サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

Webサイト制作会社の提供価格が異なる理由

Webサイト制作会社の価格が違うわけ

弊社は、大阪の小さなWebサイト制作会社で、お客さまに提案を行い、弊社の価格は大阪の他社と比べて高いですか?とお聞きしたら、基本的には大体がどこも似たような価格で提出されていますが、まれに非常に高かったり、安かったいケースがございます。

この価格の違いは、作業工数が違い、高い会社はそれだけ多くの作業を行っていて、安い会社や個人は作業効率を最適化、またはできる範囲が少ないので、短い時間で作業工数が少なくホームページを制作できます。

ではもう少し具体的に、なぜこんなにも価格が違うのかについてご紹介をいたします。

規模や複雑さ

規模と複雑さ

Webサイト制作会社ごとの価格の違いではありませんが、何ページ提案されたかも重要です。

基本的には、作業時間×人件費でお見積書を作成していますが、規模が大きければ大きいほど、作業時間がかかります。

また、人件費については、もちろん職種ごとの差はございますが、もっとも大きな人件費の違いは、複雑なお客さまの要望に応えるために高いノウハウが必要な技術を駆使している箇所は少しだけ人件費が上がり、逆に一般的に普通に行える作業は一般的な人件費になっています。

そして、高い技術レベルが要求されればされるほど、複雑な箇所が多く、当然その箇所の作業を行う時間だけ人件費が高くなります。

そのため、シンプルであればあるほど、総額を抑えれるようになっていて、逆に複雑な箇所が多いと全体的に人件費が上がり、見積書の総額が高くなってしまいます。

ヒアリングで異なるケース

ヒアリング内容で異なる

実際に、明らかに競合他社の費用と異なるケースがございますが、この場合に、詳しくお話を聞いてみると、Webサイト制作会社ごとに初回お打ち合わせの担当者が違っていたと言われた経験がございます。

この場合、まったく話している内容が異なり、それぞれの会社でヒアリング内容から提案書と見積書を作成しているので、当然金額が大きく異なるケースがございます。

これは規模や複雑さは関係が無く、提案内容がまったく違うため、そのような事態が発生してしまい、基本的には初回ヒアリングの担当者は、どの会社に対しても同じ担当者での対応をおすすめします。

そして、もし予算が決まっている場合は、その予算も、どの会社に対しても同じ金額を伝えることで、純粋な提案の質を判断が可能になり、より良い発注が行えます。

基本的には、提案内容については、もちろん金額差なども発注検討で、重要な要素ではございますが、しかしどうせホームページを制作するのであれば、成果を出すのが最重要と思いますので、可能な限り御社の要望は統一して伝えるようにしなくてはいけません。

一般論

一般論

Webサイト制作会社ごとに費用が異なる理由で、大きな影響を与えるのが作業工数の違いです。

以下で、大手と中小、個人の3つに分けてご紹介しますが、あくまで一般論としてご確認ください。

大手

大手に依頼したときにかかってくる費用は以下です。

  • 調査と分析
  • ホームページ制作
  • 集客構造の明確化と対策
  • 成約対策
  • イラストと写真、動画
  • 原稿
  • 運営と保守
  • 経理や総務

一般的には、ホームページ制作に関わるすべてを提供してくれていて、依頼をして費用さえ支払えば、基本的にはすべての作業を大手が主導で行ってくれます。

そのため、その作業工数は非常に多いものになっていて、中小や個人と比較をしても、倍以上になっています。

また、当たり前ですが、会社であれば、経理や総務など、お客さまの作業に無関係な方の人件費も含まれています。

中小

中小に依頼したときにかかってくる費用は以下です。

  • 調査と分析
  • ホームページ制作
  • 集客構造の明確化と対策
  • 成約対策
  • 運営と保守
  • 経理や総務

基本的には、あまり見ないのが写真と動画、イラスト、原稿までを用意できる中小になり、ここは外注対応が一般的です。

ただし、成果を出したいと考える中小のWebサイト制作会社が非常に多く、もちろん原稿の質にもよりますが、一般的には優れた文章は不要で、ユーザーが見たときに読みやすく分かりやすい文章を心がけるだけでも十分に成果を発揮します。

上記同様に、会社であれば、経理や総務など、お客さまの作業に無関係な方の人件費も含まれています。

個人

最後に個人に依頼したときにかかってくる費用は以下です。

  • ホームページ制作
  • 運営と保守

基本的には、ホームページ制作以外は提供しておらず、行っていたとしても、運営や保守どまりと思います。

もちろんですが、個人の方でも、調査や集客、成約について非常に詳しく、そしてお客さまを成果へと導く方もいらっしゃりますが、実際に弊社はパートナー会社を募集していて、そこまで注力される方は珍しいと思います。

そのため、個人の方に依頼する会社は、どのような強みがあり、どのような弱みがあるのかを明確にしたうえで、御社の目的を達成できるかどうかを判断しなくてはいけません。

安くならノーコードツール

ノーコードツール

上記が費用が異なる最大の理由です。

大手が一番作業量が多く、個人が一番作業量が少なく、当然大手であればあるほど、総額が高くなります。

そして実際に、弊社は大阪の小さなWebサイト制作会社が、弊社は大体、大阪のホームページ制作費の相場ぐらいになっています。

そして、実際にお問い合わせをいただいたときに、大体で良いけれども、費用としていくらかかるのかと聞かれて、提案前で、非常に言いづらいですが、一般的に言えばですが、70万円から130万円の間になるとお伝えしたら、30万円から50万円と思っていたと言われます。

もちろん、作業工数を減らせば実現が可能ですが、しかし、それではお客さまの目的達成が非常に難しいため、このキーワードで検索して探してみてはいかがでしょうかとお伝えしています。

そして中には、10万円前後と考えの方もいらっしゃり、このような方は、恐らく受けてくれるWebサイト制作会社はないと思うので、その場合はノーコードツールと言う技術がなくても簡単にできるツールの利用をおすすめします。

ノーコードツールで有名なのが、ワードプレスWixSTUDIOGoopeになり、これらのツールを利用すれば、まったく知識がない方でも、短時間でホームページを制作できます。

ただし、集客や成約は、やはりプロに任せる方が効果を発揮できるので、例えば、URLが掲載されたチラシを配布したいや、イベント用だけに利用するのが良いでしょう。

ホームページ制作価格の違い

ホームページ制作価格の違い

上記がホームページを制作する際に、提供価格が異なる理由です。

基本的には、大手であればあるほど価格が高くなり、小さい会社や個人であれば、総額は下がりますが、しかし自社の作業量が大きく増えます。

もちろん、徹底して成果を求め、自社で一切運営を行わないのであれば、大手への依頼がおすすめですが、成果とコストのバランスを見たときに、自社で運営をしても良いと言う場合は、大手では費用がかかりすぎるので、中小以下への依頼がおすすめです。

また、個人については、基本的には、知識がある方や成果をそれほど求めていない場合がおすすめで、もちろん個人でも成果を追求する方もいらっしゃいますが、探すだけの知識がない場合は、法人への依頼が無難でしょう。

上記を参考に、自社が求める成果と作業量をベースに、適切なWebサイト制作会社に依頼をしてみていはいかがでしょうか。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP