サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成果を出したい!期待以上に効果的なWebサイトリニューアル法

失敗しないWebサイトリニューアル

「問い合わせがない」や「ウェブデザインが古くなった」、「更新の度にWebサイト制作会社に依頼が面倒」などが、よくあるWebサイトリニューアルの要望です。

正しくホームページをリニューアルすれば、上記問題は改善されますが、しかし、逆に失敗してしまい、成果が落ちたという事例も稀に見かけます。

この成功か失敗かは、Webサイトリニューアルの目的や、良い点と問題点などを明確にしてから行ったかが重要です。

当記事では、弊社がホームページ制作で提案している失敗しないことはもちろん、成果を出すためのポイントをご紹介します。

Webサイトリニューアルの理由と目的

Webサイト制作会社にリニューアルを相談される前に、まずはWebサイトリニューアルを行う理由や目的を明確にしましょう。

この理由と目的は、「お問い合わせ数を増やしたい」など、漠然としていても問題がなく、Webサイト制作会社が、具体的な目的をヒアリングや検討によって定めてくれます。

ただ、考えているといないでは、大きな差で、Webサイト制作会社はヒアリング内容から提案書を作成しているため、情報がないと正しい提案書が作成できません。

目的が明確であれば、成果が出るWebサイトリニューアルに必要な要素が検討できるため、成果を出せる可能性が飛躍的に高まります。

成果を出すWebサイトリニューアル手順

成果が出るWebサイトリニューアルの手順は以下です。

  • 悩みや課題やヒアリング
  • 悩みや課題の解決法を検討
  • 集客と成約をどうすれば良いかを検討
  • ホームページを制作
  • Webサイト制作会社のレクチャー通りに運営

