HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成功するスタッフブログの計画の立て方

ブログ更新計画を立てよう

スタッフブログを闇雲に運営していませんか?

もちろん闇雲であっても成果を出せることがあるのですが、やはり最も効果的なのは計画を立てて運営することになっています。

どうせコンテンツを作成するにしても、少しでも効果を発揮したいのは当然だと思いますので、弊社が提案する計画の立て方をご紹介します。

計画って何をたてるの?

スタッフブログの運営計画って何を立てるのかと思われることもあると思います。

この計画では、本当にさまざまなことを計画しなくてはなりません。

そのために、弊社ではもし可能であればですが、100記事分のタイトルを作成いただいています。

もちろんそのタイトルが適切かの確認もしているのですが、本当の目的としては、効果的なタイトルの作成法ではありません。

その目的とは、カテゴリーがあるホームページの場合には、カテゴリーを始めにしっかりと検討をしています。

と言うのも、一度公開したURLを削除することはリスクにしかなりません。

そのため、追加は問題がないのですが、削除は絶対に行ってはならないので、しっかりとここで定めて、そのカテゴリー内で新規ページを作成します。

このように、スタッフブログ運営に関わるすべてを計画立てておくことで、効果的なスタッフブログ運営が可能になるのです。

では、すべてだと情報量が大きくなりすぎるので、弊社が提案する計画の中で、特に重要だと思われる点をご紹介します。

タイトルの付け方

タイトルはSEOにおいて重要だと言うことは多くの方がご存知です。

そしてその対策法もご存知だとは思われます。

基本的には重要なキーワードを含む場合は、前の方に持ってきた方が効果を発揮します。

もちろんだからと言って、例えば弊社であれば、ホームページ制作が大切だからと言って、過剰にすべてにホームページ制作を含むとスパムになる可能性があります。

また、前に持ってくるのも、日本語がおかしくない場合だけにしたほうが良く、なるべくと言う意識を持つ程度で良いでしょう。

もちろん新規ページの場合はもちろんですが、すでにある程度記事数がある場合でも、リライトで重要キーワードを前に持ってきても問題ありません。

これらをしっかりと行うことで、運が良ければ、検索順位が上がるかもしれないので、必ず対策を検討しましょう。

ただし、再三になりますが、必ずしたほうが良いという内容ではありません。

本文はどんなページを?

SEOライティングという言葉が流行っていたりします。

このSEOライティングは、一般的には原稿作成が本業でなければできないと認識したほうが良いでしょう。

と言うのも、SEOを意識しすぎると文章が変になったり、1記事作成だけでも疲労感が非常に高くなります。

では、弊社がホームページ制作後に提案している本文の書き方としては、2つあります。

キーワードを定める

ページを作成する際には、そのページが上位表示したいキーワードを1つだけ定めましょう。

弊社では、お客さまにはそういっても、なかなか定めて貰えないので、エクセルシートでお渡しするケースがあります。

そして類似する上位表示キーワードのページを作らないことが条件になっています。

現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、分かりやすいホームページを評価しています。

そのため、分かりやすさのためにそれぞれのページテーマを定め、個々のページで上位表示を狙うキーワードで原稿を作成いただきます。

一点だけ注意点があり【ホームページ制作の勉強法】と【Webサイト作成の学習の仕方】は同じテーマになり、単語は違うけれどもニーズが同じ場合は同じになってしまうと考えましょう。

キーワードを意識する

上記で定めた上位表示キーワードをしっかりと本文で最低でも1回は利用しましょう。

ホームページ制作時はWebサイト制作会社がしっかりと行ってくれていますが、サイト運営時はクライアントさま自身で行わなくてはなりません。

もちろん過剰に利用するとペナルティーを受けてしまう可能性があるので、最低1回と言う認識で良いと思います。

もし、1回のページの検索順位が狙い通りに上がらなければ、利用回数を増やしたリライトを行えば良いでしょう。

文字数や画像枚数

SEOでは画像枚数は関係が無いので、何枚でも良いですが、ユーザーが読みやすく理解しやすい枚数を適切に利用しましょう。

また、文字数については、昔は長文SEOと呼ばれるテクニックがあり、文字数が多ければ検索順位が上がっていた時代がありました。

しかし、現在ではまったく意味がないので、文字数は意識しなくても良いです。

ただ、タイトルに対して詳しいページを作成して欲しいとお伝えすると、多くのホームページ制作実績の会社さまでは、1,000文字から2,500文字くらいになっています。

1,000文字を切ったホームページがないので効果があるか分かりませんが、一つの目安として、1,000から2,500と理解しましょう。

カテゴリーをどうするか

カテゴリーについてはホームページ制作が終わり納品後にタイトルを100ほどだしていただき、公開直後にすべてのカテゴリーを登録しています。

その理由はカテゴリーをころころ変更するのは、URLが変更されることに繋がり、SEOとしてあまり良くないので、あらかじめ定めた範囲で更新していただきます。

もちろんサイト運営を行っていれば、カテゴリーが増えるケースもあると思います。

増やす分には問題がないので、どんどん増やしていただけます。

ただし、減らすのは問題になるので、基本的には減らさないようにしっかりと公開直後に定めるようにしています。

これらの作業は本当に面倒くさく、先ず100タイトルを定めるのも大変ですし、その後中長期的に変更しないカテゴリーの選定も大変です。

ただ、SEO効果を考えるのであれば、必ずしっかりと検討をいただいています。

別でスケジュールも考える

計画を立てればそれで終わりではなく、その後スケジュール策定を行います。

このスケジュールは基本的には毎日行える量にして、無理なく継続を重視しています。

サイト運営は単発で行うのではなく、毎日少しずつでも良いので、中長期的な継続がもっとも効果を発揮します。

そのため、計画を立てた後しっかりとスケジュールを立てることで、本当に成果の出るスタッフブログになるのです。

ホームページ制作後に計画とスケジュールを

ホームページ制作が終わってまず行うのは、スタッフブログの計画とスケジュール策定が良いでしょう。

現在のホームページは制作しただけで成果が出るケースはまずなく、基本的にはサイト運営で成果を高めなくてはなりません。

このサイト運営は闇雲に行うのではなく、計画とスケジュールに則ったサイト更新が重要になります。

ホームページを公開し、これからスタッフブログを運営される方は、ぜひ計画とスケジュールを立ててみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP