HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

トップページのSEO!検索順位を上げるにはホームページ全体の評価を高める

トップページのSEO!検索順位を上げるにはホームページ全体の評価を高める

トップページのSEOは、昨今はあまり発言するウェブマスターさまはいませんが、検索順位への意識が重要な要素であるには変わりありません。

実際に、これまでのホームページ制作経験で言うと、トップページのSEOで成功している企業ほど高い成果を発揮しているのです。

では、どのような対策を行えば、検索順位が高まり、高い成果を発揮できるかについてご紹介をいたします。

トップページSEOが難しい理由

トップページSEOが難しい理由

トップページSEOで検索順位を上げることは、非常に難しくなっています。

実際、当社ホームページ制作では、下層で上位表示を狙いますが、最終的にはトップページで検索順位を上げることを目標にしています。

しかし、下層であれば、それほど難しくはありませんが、トップページは非常に難しいように感じます。

その理由は、現在の検索エンジンは、検索キーワードに対して、最適な回答を行っているウェブページの順位を上位に表示しています。

当社であれば、【ホームぺージ制作 大阪】がトップページで上位表示を狙うキーワードになっていますが、【ホームぺージ制作 大阪】に対する適切な回答とは何か分かりません。

さらに、実は、【ホームぺージ制作 大阪】で検索して上位表示を実現しているホームページと当社サイトを見比べても、それほど内容に変わりがありません。

また、被リンク本数だろと思う方もいるかもしれませんが、現在のSEOにおいては、実は被リンク本数は重要視されていません。

実際に、【ホームぺージ制作 大阪】で上位表示を実現しているホームページの被リンク本数を調べると、多いケースもありますが、圧倒的に少ないホームページも上位表示ができています。

そのため、トップページSEOで成功して、検索順位を上げることは非常に難しいものになっています。

ただ、当社ホームページ制作実績を見ると、実は、トップページSEOで成功している企業が多くなっています。

では、これらのホームページが、どのようにして成功をしてきたかをご紹介します。

トップページSEOで検索順位を上げる方法

トップページSEOで検索順位を上げる方法

トップページSEOで成功させるには、かなり大変な労力を伴うと理解をしましょう。

その上で、当社ホームページ制作実績の企業さまに行っていただいているトップページSEOで上位表示を行う対策法をご紹介します。

トップページの内容

トップページの内容が見やすく分かりやすいかを確認しましょう。

昨今のホームページ制作のSEOにおいては、内容はそれほど関係がないと思われます。

もちろん、関係がないからと言って、上位表示を狙うキーワードと関係がない情報を掲載してはいけません。

基本的には、上位表示を狙っているキーワードについて、詳しく作成していれば、文字数やコンテンツ内容についてはそれほど問われていないように感じます。

実際に、上位表示しているホームページを見ていると、コンテンツがほとんどなく、画像ばかりのホームページも上位表示をしております。

そのため、検索キーワードを定め、ユーザーを第一に考えて、訪問者が魅力的で見やすいトップページ作成に全力で取り組めば問題ないと思っております。

ちなみにですが、最近はあまり言われなくなったと思いますが、トップページSEOのために、コンテンツ量を増やされるケースが多くありました。

これはまったく意味がなく、実際に当社サイトにおいても、文字数を2,000文字から10,000文字に増やした経験がありますが、その効果は0と言っても過言ではありません。

そのため、本当にユーザーにとって役立つコンテンツ配置だけを行い、文字数は特に意識する必要がありません。

上位表示を狙うキーワードの下層数

トップページで上位表示を狙うキーワードに関連する下層数がもっとも重要です。

例えば、当社であれば、【ホームページ制作 大阪】ですが、【大阪】は対策が取れないため、【ホームページ制作】に関連するページ数を意識します。

現在の主要な検索エンジンになるグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングは、検索キーワードとの関連性を見ています。

下層であれば、ドンピシャの回答が行えますが、トップページは行えません。

ただ、実は、検索エンジンは、トップページを認識していて、ホームページ全体で、検索キーワードに対して、どれくらい詳しいかが測定されています。

もちろん量がすべてではありません。

現在では、下層の質が見られており、質が低いとプラスにならず、最悪マイナス評価を食らっている事例もあります。

そのため、良質な下層をしっかりと作り続ける、さらにはそれがトップページのSEOキーワードに関連していることで、上位表示が可能になっています。

当たり前ですが、ニーズが同じページを量産しては、絶対にいけません。

例えば、「ホームページ制作勉強法」というタイトルがあれば、「Webサイト作成学習法」は単語こそ違いますが、ニーズが同じになってしまいます。

これまでのホームページ制作経験で言えば、ニーズが同じページ数が多いと、検索順位が上がらなくなっています。

これらを回避してしっかりとページ数を稼いでいくことで、効果は高くなり、検索順位を高めれるようになっています。

内部リンク価値の向上

当たり前の話ですが、下層が作られていく度に、トップページへの内部リンク数が増えていきます。

ただ、一般的に内部リンクを行う箇所は以下の3点だと思います。

  • ヘッダーのロゴ
  • パンくずナビゲーション
  • フッターのロゴ

ヘッダーやフッターは、全ページ共通箇所であり、いくらページ数が増えても、実は1つとして認識されています。

パンくずリストはパンくずリストであると認識されているため、こちらも1つとして認識されていると思います。

さらには、検索エンジンは、1ページに同じページへの内部リンク数を2つも3つも設置しても、1つとして認識してきます。

そのため、もしヘッダーとパンくずリスト、フッターに内部リンクがあったとしても、実は内部リンク数は1つになっています。

ただ、内部リンクの効力の問題があります。

当然、関連した良質なページ数が多いヘッダーなどの内部リンクの方が、効果を発揮できるようになっています。

そのため、下層が良質であればあるほど、実はトップページも引っ張られて検索順位が上がりSEOで成功させれるようになります。

被リンク本数

外部サイトから被リンクを得ることも大切です。

ただし、ここでは闇雲に自分でアメブロやライブドアブログ、note、はてなブログ、楽天ブログなどを開設して、適当に記事を書いて、被リンクを行っても意味がありません。

