大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

トップページのSEO

トップページSEO

現在、トップページのSEOについて調べるために、グーグル検索を行うと、多くのWeb制作会社が「トップページのSEOにこだわると集客に失敗する」というブログ記事を公開しております。

確かに、弊社のWeb制作実績からも、トップページのSEOにこだわり過ぎているホームページは、SEOで失敗してしまうケースが多いと思うのですが、実際にお客さまとWeb制作の打ち合わせをすると、多くのお客さまがトップページのSEOにこだわっているように感じます。

そのため、弊社ではこのトップページのSEOにこだわった提案をしており、弊社のWeb制作実績においては、多くの会社さまが狙ったキーワードでトップページの検索順位を10位以内としております。

トップページのSEOにこだわらない

トップページのSEOが重要なことはもちろんなのですが、トップページのSEOを行うにしても、基本的にはトップページのSEOにこだわらないことが大切です。

どういうことかと言うと、グーグルなどの検索エンジンは「検索エンジンユーザの検索キーワードに対して最も詳しいホームページを上位表示させている」ため、トップページ以外の中ページを充実させることによって自然にトップページの検索順位を上げることが重要になっております。

これが恐らく他のWeb制作会社が言っているトップページのSEOにこだわらないというポイントになっており、基本的には中ページを充実させることによってトップページのSEOとしなくてはなりません。

ただし、唯一の問題点としては、中ページを充実させることによるトップページのSEOは、中ページのページ数が本当に多くなるため、そこそこの時間と労力が必要になるという点があります。

では、まずは、トップページのSEOとして、効果が出ない対策法についてご紹介をいたします。

下記でご紹介する対策を現在検討中の方は、弊社のこれまでの経験からは意味がない、あるいはリスクが大きすぎると思いますので、別の対策を検討されることがオススメです。

文字数を増やしても無駄

トップページのSEOでよくある間違いとして、トップページの文字数が多ければSEO効果が出るという情報がありますが、こちらは残念ながらまったく効果がありません。

現在、弊社が把握しているだけでも、以下のコンテンツをグーグルは認識しており、実際にはもっと細かく見ているかもしれませんが、あくまで弊社が現状で把握しているのは以下の5コンテンツになっております。

  • トップページ
  • カテゴリーの一覧ページ
  • 商品・サービス詳細
  • スタッフブログの記事詳細
  • 新着情報詳細

そして、それぞれのページに対して、グーグルは、「このページは文字数が関係ない」や、「このページは文字数が多いほうが上がる」、「このページは文字数が少なくても良い」などのように、正確には異なりますが、基本的には振り分けを行っていると認識して良いと思います。

トップページについては、実は文字数は関係がないと判断されており、実際に弊社で昔5,000文字のページを10,000文字まで増やしてみたのですが、一切検索順位が変わらない結果となっておりましたし、さらには10,000文字のページを現在のトップページの4,000文字まで減らしても検索順位は変わっておりません。

ただし、文字数は関係がないのですが、それぞれのコンテンツに対してオリジナルテキストが存在していることは重要視されており、どのコンテンツであったとしても、しっかりとそのページ固有のオリジナルテキストを配置させることが重要になっております。

また、文字数が関係ないからと言って、10年以上前によくあった100文字程度のトップページはリスクが高いと考えており、御社が狙う検索キーワードで1位から10位のホームページの文字数を計測して、もっとも文字数の少ないページよりも多い文字数を、もっとも多い文字数のページよりも少ない文字数でトップページの原稿量を定めることが大切になっております。

リライトも意味がない

トップページのSEOが大切だからと言って、トップページの原稿をコロコロ変更しても、効果を得ることは難しくなっております。

と言うのが、このリライトには一つ大きなポイントがあり、それはソースコードがどれくらい変更されたかの割合も大切になっているので、単純に1行の文章を変更しても、まったく意味がありませんし、大幅に変更しても基本的にはトップページの流入キーワードは変わるかもしれませんが、狙ったキーワードで上位表示は難しくなっております。

そのため、弊社のこれまでのSEOの結果で言えば、このトップページのリライト作業も行うだけ時間の無駄に終わることが基本的で、SEOに注力するのであれば、別の対策を行われたほうが成果を得る可能性が高まります。

被リンク対策はリスクが大きい

従来のSEOでは、トップページで上位表示を行いたいと考えたときに、トップページに被リンクを集中砲火させるというやり方があったのですが、これは現在のSEOにおいてはスパム行為になっており、良くて被リンクの無効化、運が悪いと手動あるいは自動ペナルティーを受けてしまい、検索結果ページからトップページが除外される結果となってしまいます。

また、被リンクに頼ったSEOを行い、現在も上位表示しているホームページも稀に見かけますが、そのようなホームページは基本的には検索順位が安定しておらず、昨日は1ページ目に表示されているけれども、今日は圏外と言うように非常にばらつきのある検索順位になっております。

