サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成果を出す!ホームページ制作とサイト運営のポイントは企画

成果を出すには企画が大切

ホームページ制作時に成果が欲しいと思うのは当然だと思います。

この成果を出すためにはホームページ制作とサイト運営の両方が大切になっていて、しっかりとこれらを行わなければ絶対に成果が出せません。

今回は弊社のホームページ制作で、どのような企画を立てサイト運営を提案しているかについてご紹介をします。

ホームページ制作は企画で半分が決まる

ホームページ制作を闇雲に行い、がむしゃらにサイト運営を行っていても絶対に成果は出ません。

ホームページは、基本的には計画とスケジュールを立てて、その計画通りにホームぺージを制作し、サイト運営を継続することで成果を出せるのです。

例えばですが、SEOはサイト運営が大切ですが、ここで更新システムを導入していなければ、更新作業の度にWebサイト制作会社に依頼しなくてはいけません。

そしてSEOのためのサイト運営量は膨大です。

その都度都度予算をかけてしまうと、費用が高くなりすぎて、十分なサイト運営が行えなくなってしまいます。

このように公開前から何をどのように行うかをじっくりと検討して、そしてそのためのホームページを制作して初めて効果を出せるようになります。

また、さらには、ワードプレスなどのCMSを導入してホームページを作った後、サイト運営をどのように行うかも公開前から考える必要があります。

例えば現在のグーグルは、ページ数ももちろん大切ですが、個々のページの質も大切にしています。

目標ページ数を定め、そしてページを作成する際にはどうすれば質が高まるかをしっかりと企画段階で定めておかなくては、ページ数だけが多いホームページになります。

そのため、弊社ではホームページ制作はもちろんサイト運営も含めた企画を立てており、実際に成果が出るかどうかの半分は企画にかかっていると考えています。

もう半分はサイト運営

もちろん、集客対策に対して最適なホームページを制作する前提ではあります。

残り半分は、サイト運営やソーシャルメディアの運用にかかっていると思います。

現在のホームページの集客対策においては、基本的にはサイト運営量が年々重要になっています。

例えばどんなに優れたウェブデザインでホームページを作ったとしても、実はサイト運営を行わなければ、まったく見込み顧客が集客できません。

そのため、成果が出るかどうかの半分は、日々の更新作業が大切になっていて、これらを計画通りに実行して初めて人が訪れるようになるのです。

人が集まれば最低限の成果は出る

人さえ集まってくれれば、ある程度の成果は保証されています。

ホームページ制作の質にもよりますが、一般的には、0.1%前後の成約数は保証されていると思います。

0.1%と言うのは、具体的に1,000人訪問すれば1人が成果に繋がる計算です。

ただし、その際には、実は1,000人前後獲得できるようになれば、成果が1件というのではなく、2,000人くらい集まっていきなり0から2になるのが大半です。

もちろんそのままホームページを放置していたら、必ず成果は落ちていきます。

そしてその後も継続してホームページを更新し続ければ、集客数も増えますし、さらには成約率も増えるので、成約回数を確実に増やすことが可能です。

このようにホームページを公開当初は、まったく見込み顧客の集客ができていないので、まずは全力で集客対策に取り組む必要があります。

サイト運営で行う2つ

サイト運営作業をがむしゃらに行うのではなく、2つのポイントで実行するのが良いでしょう。

もちろんこれらの内容はホームぺージを制作する企画段階で定めるべきものになっています。

成果を考えて集客力の向上

集客力の向上は先述した通り、公開したら真っ先に行う施策です。

この集客にはSEOやソーシャルメディア、リスティング広告などがあります。

もちろん、これらの対策を継続していただきはしますが、その際には、成果を考えて行いましょう。

例えば、ソーシャルメディア運用を実施する際には、そのソーシャルメディアに掲載しているリンクが踏まれなければ、まったく意味がありません。

ではどうすれば踏まれるかを考えながら運用することで、いきなりではなく少しずつ向上していくようになります。

また、さらにはソーシャルメディアで言えば、都度都度効果的な投稿を行い続けるのも大切ですが、そのソーシャルメディア内で御社のブランドを確立するのも重要です。

ブランド力が高いアカウントであれば、その方が言うことであればと、多くの方がリンクなどをクリックしてくれますし、さらには信頼性も高くなります。

このように、どうすれば成果が出るのかをしっかりと考えて集客対策を行う必要があります。

成約率を向上させるには?

ホームページから成果を出すには集客だけで不十分です。

ホームページの成約率を高めて初めて期待以上の成果を発揮できるようになるのです。

そしてこの成約対策では、弊社の提案では、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を使ってPDCAサイクルを回し続けることになっています。

もちろん、予算をかけたくないと言う場合は、ホームページを制作時に用意したスタッフブログなどが対象でも問題ありません。

特に、多くの企業が気にされるのが、トップページになっていると思いますが、トップページよりも重要なのは下層ページです。

しっかりと下層ページをPDCAサイクルにより改善を繰り返すことで、期待以上の成果が出るようになります。

思い付きの対策は逆効果

しっかりと企画立案を行う最大の理由と言っても過言ではありません。

クライアントさまやWebサイト制作会社の勘や経験、思い付きで運用を行っても成果が出ないのですが、最悪のケースでは成果が落ちる可能性があります。

基本的には、しっかりと調査をし、そしてその調査結果を生かした、ホームページの制作と運営を行う必要があります。

確かに、過去の経験値は非常に大切です。

しかし、その経験値による回答は、御社にドンピシャかというと決してそうではありません。

この経験は、実は御社の業界以外にもさまざまな業界の経験から導き出されたものになっています。

BtoB企業に対してBtoCやネットショップなどのノウハウはあまり役立たないケースも多くあります。

そのため、絶対に勘や経験から対策を行うのではなく、しっかりと企画立案を行い、数値データをもとにした対策を講じるようにしましょう。

全体像や細部を企画で組み立てよう

ホームページは闇雲な制作や運営では絶対に成果を出せません。

では闇雲でなくすにはどうすれば良いかと言うと、ホームページを作る前の企画で全体像と細部を明確にしていくことが大切です。

企画が間違えていれば成果が出ないと思われるかもしれませんが、これまでの経験上で言えば、確かに間違えるケースはありますが、成果が出ないケースはありません。

そのため、企画をしっかりと立てて、ホームページを作るだけではなく、運営も考えることで、効率化を図れ、費用対効果の高い対策を打ち続けれるのです。

すでに公開されている方であっても、今から企画を立てて、その企画にのっとった対策を行い続けてたとしても、効果は必ず出せます。

ただし、すでに公開している場合は、少し作業量が多くなっていて、トップページなどの一般的にはWebサイト制作会社が用意するページなども対象になっています。

ホームページの効果は企画と企画に則ったサイト運営が重要になるので、とにかく作業をされている方は、一度企画立案をされてみてはいかがでしょうか。

また、当然ですが企画を立てるには、調査の実施が必須になっています。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP