大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

HP制作・運営
2017/3/23

成功するホームページと失敗するホームページの違い

現在、ホームページを制作あるいはリニューアルをお考えの方であれば、せっかく予算を掛けてHPを作成するのであれば、成功したいとお考えのことかと思います。

もちろん、ウェブサイト作成会社も、お客様のために、成功するホームページの提案と制作を行っていますが、実際には成功するHPと失敗するホームページができてしまいます。

今回は、これからHP制作をご検討の方向けに、成功するHP制作と失敗するホームページ作成の違いについてご紹介をいたします。

成功するかどうかはHP制作の前から決まってしまう

成功するウェブサイトと失敗するホームページの最も大きな違いは、webサイトを制作する前に、しっかりと企画を立てているかどうかになります。

どんなに優れたウェブデザイナーやwebディレクターに依頼を行ったり、非常に多くの予算を費やしてホームページ作成を依頼しても、ウェブサイトの企画がしっかりとしていないと、webサイトから成果が出ることはありません。

そのため、ウェブサイトを作成する前には、必ずどのようなウェブサイトを、誰のために制作するのか、検討しなくてはなりません。

成功するホームページ制作の特徴

成功するwebサイト制作の特徴をご紹介いたします。

得たい成果が明確

成功するウェブサイトは、ホームページを制作して、どのような成果を得たいかが明確です。

得たい成果とは、単に「商品やサービスを紹介するウェブサイトを作成し、お問い合わせや資料請求が欲しい」や「ECサイトを構築し、商品を売りたい」とするのではなく、「サービスの○○という特徴から、△△でお悩みの方向けに、××などのコンテンツを閲覧してもらい、競合他社との優位性からお問い合わせを行ってもらう」などの訪問者がお問い合わせなどを行ってくれる動機も含んだものになります。

得たい成果に動機を含ませるためには、以下のことを検討しなくてはなりません。

ターゲットユーザの設定

ターゲットユーザがどのような人なのかを明確にします。
例えば、年齢や職業、職種、趣味、悩みなど、できる限り具体的なターゲットユーザを設定します。

ウェブサイトが与えるイメージ

ホームページがターゲットユーザにどう思われたいのかを検討します。
その際には、自社の特徴やサービス・製品などの特長と紐づけて検討することが重要です。

一番伝えたいポイント

ウェブサイトで何を一番伝えたいかを検討します。
この一番伝えたいポイントを明確にせずに、ホームページ制作を行ってしまうと、特徴がなく競合他社と差別化がされていない、単に製品やサービスを紹介しているだけのwebサイトになってしまいます。

集客法を検討している

ホームページは作成しただけで、自然と訪問者が集まるのではなく、集客対策を行って初めて見込み顧客が訪問してくれます。

そのため、どのような方法で、訪問者を集めるのかを検討しなくてはならず、SEO対策やソーシャルメディアの運営、リスティング広告などの集客ルートを明確にすることと、具体的な対策法まで検討しておかなくてはなりません。

ホームページの運営計画がある

ウェブサイトを制作する前から、具体的な運営計画を立てることで、計画立ててwebサイトを成長させることが可能です。

運営計画を立てずに、HPを作成し、公開したとしても、ほとんどん更新がされないウェブサイトになってしまったり、更新することが目的になり、質の低いコンテンツを多く作成するウェブサイトになってしまいます。

失敗するホームページ作成の特徴

失敗するwebサイト作成の特徴をご紹介いたします。

ホームページ制作を任せきりにする

最もよくある失敗するウェブサイトの特徴としては、ホームページ作成をウェブサイト制作会社に丸投げしてしまうことです。

webサイト制作会社は、ウェブサイトの作成に対して様々な知識を持っていますが、御社の業界についてや御社の特徴については、ヒアリングだけでは十分に知ることができません。

そのため、丸投げをされてしまった場合は、一般的なコンテンツしか制作することができず、御社の特徴や魅力を十分にユーザに伝えることができるコンテンツ作成ができなくなってしまいます。

そのため、webサイト作成をご検討の方は、丸投げではなく、HP制作会社と一緒になって、ウェブサイトを作成していくようにしなくてはなりません。

ホームページの更新が片手間になる

多くの中小企業のウェブマスター様は、通常業務と兼任して、webサイトの担当者も行っているため、ある程度意識しながらHPの更新時間を確保していかなくては、次第に更新が行われないwebサイトになってしまいます。

ウェブサイトの成功において、最も重要なのは、webサイト運営を計画通りに行っているかどうかであるため、片手間にならないよう運営を行っていく必要があります。

更新後に確認をしない

ホームページに誤字や脱字が多いと、訪問者は不信感を持ってしまい、そのウェブサイトに掲載されている内容が本当かどうかの疑いを持ちます。

そのため、どんなに忙しい時でも、ウェブサイトの更新を行ったら、必ず確認作業を行い、誤字や脱字、画像のズレなどがあった場合は、すぐに修正しなくてはなりません。

このページのトップへ