そしてさらには、現在のグーグルはどんどんスパム行為を見破るようになっておりますので、近い将来、この被リンクに頼ったSEOを行っているホームページは、すべて圏外に飛ばされる可能性がありますので、トップページで検索順位を上げたいからと言って、闇雲にトップページへの被リンク数を増やすという対策はオススメいたしません。

トップページのSEOで成功する方法

上記がよく言われている間違えたトップページのSEOになりますが、実際に上記のような対策では、仮に今、検索順位が上がったとしても、中長期的な上位表示を行うことはできないと考えております。

では、どのようなSEOを行えば、狙ったキーワードでトップページが中長期的に上位表示できるのかについてご紹介をいたします。

不要なタグの削除

まず初めに、ホームページのソースコードを開き、不要なタグがないかを確認します。

この不要なタグが多いと、グーグルが間違ってトップページの情報を認識してしまう恐れがあるので、そのようなリスクを回避することから始めます。

この不要なタグについては、HTMLだけではなく、CSSやJava Scriptなども含んでいるため、基本的にはWeb制作会社でなければ対応が難しくなっていると思います。

そのため、お客さまが行う不要なタグの削除では、HTMLファイルにある無駄な改行やスペースを削除したり、head内に記述された不要なファイルの削除になっております。

ただし、この無駄な改行やスペースの削除については、Web制作会社の運営を考慮して、Web制作会社が運営しやすいように削除することが重要になり、無駄なスペースや改行を行うよりも、Web制作会社が行うトップページの改定の方が効果を出すことが可能になります。

新規ページの作成

継続して新規ページの作成を行い続けます。

この新規ページの作成はSEOの基本になっており、本気でSEOに取り組まれている会社さまでは1日1記事以上の公開を行っております。

そして公開するページについては、基本的にはユーザが見たときの質が重要になっていて、この質の高い記事を公開し続けることによって、御社のホームページは自然と検索エンジンから良質なホームページと認識されるようになり、当然ホームページが優れているのだからトップページも優れていると認識されるようになり検索順位を高めるのです。

ただしその際に注意点が1点あり、それは作成する記事ページは必ず御社がトップページで上位表示したいキーワードに関連する内容で原稿を作成しなくてはなりません。

ここで自分の趣味が釣りだからと言って、釣りについての記事を書いても、確かに【釣り】では検索順位が上がるかもしれませんが、御社のビジネスに関連するキーワードで上位表示はできませんので、必ずビジネスに関連する内容に限定した新規ページの作成をお願いいたします。

既存ページのリライト

現在のSEOはリライトが必須になっているため、ある程度新規記事が作成できれば、作成した記事のリライトを行っていきます。

このリライトを行うことで、その記事ページ自体のSEO効果が高まり、自然とトップページの評価も高めることが可能です。

ただし、実際に現在、弊社ではこのリライト作業を行っているのですが、リライト前よりもリライト後の方が質を高めなければならないので、本当に多くの時間が必要になっております。

また、リライトを行うページについては、グーグルアナリティクスグーグルサーチコンソールを利用する、さらには自分自身の考えで目視でリライト対象のページを選定するようにしましょう。

多少の被リンク

最後に多少の被リンク対策を行います。

この被リンクは、企業情報を登録できるホームページと、御社のビジネスに関連するホームページからの被リンクを行います。

Web制作会社の理想としては、この被リンクが無くてもSEOで成功させたいと考えておりますが、しかし実際には被リンクがまったくないホームページは上位表示ができなくなっておりますので、最低限の量の被リンク対策をお願いしております。

また、ここでいう被リンクは、トップページへの被リンクに依存するのではなく、トップページが2割で最も多いとしても、残り8割は中ページへの被リンクを行うことで、スパムになりづらく、本当に中長期的に上位表示ができるSEOとなるのです。

正しいSEOの継続がトップページSEOの成功のカギ

現在のトップページのSEOは、確かにテクニック要素もあるのですが、テクニック以上にユーザのために新規ページを作成をし続けることが重要になります。

現在のSEOにおいては、1ページ目に入らなければ、ほとんど訪問者数を獲得できないことや、1ページ目でも5位以下では期待通りのSEO効果を得ることはできない事例が多くあります。

そのため、弊社ではSEOの目標順位は、5位以内と定めており、SEOで5位以内に入るためには、ホームページ全体をユーザのために制作をしていくことが必要になっており、これらを徹底して行って初めてホームページはSEOで成果を出せるようになるのです。

これらを忘れずに、上記以外の対策でも問題はありませんが、しっかりとユーザのための新規ページ作成やリライト、そして被リンクを行うことで、時間はかかりますが、必ずトップページのSEOで成果を得ることが可能になります。

そして、この成果がいつ出るかについては、SEOにはライバルが存在しているため、はっきりとは申し上げることができませんが、一般論で言えばですが、SEO開始から最大2年で成果を出すことが可能です。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績