ざっくりとですが、成果を出せるWebサイトリニューアルは上記の手順で行われます。

特に大切になるのが、悩みや課題の検討と集客と成約対策、運営の3点で、この3点をしっかりと行っていると、必ず成果を向上させれるようになります。

また、悩みや課題の検討と集客と成約対策、運営法の3点については、お客さまとWebサイト制作会社で共有したうえで、Webサイトリニューアルを行う必要がございます。

失敗しないWebサイトリニューアルの具体的な方法

Webサイトリニューアルで失敗しない方法をご紹介します。

目的を明確に設定

悩みや課題を明確にし、改善を目的としたWebサイトリニューアルを行う必要がございます。

例えばですが、簡単なお問い合わせが多すぎるという課題を持っている会社がお問い合わせ数を減らすことを目的としてWebサイトリニューアルを行うとします。

そのときに、FAQなどのコンテンツを作成しないと、ホームページをリニューアルしても目的を達成できません。

ホームページ制作の根幹となる目的をしっかりと定め、その目的を達成するための対策を行ったWebサイトリニューアルが大切です。

ここが曖昧だと、ホームページを制作できないと言うことはございませんが、一般的によくあるホームページ制作となってしまうため、期待通りの成果が得れなくなります。

アクセス解析の利用

Webサイトリニューアルは闇雲に行ってはいけません。

現状のホームページのどこに問題があり、どこが優れているかを明確にしたうえで、リニューアルを行う必要がございます。

このアクセス解析の利用は、初級編ですが、初心者向け!Webサイトリニューアルの成功のカギはアクセス解析でご紹介していますので、ご興味があればご覧ください。

確認事項

ホームページを制作前から、特にお客さまが意識すべきは、集客と成約です。

この集客と成約対策を立てなければ、まったく人が訪れませんし、さらには運よく集客ができても、成果がまったくないホームページとなってしまいます。

そのため、Webサイト制作会社の提案を受ける際には、しっかりと集客と成約方法について確認を行わなくてはいけません。

スケジュール

Webサイトリニューアルのスケジュールの確認は大切です。

いつから更新作業が行えるのかや、いつごろに公開かなど、具体的なスケジュールを確認しましょう。

もちろん、修正量やお客さまのレスポンス速度によって、スケジュールがずれてしまう可能性はございます。

しかし、ホームページは制作して終わりではなく、公開後には運営の継続が必要になるので、ホームページ制作前からしっかりと運営スケジュールを検討しなくてはいけません。

また、運営スケジュールだけではなく、弊社では、Webサイトリニューアル中にも無料の集客対策を行っていただいています。

スケジュールが明確だと、Webサイトリニューアル中から集客対策を計画的に行えるようになります。

大まかな予算感

ホームページ制作費は、お客さまが思っているよりも高いケースがございます。

例えば、弊社は大阪のWebサイト制作会社になり、よくお客さまから、他の大阪のWebサイト制作会社も同じくらいの価格で提案していると言われます。

弊社のホームページ制作では、100万円前後が多く、この価格が大まかな予算感だと思います。

なぜ、100万円前後の予算が必要かというと、集客対策の実施やお客さまの悩みや課題を解決するための機能構築費が必要になっています。

このように、ホームページ制作料金は、ホームページ制作だけではなく、集客や悩みや課題を解決できる機能の構築にかかる費用があるのです。

これらを踏まえたうえで、Webサイト制作会社の提案前に予算感を出しておくことで、よりスムーズなホームページのリニューアルが行えるようになります。

Webサイトリニューアルの成功事例

Webサイトリニューアルの成功事例として、ホームページ制作実績のピュアカナダをご紹介します。

ピュアカナダは、大阪でカナダ留学をサポートしている会社になっていて、2020年に弊社が一度Webサイトリニューアルを行いました。

そして、2022年にもホームページのリニューアルをご依頼いただき、現在公開して半年くらいが経過しています。

2019年までは、手作りのホームページがあったのですが、ウェブページ数が本当に膨大で1,500ページほどございました。

一度目のリニューアルでは、内容の整理をして、ユーザビリティーの向上を目的と定めました。

その結果、1,500ページから200ページまで減らしたのですが、訪問者数は3倍程度まで伸ばすことに成功しています。

そして、高い成果を出せたので、2年後に再度ご依頼いただき、その時の目的はウェブデザイン性の向上と導線の最適化といたしました。

そして、2度目のWebサイトリニューアルの効果としては、訪問者数は増えませんでしたが、しかし成約数が1.3倍程度になったとお喜びいただいています。

Webサイトリニューアルは、ホームページの一新ではございますが、弊社のような小さなWebサイト制作会社では、あれもこれもと言うのは難しくなります。

もちろん、ホームページ制作料金も安くなりますが、しかし、数点の明確な目的を定め、必ずその目的を達成しています。

これまでのホームページ制作経験から言えば、この目的を達成できなかった経験はなく、すべてのホームページ制作実績で高い成果を出すことに成功しています。

そのため、失敗しない、または成功するWebサイトリニューアルをご検討の方は、目的の明確化を行いましょう。

そして、目的が明確だと、上記でご紹介したような具体的な方法が行えるので、失敗しないWebサイトリニューアルになるのです。

公開後はWebサイト制作会社のサポートを

弊社のホームページ制作では、公開後はしっかりとサポートしています。

多くのホームページ制作実績の会社では、サポートを利用されて、さまざまなご質問をいただいていますが、中には公開後1度もサポートをしていない会社もございます。

そして、成果で見たときには、サポートをしている会社の方が圧倒的に成約数が多く、さらには訪問者数も伸び続けています。

なぜ、ここまで劇的に効果が変わるかと言うと、例えば訪問者数を集めるためにSEOを行っているとします。

このSEOは自分で調べると、2010年ごろの情報を2022年に公開されているケースが多く、現在ではまったく役に立たない対策法が紹介されていたりします。

Webサイト制作会社やSEO会社であれば、情報が古いと気が付けるのですが、お客さまでは、なかなか気が付くことができないので、まったく意味のない作業を行ってしまいます。

意味がないだけであれば良いですが、計測しているキーワード以外のキーワードが下がってしまい、結果、訪問者数が激減してしまうというケースも多くございます。

このような問題の回避には、公開後にしっかりとWebサイト制作会社のサポートを受けて、「こういう情報を見たけど、こういう対策は効果がある?」との質問が大切です。

これらをしっかりと行っていれば、効果的な対策だけに限定して行えるため、御社の運営効率は飛躍的に高まり、期待以上の成果を出せるようになるのです。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP