セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.02.13

手数や作業工数が多いホームページでSEO効果が出ない理由と対策法

SEOは手数や作業工数が多いホームページが有利と言え、良質な新規ページ作成を継続している企業の方が上位表示を実現しやすくなっています。

しかし、お客さまによっては、良質な新規ページ作成を継続しており、狙ったキーワードで上位に表示されているホームページよりも手数も作業工数も多いのに、上位表示ができないケースがあります。

当ページでは手数や作業工数はライバルのホームページよりも多いのに、SEO効果が出てこないとお悩みの方へ理由と対策法を紹介します。

ホームページの手数や作業工数が多いのにSEO効果が出ない理由と対策

コンテンツの品質が低い

狙ったキーワードで1ページ目にランクインしているホームページよりも、手数や作業工数が多いのに、SEO効果が出ない場合、真っ先に確認すべきはコンテンツの品質です。

サーチエンジンは、コンテンツの質が高いホームページを上位表示させ、コンテンツの質が低いホームページの検索順位を引き下げています。

そのため、手数が多いのに、検索順位が低いホームページは、ライバルサイトよりも低品質だと判断されているので、まずは各ページを読み直して品質が高まるリライトに取り組まなくてはなりません。

ただし、コンテンツの品質は最終的には、サーチエンジンの判断次第になるので、リライトしたページで狙っている検索ワードで検索をして検索順位を確認しながら、何度もリライトをしなくてはなりません。

リライトを繰り返せば、多くのページが10位以内にランクインしていき、10位以内のページ数が増えていけば、ホームページの中でもページの品質だけでは成果が出しづらいトップページやカテゴリートップページもSEO効果も発揮します。

検索結果ページでのクリック数が低い

サーチエンジンは、ユーザー行動もSEOに影響を与えています。

ここで言うユーザー行動とは、サイト内ではなく、検索結果ページでのユーザー行動になり、すなわち検索結果ページでのクリック率のことを言います。

サーチエンジンは、検索結果ページのユーザー満足度を高めるために、高品質なページを上位表示したいと考えており、この高品質に検索結果ページでのクリック率が含まれています。

すなわち、検索ワードごとに、よくクリックされるホームページは、そのキーワードでのランキングを高め、逆に上位表示を実現していたとしても、ユーザーのクリック率が低いホームページは、少しずつ検索順位が落ちてしまいます。

検索結果ページでのクリック率を高めるには、ページタイトルとメタディスクリプションを最適化することが重要な対策になり、各ページで上位表示したいキーワードを定めて、ページタイトルとメタディスクリプションを作成すれば、クリック率が高まる可能性があります。

また、ページの内容とまったく関係がない検索ワードで上位表示してクリック率が低くなっている場合は、ページの本文やメタディスクリプションからそのキーワードを除くことで、検索結果に出てこなくすることが可能です。

入口ページで離脱する訪問者数が多い

サーチエンジンはユーザー行動を見ているので、検索結果ページからホームページに訪問して、入口ページだけを見て、ブラウザバックで検索結果ページに戻るユーザー数が多いと、SEOに悪影響を与えてきます。

そのため、入口ページだけを見てブラウザバックされない文章作成が必要になります。

そのためには、ホームページにあるすべてのページで、上位表示ワードを定めてからページタイトルを作成して、そのページタイトルに対する回答だけを文章化しなくてはなりません。

ユーザーが求めている情報だけを掲載されたページであれば、ブラウザバックされることも少なくなるので、ホームページのSEO効果を高めることが可能です。

まとめ

SEOでは、手数や作業工数が多いホームページの方が有利です。

しかし、まれに、ライバルサイトと比べて、手数や作業工数は多いのにSEO効果を発揮できないホームページもあります。

その場合、コンテンツの品質が低くなっていることが想定され、サーチエンジンからホームページが評価されていないか、ユーザー行動が最適化されていないかのどちらかになります。

ホームページのSEO効果向上を目指し、ホームページ運営を頑張っている方の参考になれば幸いです。