ対策のための更新テクニックになっており、現在スタッフブログを更新しているけれども、ネタ切れが発生して困っているという方はぜひ上記を参考に更新を継続されてみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績