現在の検索エンジンは、自演系被リンクを見破るのが非常に上手くなっていて、まったく効果がないとは言えませんが、しかしある日突然見破られてしまいます。

見破られてしまうと、当然すべての被リンクが無効化されてしまい、ある日突然、検索順位が一気に下がります。

では、どのようにして、被リンク本数を集めれば良いかと言うと主に3点あります。

まず1点目は、〇〇企業一覧への掲載になっています。

昨今、多くの企業が、例えば、「大阪のコーポレートサイト制作が得意な企業一覧をご紹介」などのページを作成しています。

この一覧に自社サイトが掲載できるようにすることで、トップページへと被リンクを集めることが可能です。

もちろん、これらの記事は、大阪のホームページ制作会社一覧であれば、【ホームページ制作 大阪】で上位表示ができなくてはなりません。

ただ、「工務店サイトを作るのが得意な会社一覧」などのタイトルもあり、実は下層をしっかりと被リンクを検討して作成すれば、獲得できるようになっています。

次に、はてなブックマークを利用しましょう。

はてなブックマークは、基本的には10ブックマークがなければ、被リンク効果はありませんし、自演系はスパム行為になりアカウントバンを食らいます。

そのため、集めるのは非常に難しいですが、はてな曰く、自社サイトであったとしても、全ページに1ブックマークであれば問題がないと発言されています。

この1ブックマークを行うことで、実ははてな検索に御社サイトが表示されるようになっています。

これは地味に大切になっていて、意外とはてな検索を利用するユーザーは多くいます。

さらには、はてな検索を利用しているユーザーは、はてなブックマークを開設していて、多くのはてなブックマークが獲得可能になります。

最後に、国が運営するgo.jpドメインのホームページに登録しましょう。

基本的には、国が運営するホームページは、トップページへのリンクを行ってくれ、さらには、国が運営するホームページからの被リンクは価値が高いと言われています。

実際に当社が把握している数としても、10前後になり、それほど多くありませんが、しっかり登録しておくことで、トップページへの被リンクが獲得可能です。

そうして、被リンク本数が増えれば、当然検索順位も高まり、期待通りの効果を得ることが可能です。

トップページ以外でSEOを行う

トップページ以外でSEOを行う

当ページのテーマは、トップページSEOではありますが、トップページの検索順位に、こだわり過ぎないように気を付けましょう。

確かに、トップページがSEOで成功したときの成約数は凄いです。

ただ、決して簡単に上位表示ができるものではなく、日々のサイト運営の結果、自然と上位表示ができたと言うのが一般的です。

そのため、これからSEOを実施される方は、まずは下層ページのSEOに全力で取り組むようにしましょう。

下層ページを上げるには、ページ数や価値の高いページ作成が求められています。

そのため、実は下層ページで成功しているページ数が多ければ多いだけ、自然とドメインパワーが強化され、トップページSEOでも成功するのです。

トップページSEOだけ狙うのは、基本的には被リンクの数と質が重要になり、相当な労力が必要なので、まずは下層ページのSEOを行うことが重要になっています。

当社ホームページ制作ではトップページSEOがミッション

ホームページ制作ではトップページSEOがミッション

当社ホームページ制作では、基本的なSEO提案としては、下層SEOを実施していただいています。

ただ、あくまで最終目標はトップページのSEOで成功させることになっています。

その理由は、当社にご相談いただく企業さまは、100%何かしらの成果を求めています。

そして、大企業であれば、ある程度自社内でホームページの告知方法が明確に定まっていたり、ページ数も膨大であり、トップページSEOは特に気にしなくて良いでしょう。

ただ、中小企業さまにおいては、ホームページを制作しても、集客ルートが見当たらず、SEOに頼るしかないと言うケースがほとんどです。

そういった場合に、もちろん下層でSEOを実施し、上位表示を行うことで、少しずつ見込み顧客を集めるのも大切ですが、やはりトップページのSEO効力は捨てれません。

そのため、当社ホームページ制作では、トップページSEOがミッションになるケースがほとんどで、そのために実施しているのが上記対策です。

下層ページで着実に上位表示を狙い続けていれば、必ずトップページの検索順位も引っ張られます。

もちろん、2,3ページほどが上位表示できたくらいでは効果が出ませんが、数が多くなってくれば非常に高い成果を得れるのです。

ぜひ、これからホームページを制作し、トップページをSEOで成功させたいとお考えの方は、下層のSEOで成功させるようにしましょう。

当社ホームページ制作でよくあるのが、3ヶ月から1年を想定し、年間のサイト運営スケジュールを立てるのが一般的で、ぜひ御社も1年間のサイト運営スケジュールを立てましょう。

そうして、着実に下層で成果を出していると、必ず御社のトップページSEOは成功するようになっています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP