SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.11.28

正しい被リンクの考え方!制作したホームページの検索順位を高める

制作したホームページの検索順位を高める正しい被リンク

昨今SEOについて調べると、被リンクは効果が出しづらいという情報は、非常に多く溢れています。

これは真実で、実際に当社ホームページ制作でも、被リンク提案はほとんどしなくなり、その理由は新規ページ作成を行ったほうが効果的だからです。

ただ、まったく効果がないわけではなく、効果を出しづらいだけで、しっかりと集める努力は必要になっています。

正しい被リンクとは

簡単に説明するには難しいですが、正しい被リンクとは、自然な形で増え続けるものになります。

例えば、ホームページを制作して良質なウェブページを作成していれば、御社サイトを閲覧したユーザーが参照元として行ってくれます。

さらに、会社として、協会や組合に加盟、または国が力を入れている制作に賛同をすれば、それらの制作されたホームページに登録され獲得できます。

基本的には正しいと言うのは上記になっています。

ただし、上記以外が間違えているとは言い切れなく、上記はあくまで一例で、本当に知っておくべき内容はその概念です。

大切なのは概念を考え、そして自分が思う自然な被リンク構築を行うことです。

では、実際に当社がホームページを制作し、クライアントへ解説している内容をご紹介します。

ナチュラルリンク

もっとも大切になる施策が、ナチュラルリンク獲得です。

例えば、当ページみたいに詳細ページを作成する際には、良質が第一条件です。

一般的に効果がある対策は、制作されたホームページや無料ブログなどになっています。

当然、適当に書いた記事で被リンクをしてくれるというケースは、ほぼあり得なく、タイトルに対してしっかりと詳しい情報を掲載しましょう。

そしてもう一点あり、それはテーマです。

このテーマ策定は非常に難しいですが、多くの方が困っている内容や、話題になる内容が非常にされやすくなっています。

基本的には、御社以外のウェブマスターがどういった記事を書けば、参考になるかを検討しながら記事を作り上げていく必要があります。

もちろん、意識したからと言って、多くのウェブマスターが限られた時間内で記事を作成しなくてはならず、100%集められるとは言えません。

ただ意識しているといないでは、獲得数は大きく変わってしまい、記事を作成する際にはしっかりとナチュラルリンクを意識しましょう。

国が制作したホームページ

国が制作したホームページへ賛同し登録すれば被リンクを得られます。

例えば、現在で言えば、国は必死にSDGsについて取り組んでいたり、脱炭素運動などにも取り組んでいます。

これらの取り組みについては、市のホームページに賛同企業を紹介したり、脱炭素運動など、さまざまなホームページが制作されています。

そして、闇雲は絶対にいけませんが、本当に考え方に賛同をすれば、良質なものを獲得することが可能です。

もちろん、例えば、SDGsに賛同すると決めたとして、SDGs関係のホームページから一気に増えると、数を稼ぐために登録していると考えられます。

そのため、あくまで自然な増加を意識して、一気に作業はしない方が良いと考えます。

その他自然な対策

その他にも協会や組合に加盟したりタイミングや、展示会などに出展した際には、協会や展示会サイトから獲得可能です。

これらも正しい対策になっていて、必ず登録しましょう。

基本的には、自分で増やそうと行っている対策は、すべて正しい対策ではなく、上記みたいな自然な獲得を狙うことが非常に大切です。

正しい被リンク獲得は日々の努力

このように正しい被リンク獲得は非常に難しいですが、日々努力をしていれば必ず集めれます。

では、具体的にどんな内容を行うかをご紹介します。

意識したページ作成

まず、新規ページ作成時に、正しい被リンクを意識してコンテンツを作成しましょう。

かなり難易度は高いですが、以下3点を意識しましょう。

  • テーマを流行や話題に合わせる
  • 今できる最高の品質で
  • ソーシャルメディアで拡散

まず、テーマを流行や話題に合わせます。

実際に当社がこれまでホームページを制作した企業を見ていると、これが最も大切に感じます。

極端な例ではありますが、アイフォンで新作が出たときに、誰よりも早く仕入れ、機能紹介と写真などをアップすると多くの方が行ってくれます。

この話題を捉えた記事作成は非常に重要であると考えます。

次に品質ですが、品質はランキング要素の一つですが、誤字脱字や文法を意識すれば、そこまで高い品質は求められていません。

実際に当ブログでも、なんでこのページに集まる?と不明と思うウェブページへ集まっています。

もちろん誤字脱字はありませんが、他のウェブページの方が優れたノウハウを提供しているはずと思う事例になっています。

そのため、話題性があり、しっかりとユーザーが読んだときに、明らかにおかしな文章でなければ、それほど高品質は求められていないと感じています。

最後に、ソーシャルメディアでの拡散があります。

実際にウェブページを作成して検索エンジンだけを頼りにする集客対策はおすすめではありません。

と言うのも、最も大切なのはユーザー数になるからです。

経験上、10,000人いて1人が被リンクをしてくれる程度の間隔になっていて、本当に多くの方にウェブページを見てもらう必要があります。

その分母を増やす対策として、ソーシャルメディアで拡散をすれば、より多くの方に見てもらえ、獲得数が向上するという考え方になっています。

昨今のソーシャルメディアは決して無視できるくらいの集客力ではありません。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、グーグルビジネスプロフィールがよく提案するソーシャルメディアです。

