大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

トップページの文字数とSEO

先日、と言ってもかなり前ですが、弊社ではトップページのリニューアルを行いました。

この文字数を増やした目的は、主にSEO対策になっており、SEO対策では文字数が多いほうが有利であるという情報を信じて、SEOを実施いたしました。

基本的にグーグルは検索エンジンロボットを使って、そのウェブページに掲載されている情報がユーザの検索ワードに対して詳しいかで上位表示を決定しているため、単純に文字数を増やせばより詳しいページになるという考えになっております。

そのため、弊社ではトップページをリニューアルして、検索順位を向上させようとしたのですが、結果は非常に残念なものになっておりました。

そこで今回は、トップページの文字数とSEOについて、弊社のトップページリニューアルを行った結果どのようになったのかについてをご紹介いたします。

トップページの改定内容

弊社では、SEO対策を行うにあたり、トップページのリニューアルを実施いたしました。

このSEO対策では、もちろんタグを最適化するという点もあるのですが、最も大きなSEOの要因としては、弊社が狙っているキーワードで1ページ目に表示されているホームページの文字数を調べると、もちろん中には10,000文字近いホームページもありましたが、大体5,000文字が多くあったので、リニューアル前のホームページの文字数が1,000文字になっていたので、それを5,000文字まで増やすリニューアルを行いました。

もしグーグルが文字数を見ているのであれば、4,000文字も増やしたのだから必ず順位は上がると考えていたのですが、実際には順位が上がるということはなかったのです。

後から知ったがグーグルはトップページを認識できている

この文字数を増やしたことにより、SEO効果が出なかったので、弊社ではなぜ効果が出なかったのかを検討いたしました。

そしてツイッターやグーグルなどで検索を行っているとある一つのページを見つけることができたのですが、そのページには、グーグルの公表がまとめられており、「グーグルは、トップページと商品ページ、カテゴリーページ、記事ページ」をそれぞれ認識しているという記述があったのです。

そしてそれぞれの目的に対して、最適なウェブページを表示させているとのことですので、トップページの文字数は確かに、上位表示しているホームページと合わせることはリスク回避のために大切だとは思いますが、トップページは企業の顔、ホームページの入り口としてのページなので、今回のリニューアルから判断するにそこまで文字数に影響はないようです。

多くの方がトップページを狙ったキーワードで上位表示したいと思いかと思いますが、その際にはトップページの文字数を増やしても狙ったキーワードでの上位表示は実現ができないものになるので、無駄に10,000文字のページにしたりする必要はなく、1ページ目にあるホームページと文字数を合わせる程度で考えて良いと思います。

この1ページ目のホームページに文字数を合わせることも、弊社がそうだったように、ほとんど効果が無いものになっており、あくまで保険的に考えていくことが良いでしょう。

トップページを上げるにはどうすれば良いのか

では、文字数がまったく意味がないのであれば、トップページはどうすれば上位表示を実現できるのでしょうか。

このトップページのSEOは、弊社がこれまで多くのSEOを行ってきた結果として、非常に難しいものになっておりますが、主に以下の対策になってくるのではないかと思っています。

強力な被リンク

まず初めに非常に価値の高い被リンクを行うか、あるいは価値はあるけれどもその価値が低い被リンクを大量に増やすかになります。

実際になぜこのように考えるようになったかと言うと2点あり、1点目が弊社のクライアントさまで、ホームページの更新などは一切行っていないが、加盟している非営利団体からの被リンクが多いホームページが上がっているためです。

非営利団体からの被リンクは、非常に効果的なものであると言われており、さらにはその非営利団体からの被リンクのテーマが自社のテーマと合致すると、非常に価値が高いものになります。

弊社のクライアントさまでは、しっかりと加盟している非営利団体からリンクを獲得しており、これだけでその他の作業を一切行わずに上位表示をしております。

こちらのクライアントさまが行っているのは、フェイスブックの運営だけになり、さらにはそのフェイスブックも自社のビジネスと関係が無い情報で更新をしているので、おそらく間違いがないと思われます。

次に価値の低いリンクを確実に増やしているホームページが上がるというのは、実際に御社が狙っているキーワードで検索を行って上位表示しているホームページを見れば分かると思います。

これらで上位表示しているホームページは、実際に弊社の被リンク数と比べても、多いホームページで1万くらい、少ないホームページでも2倍程度の被リンク数を獲得しており、これらの被リンク元のホームページを見てみると、自作自演などによって獲得した被リンクになっているのです。

