大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

成果の出るホームページ制作で確認したいこと

成果の出るホームページ制作は非常にやるべきことが多いものになっております。

これらをしっかりと行うことで、ホームページは本当に成果を出せるようになるのですが、実際にホームページ制作後にお客さまに制作したホームページの確認を行うと、かなり見落としがあるように思われます。

もちろん弊社としては、この箇所などを確認してくださいなどと依頼をしているのですが、その作業がソースコードの確認などがあったり、各種ブラウザでの確認など、その作業量も非常に多いため、難しいことになってくると思います。

そのため、これからホームページ制作を行われる方は、突然こことこことを確認して欲しいと言われるのではなく、前もってある程度の知識を得て頂くことで、本当に効果的なホームページ制作が可能になるのです。

そこで今回はこれからホームページ制作を行われる方のために、成果の出るホームページ制作のためにお客さまが学んでおいた方が良いポイントをご紹介いたします。

webデザイン

まず初めに、webデザインについてですが、このwebデザインはなんでも良いということはまずありません。

webデザインを作成する際には、必ずそのデザインでユーザに良い印象を持ってもらえるのか、そしてホームページの原稿が読みやすいかを確認する必要があるのです。

これらを徹底して行っていただくことで、そのwebデザインの成果は飛躍的に高まりますが、これらを徹底して行うことは本当に難しいものになっております。

具体的に言うと、ホームページのデザインについては、趣味や趣向がどうしてもでてくるものになっており、この人はAのデザインのほうが良いけれども、この人はBのデザインが良いと感じているなどの個人的な主観で判断をしてしまうことになっております。

これらは本当に無駄なものになっており、基本的にはニーズは一定ですが、さまざまな趣味趣向のユーザがホームページへと訪れるので、個人の趣味趣向でデザインを判断しないようにしなくてはなりませ。

基本的にはクライアントさまはもちろん、ホームページ制作会社が良いというデザインであっても、そのホームページに訪れる御社の見込み顧客が良いと感じてくれなければまったく意味がないものになるので、しっかりとこれらを検討してデザインを確認していくことで、本当に効果的なwebデザインになるのです。

ソースコードはSEOを意識

ソースコードはSEOと非常に密接にかかわっており、このソースコードを最適化することで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高めることが可能です。

しかしいきなりソースコードを見てSEOに最適化しているかを調べることは本当に大変ですので、以下のポイントをご確認いただきます。

まず初めにページタイトルとディスクリプションがすべてのページで固有のものになっているかをチェックします。

これは非常に大切なものになっており、基本的には現在のグーグルは、類似ページを非常に嫌う傾向があるので、固有のページタイトルとディスクリプションになっているかを確認することで、類似箇所を大幅に削減できるようになります。

そして特にディスクリプションタグについては、入っていないホームページが多かったり、同じ原稿を入れているホームページがあったりとさまざまな問題を抱えている状態になることが多いので、しっかりと確認するようにしましょう。

そして次に、カノニカルタグが入っているかの確認になり、カノニカルを入れないホームページ制作会社は現在いないと思いますが、しっかりとこのページのソースコードはどのページのモノかと言うようにアドレスが正しく記載されているかをチェックします。

そして最後に、Hタグの利用法になっており、H1タグが1ページに複数回出ていても問題が無いのですが、一つだけ絶対に守らないといけないルールがあり、それはh1の下にはh2があり、h2の下にはh3があるということになります。

この構造をしっかりと記述していることで、そのホームページの成果は飛躍的に高まるので、必ずチェックをしていくようにしましょう。

webブラウザでのズレ

基本的にお客さまはホームページのチェックをしてくださいと言われると、いつも使っているグーグルクロームやedgeあるいはIE11での確認のみを行います。

しかしユーザがすべてお客さまと同じ環境でアクセスしてくれるとは限らないので、しっかりとさまざまなブラウザやPCだけではなくタブレットやスマホでの確認を行わなくてはなりません。

これらの確認は非常に面倒なものになっておりますが、しっかりと行うことで、レイアウト崩れのないホームページになります。

これらは基本的にはホームページ制作会社がしっかりと確認した後、お客さまの確認になるので、そこまでレイアウトが崩れるということはないのですが、ホームページ制作会社は基本的には2,3人での確認になるので、お客さま自身もしっかりと確認していくことが重要になります。

ホームページの運営のしやすさ

そして最後にそのホームページ内に自分で更新ができる箇所がある場合は、そこが本当に更新がしやすいかを確認します。

この作業は非常に大切になっており、もちろん一般的にはワードプレスと言われるホームページの更新システムを利用するので、できることに限界はあるのですが、更新しづらいと感じたら、ここをこうして欲しいなどの要望をまとめてホームページ制作会社に伝えると良いでしょう。

これらをしっかりと伝えることで、ホームページの更新が非常にしやすいものになっていき、普段の更新がしづらいから更新を行わないということがなくなるのです。

現在のSEOにおいては、ホームページの更新業務が最も効果的であると言われているので、これらをしっかりと徹底して行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まります。

ホームページ制作後の確認作業は本当は大変

ホームページ制作後の確認作業ではこのような作業があります。

そのため、相当な労力が必要になるのですが、これらをサボってしまい、後から直してほしいというと、無駄な予算が発生してしまうのです。

そのため、しっかりとホームページの確認作業で何を行わないといけないのかを明確に確認して、それらをチェックすることでホームページは本当に効果的なものになります。

ただし、ホームページの更新のしやすさだけは、現在はワードプレスと言われるオープンソースのシステムを使うことが一般的になるので、追求するにも限界があるのですが、それでもしっかりと要望を伝えて、システム的に改定が可能かどうかを確認していくことで、本当に更新のしやすいホームページ制作になります。

TOP

ホームページ制作実績