大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

成果の出るスタッフブログ運営法

成果に繋がるスタッフブログ運営

現在、弊社が制作するホームページの多くがスタッフブログの運営を行っており、そのスタッフブログ運営の目的がSEOになっております。

ただし、現在のSEOは闇雲にスタッフブログを運営していても成果の出るものではないので、しっかりとどのようなスタッフブログの運営を行えば、成果が出る可能性が高まるのかを理解し、そしてスタッフブログ運営計画を立ててから記事作成を行う必要があるのです。

スタッフブログの運営はSEOだが

スタッフブログの運営、すなわち日々の記事作成は、基本的にはSEOで成果を出すための手段として行われることが一般的です。

このSEOで成果を出すためのスタッフブログの運営は、更新内容が影響をしていることと、さらにはちょっとしたSEOテクニックを駆使する必要があり、これらを徹底して行うことにより御社のスタッフブログの更新によるSEO効果は大きく向上するのです。

ただ、このSEOテクニックについては、基本的にはそのときどきで多少仕様が変わるものになっており、実際に弊社は、2021年6月3日のグーグルコアアップデートに被弾し大きく順位を落としたのですが、実は2021年6月3日までSEOに効果的なスタッフブログの更新テクニックを駆使しておりました。

そして、このコアアップデートに被弾したことにより、当社では、やはりSEOテクニックではなくて、正しいスタッフブログの更新を行うことが重要であると考え、現在スタッフブログのリライト作業を行っております。

2021年6月3日までの対策法

弊社が行った2021年6月3日までの対策法として、いくつかの対策法があったのですが、その中でもっとも重要度が高かったのが、SEOはページ数が重要で、とにかくページ数を増やす対策を行っておりました。

例えば、記事を作成する際に、タイトルを定めたら闇雲にページを作成することを行っていたり、その内容を見た人にはこういう追加情報を見せれば、よりユーザのためのスタッフブログの質が高まるから内部リンクを掲載したりと言うことは一切行っておりませんでした。

もちろん、ユーザの読みやすさなどはすべて度外視して、とにかく記事数を増やすことに注力して、ホームページの更新を行っていたのですが、これが2021年6月3日のグーグルコアアップデートに被弾してしまい、一気に検索順位を落とす結果となったのです。

やはりユーザのための記事が強い

では、現在のスタッフブログを活用したSEOでは、どのように記事を作成すれば、グーグルがユーザのためになる記事ページだと判断してくれるかは不明ですが、しかしやはりユーザのために記事ページを作成することは非常にSEOに強いものになっております。

実際に弊社のホームページでは、確かにコアアップデートに被弾して、検索順位は大きく落ちたのですが、実は検索からの訪問者数は、コアアップデート直後は4割減、そこからリライト作業を行い続け、現在は1割減にまでリカバリーをしております。

ただ、やはりユーザのための記事とするためのリライト作業を行い始めたのが最近であるため、トップページの検索順位だけは戻っておらず、リライト記事数が増えれば恐らくトップページの検索順位も戻ると考えております。

そしてスタッフブログを運営する方は、確かにテクニック的にSEOキーワード調査なども必要にはなりますが、初めてのスタッフブログ運営の方であれば、まずは後からリライトする前提で、とにかくユーザのための記事作成を行うことがスタートラインかと思います。

記事の作成には、ライティングにおける専門的な知識は存在しておらず、基本的にはそのページを見た人が本当に読みやすく分かりやすい記事であること、そしてそのページタイトルに対して情報が網羅されていることが大切になっており、まずはこの読みやすく分かりやすい、さらには情報の網羅だけを意識して記事を作成し始めることが大切です。

そしてこれらを行っていると、ある程度文章作成に慣れてくるので、その作成する記事の質は飛躍的に高まり、御社の期待を超えるスタッフブログへと成長したします。

もちろん、ある程度スタッフブログで質の高い記事が書けるようになってきたら、SEOキーワード選定などのSEOテクニックを使うことが重要になっています。

記事作成におけるSEOテクニック

ある程度記事作成に慣れ始めた方は、次のステップとして、SEOテクニックを利用することを推奨します。

このSEOテクニックを使った記事作成には、一部先述しておりますが、SEOキーワード調査と、ユーザのための質の高い記事作成、さらにはSEOのための質の高い記事作成の3つがあります。

