大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

ページ数を増やしたSEO効果の結果

弊社ホームページでは、現在ページ数を増やしており、後100ページほどを増やして通常の運営スタイルに戻す予定をしております。

このページ数を増やす行動は主にトップページのSEO目的になっていて、とにかく弊社が狙うキーワードで検索したときに1ページ目に表示されているホームページよりもページ数を多くすることで、より詳しいホームページへと成長させるためのモノになっています。

そこで今回は弊社がページ数を増やした結果どのような効果を得たのかについてご紹介をいたします。

記事作成の効果

検索からの訪問者数

こちらは弊社のホームページの検索からの訪問者数になっています。

実際にトップページのSEOのためにこのページ数を増やすSEO対策を行っていたのですが、まだ3日目になっていますが、検索からの訪問者数が1日当たり20人ほど増え始めています。

もちろん、これらのデータは、まだ3日間なので、今後減っていく恐れはあると思いますが、弊社のこれまでの経験からは、SEO対策を行い続けている間はおそらくこれくらいの訪問者は集客できるホームページになったということができます。

ただ、現状での問題はトップページの検索順位になっており、トップページの検索順位は弊社が順位を計測しているキーワードにおいては、2ページ目から上がっていないので、取り敢えずはまだ目標ページ数に到達しておりませんので、その数値まで到達した段階で、上がっていなければ別の施策を、上がっていれば、現状のSEO対策を行おうと考えております。

目標ページ数

まず弊社が目標にしたページ数についてご紹介をいたします。

まずページを作成する際に目標となるページ数がなければ、いったいいつまでページを作成し続けなくてはならないかが見えてきません。

そのため、弊社では、弊社が狙うキーワードで、1ページ目に入っているホームページのページ数を【site:ドメイン数】で調査し、突出したページ数のホームページを除いた平均値を出し、そのページ数からホームページ内部のページ数を決定いたしました。

そしてその作業を現在行っておりますが、まだまだ目標ページには遠いものになっています。

1ページあたりの文字数

次に1ページ字あたりの文字数を検討しております。

こちらについては、大体ですが2,000文字以上と定めており、ただしどうしても書けない場合は、1,000文字以上としております。

この文字数については、グーグルはほとんど意味がないと言っているのですが、やはりすべての文字数が多いホームページも上がっているため、多少は文字数を意識しています。

この文字数についてはおそらくですが確かに短いページも上がっていることがあるので、もしかしたら不要になると思っており、文字数と言うよりもキーワード比率が関係しているのではないでしょうか。

ただ、キーワード比率まで最初の段階で調整するのも時間がもったいないので、現在は文字数だけを意識してどんどんページ作成をしており、ある程度目標のページ数に到達したらキーワード比率なども見て調整をしようと思っております。

リライトは追々

基本的に弊社の当ブログについては、公開時のリライトはしておりません。

その理由は、多少文章がおかしい箇所もあると思いますが、一読はしていてよほど読めないくらいの文章の場合はリライトはしているので、取り敢えずは綺麗なページを作成するよりも、現在はページ数を増やすことを意識しています。

そのため、目標ページに到達した段階で、再度ライバルサイトの平均ページ数を取り、その時に目標値をクリアーしていれば、週に1記事の公開とリライト作業を実施しようと思っております。

現段階については、画像なども上がっている場合と上がっていない場合があったり、上がっている場合もサイズ調整などをしていないので、グーグルのPageSpeed Insightsなどでも悪い評価になっていたりするので、リライトの段階でこれらを直すことで、ホームページの成果を大きく向上させようと思っております。

ホームページ制作後に行うのはページ作成

弊社は大阪にあるホームページ制作会社なのですが、これまでは結構バランスよく対策していきましょうとお伝えしておりましたが、この結果を見てまずはページ作成をライバルサイトと同じだけにして、その後ページ作成はライバルサイトよりも多い更新頻度で日課にして、被リンク対策を行いましょうと提案をする予定です。

基本的に例えばですが、2日に1ページを作成する際には、1年で約180ページになるのですが、この180ページを2日に一回の作業でやるのは相当大変ですが、一気に作成をしてしまい、すべて予約投稿をすれば良いと思っております。

そうすることで、更新頻度は高まりますし、また更新が止まることがないので、ライバルサイトよりも多くのページ作成を行うことが可能になります。

また、もしその2日に1ページの作成でもライバルのほうが更新量が多いようであれば、その時に予約投稿を使わずに記事を追加していくことで、ライバルよりも多くのページがあるホームページになってきます。

ポイントは予約投稿

現在のSEOにおいては、何が要因で上がっていくのかがはっきりと分かりませんが、基本的なことをしっかりと行い続けることが大切です。

もちろんSEO対策には被リンクもあるのですが、被リンクの前には、しっかりとページ数を増やす必要があります。

そして、ライバルサイトと同数以上のインデックス数にしていくことに加えて、更新頻度も大切になるので、これらを予約投稿を使って達成していくことで、期待以上のSEO効果を得ることが可能だと思っております。

現在のSEO対策は本当に難しいものになっているのですが、上がっているサイトの傾向としては、「極端に被リンク数の多いホームページ」あるいは「被リンク数とページ数のバランスが良いホームページ」になっており、爆発的に被リンクを獲得できるのであれば前者を、そうではないのであれば、後者を選択することが大切になっています。

ただし、ページ作成や被リンクにおいて、同じテーマのページ作成や同じテーマのホームページあるいはページからの被リンクにする必要はあります。

現在、SEO対策を行おうとご検討の方で、どうすれば成果が出るのかが分からないとお悩みの方は、ぜひ弊社のホームページからお問い合わせをお願いいたします。

TOP

ホームページ制作実績