そのため、この価値の低い被リンクであっても、同じテーマであればそれなりに効果が出るものになっており、これらをしっかりと行うことで、そのホームページの成果は最大化されると思います。

継続した新規ページの作成

次に継続した新規ページの作成が効果的なものになります。

トップページとは関係が無いのですが、しかし実際に弊社のクライアントさまで、1日1記事をルール化して、一切被リンク対策を行っていないホームページが、さまざまなキーワードで上位表示を行っているのです。

そのホームページの凄い点は、一切被リンク対策を行っていない点になっており、自然に付いた被リンクが5本程度しかないのにここまで効果を出せるのは非常にレアナケースではないでしょうか。

そしてこの自然についた被リンクも、ある一般的に流通されている商品を公開しているホームページになるのですが、ある商品の価格が少し上がったや下がっただけの情報を毎日更新しているだけで上位表示ができているので、ほぼ理想のホームページ運営が可能であると思われます。

ただしやはりホームページ運営効率を考えると、強力な被リンクがあるほうが良く、強力な被リンクがあるとホームページの更新をほとんど行わなくても成果を出せるのに対して、こちらは毎日10分程度の作業にはなりますが、ページの記事作成を行わないといけないので、新規ページの作成は被リンクよりも効果が弱いことが推測されます。

既存ページの改定

現在公開しているウェブページの情報量を増やすことを意識して、原稿のリライトを行うことも大切です。

ただしこのリライトについては、数点注意点があり、直帰率や平均滞在時間が短いページの改定をして、数値を正常化させること、改定前後で、文字数を減らさないようにすることが大切になります。

グーグルは、文字数をそこまで意識はしておりませんが、ブログなどの記事ページについては、実際に文字数を増やすだけで順位が高まることや、商品詳細ページやカテゴリーページなどについては最低限のオリジナルテキストを入れることを推奨しているので、これらをしっかりと行うことで、ホームページの成果は最大化されるのです。

滞在時間や直帰率を改善することがSEOに効果があるかどうかは、グーグルは否定しているので、難しいものになりますが、しかししっかりと行っていくことで、仮にSEO効果が高まらなくても、ホームページの成約率が大きく向上するので、ホームページの目的達成には飛躍的に近づいていきます。

基本SEOの実施

こちらは、ホームページ制作会社が必要になるので、対策には予算が掛かりますが、基本的なSEO対策を行うことで、ホームページにあるすべてのページのSEO評価を微増させることが可能です。

この基本的なSEOについては、ホームページ制作会社ごとにノウハウが異なってくるのですが、しっかりと行うことで、本当に成果を出せるホームページ制作になるのです。

こちらは、追々の対策でも良いものになっておりますが、少しだけでも頭に入れて置き、ある程度成果が出てきたら、真っ先に行ったほうが良いものになっております。

トップページをSEOに最適化する

トップページのSEOは本当に難しいものになっておりますが、ほぼすべての企業さまが求めることだと思います。

しかし、実際にトップページのSEOだけにこだわった企業さまは失敗する可能性が高いので、トップページ以外のページのSEOにも力を入れ、そしてそれらを継続して行うことで、トップページの検索順位が自然と上がるようにしなくてはなりません。

これらを徹底して行うことが現在のSEOであるように思われますので、これらをしっかりと行い、ホームページを大きく育てることで、ホームページは本当に効果的なものになるのです。

SEOはユーザのために

最後に、現在のSEOはテクニック要素も確かにあるのですが、それ以上にユーザのために成果を出し続けることが重要になります。

現在のSEOにおいては、1ページ目に入らなければほとんど訪問者数を獲得できないことや、1ページ目でも10位などの場合は検索者数のうち数%しかホームページに訪れてくれません。

そしてSEOで3位以内に入るためには、ホームページ全体をユーザのために制作をしていくことが必要になっており、これらを徹底して行って初めてホームページは成果を出せるようになるのです。

これらを忘れずに、上記以外の対策でも問題はありませんが、しっかりとユーザのためのページ作成やページ改定、そして被リンクを行うことで、時間はかかりますが、必ず成果を得ることが可能になります。

そして、この成果はいつ出るかについては、SEOにはライバルがいるため、1ページ目のホームページとページ数、被リンク数が並ぶようになって初めて成果が出るということを理解して、しっかりと対策を行い続けるようにしましょう。

TOP

ホームページ制作実績