基本としては、新規記事の作成においては、ある程度記事作成に慣れてきたら、この3点を意識することが重要になっており、これらを駆使することで、本当にSEOに効果的な記事作成が行えるようになるのです。

そしてこれらの3点のSEOテクニックにも慣れてきたら、実はもう1点だけ対策法があり、この対策法が本当に大変な作業になっております。

リライト作業

残り1点の対策法とは、リライト作業になっており、このリライト作業は、本当に大変な作業で、現在弊社も大変な思いをしながらリライト作業を行っております。

グーグルサーチコンソールの結果から

現在のグーグルは、グーグル独自の判断で、このページに価値がある、このページは価値がないと判断をしており、そして価値がないと判断されたページをグーグルサーチコンソールで表示させてくれています。

そしてこれらの価値がないと判断されたページは、インデックス未登録としてグーグルサーチコンソールに表示されるので、このインデックス未登録のページのリライト作業を行うのですが、このリライト作業では、基本的には価値が0のページになるので、どのようにリライトを行っても評価が上がるだけしかないものになっております。

ただ、一点だけ注意点があり、それはリライト作業を行う際に、文章に50文字ほど追記を行っても、グーグルは価値があると判断をしてくれないものになっているので、どうせリライト作業を行うのであれば、ページタイトルメタディスクリプションも含め、すべてを一新するようにしましょう。

これはあくまで弊社の経験則になるのですが、先述した通り、50文字や100文字を追加してもグーグルは価値があると認識してくれないことが多いので、しっかりと全文を1から作成し直すようにしましょう。

基本的には似たようなページタイトルであれば、作成する記事も似たようなものになると思いますが、リライトする際には、必ずリライト前の原稿よりも分かりやすく読みやすく、さらには詳しい内容を掲載するようにしましょう。

もちろん、これらを行っても、必ずグーグルが価値あるページだと認識し直してくれると断言はできませんが、しかし1からリライトを行うときの方が、文字を少し追加や削除するときに比べて、再評価の確率は高いように思われます。

検索からの訪問者数と検索順位から

そして基本的には、上記のグーグルサーチコンソールの結果から改善することが大切になっているのですが、グーグルサーチコンソールのインデックス未登録は有限になっているので、インデックス未登録のページのリライト作業はそのうち終わります。

そしてそのリライト作業が終われば、それでスタッフブログの運営は終わりではなく、新規記事を作成し続けることや、さらには現在検索順位が11位以下のページを見つけ、そのページのリライト作業を行います。

このリライト作業を行うときに、注意すべきことは、リライト前後で検索順位が落ちないようにすることであり、リライトを行う前に一度そのページを読んでみて、不足情報がないかや読みづらい箇所はないかを確認してから、一新するようにしましょう。

そして質の高い記事へとリライトすることで、そのページの検索順位は高まり、本当に効果的なスタッフブログ運営とすることが可能になるのです。

SEOもだが成約に繋がるスタッフブログ運営を行おう

基本的に、スタッフブログを運営する目的は、SEOで問題がないと思います。

しかし、どうせSEOのためにスタッフブログを運営するのであれば、成約率も意識して高めるほうが効率的で、記事作成にかかる時間は1時間程度になるので、どうせ1時間をかけて記事を作成するのであれば、成約数も増えたほうが良い結果となります。

スタッフブログは、実際に弊社も2021年6月3日まではがむしゃらな更新を行っておりましたが、このがむしゃらな更新は、検索エンジンに必ずばれてしまい、その効果を失わせるだけになるので、しっかりとユーザのための質の高い記事を作成するようにしましょう。

スタッフブログの運営は本当にSEOに効果はありますが、しっかりと記事を作成しなければ、SEO効果は一時的なものになります。

そしてSEOの目的は検索からの訪問者数の集客ではないため、しっかりと質の高い記事ページを作成し、成約数も向上させるようにしましょう。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績