そして、当サイトでは、昔ツイッターだけを真剣に運用していたのですが、1日に80人くらいを集客できていました。

ただ、成約率が圧倒的に検索エンジンからの方が高く、すでにもう辞めてはいますが、被リンクだけとなるとアクセス数が非常に大切なのでぜひ利用すべきであると思われます。

定期的に国が制作したホームページを探す

定期的に国が制作したホームページを探しましょう。

例えば、上記でもご紹介している通り、SDGsや脱炭素運動、最近で言えばデジタル庁や東京都のパラスポーツサイトなどが該当します。

もちろん先述もしていますが、闇雲は絶対に駄目ですが、自社が賛同できるホームページであれば、登録を行いましょう。

一般論としては、go.jpなど国しか取れないドメインからの被リンクは非常に効果が高いと言われています。

ただし、go.jpから獲得を躍起になってスパム認定されたケースもあり、本当に自社が賛同できるホームページだけに限定して登録をしていきましょう。

現在においては、数が多いことは、それほど重要ではなく、しっかりと必要な情報を入力し、そしてその活動への参加が大切になっています。

そのため、数は大切ではないので、取り敢えずどんどん登録を行う対策は絶対に推奨ができません。

また、登録時には100%情報を丁寧に登録しなくてはなりません。

現在の検索エンジンは関係性も見ていて、適切な文章を公開して少しでも関連性を高めれば、効果を発揮できます。

適当に登録をしてしまうと、例えば当社サイトには脱炭素みたいな情報がなく、いくら国が制作したホームページと言えども、無効化対象になる可能性があります。

イベントなどに参加したときは登録を

イベントなどに参加をした際には登録作業を100%丁寧に行いましょう。

上記の国が制作したホームページと同様です。

しっかりと関連性を高める目的で、登録内容を100%埋めて、そして閲覧したユーザーが、ちょっとホームページも見てみるかと思える原稿作成が重要です。

正しい被リンクに該当しない対策

では次に正しいには該当しない、すなわち間違えている対策についてご紹介します。

自作自演

自作自演は真っ先に思いつく対策ですが、現在は99%無効化されていると思います。

現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなどは、自然なものだけを評価していて、さまざまな視点から自作自演を見破ろうとしています。

そして、バレないと言うのはほぼ不可能ではないかと思っていて、もし自演をしていて効果が見られないとお思いの方は、すぐに作業を辞めて良いと思います。

辞める代わりに、コンテンツの質を高めて、ナチュラルリンク獲得を狙いましょう。

購入

被リンクの購入は絶対にいけません。

100%グーグルにバレてしまい、すべてを無効化、あまりにひどい場合は手動ペナルティになってしまいます。

最近まで、当社も販売業者が事業を撤退していると思っていましたが、先日当社がホームページを制作したクライアントに営業電話があったそうです。

基本的には、初期費用で10万円くらいになっていて、1,000本ほどを行ってくれるそうです。

10万円を捨てることになり、絶対に購入はしてはいけません。

検索エンジンへ登録

最近はほとんどなくなりましたが、ヨミサーチ系検索エンジンへ登録する作業は行うだけ時間の無駄です。

これらはすべて検索エンジンに見破られ、無効化処理をされてしまいます。

上記と同様に、あまりにひどい場合は手動ペナルティを被る恐れがあり、行わない方が良いでしょう。

ただし、過去に登録したものが残っているという場合は、無視していただいて構いません。

それ以上増加しなければ、基本的にはすべて無効化処理で止まり、ペナルティ対象にはならないと思います。

関連性がないページ

最後に、関連性がないウェブページや低品質なウェブページから獲得するのも辞めましょう。

例えば、ちょくちょく見かけるツイッターの被リンクキャンペーンなどに応募するのは時間の無駄です。

テーマが一緒ではないウェブページだと当然検索エンジンは無効化をしてきます。

そのため、テーマがまるっきり同じであれば、もしかすれば効果を出せるかもしれませんが、原則リンク獲得だけに行われた対策はすべて無効化されてしまいます。

SEOスパムやウィルス感染サイト

クライアントフェーズでは、どれがSEOスパムでどれがウィルス感染をしているか分からないかもしれません。

ただ、一応グーグル自体は、このSEOスパムやウィルスに感染したホームページから被リンク獲得は、あまり良いとは思っていなさそうです。

もちろん、はっきりとSEOスパムやウィルス感染したホームページからは良いとか悪いは言っていません。

これまでのグーグルの発言からの推測になっています。

SEOスパムもウィルス感染サイトも無作為な被リンク獲得をしなければ問題ないでしょう。

昨今で言えば、SEOスパムは多くの企業が行わない努力をしています。

その理由はスパムはSEOとしてあまり効果が見られないと広まったためです。

さらに、ウィルス感染については、一般的な企業であれば、ウィルスに感染したら、ホームページを閉鎖し、早急な復旧を行うでしょう。

基本情報として、クライアントが気にする内容ではありませんが、頭の片隅にはしっかりと入れておきましょう。

ホームページ制作時から正しい被リンク獲得計画

現在の被リンクは非常に難しいものになっていて、ある一定数以上を集めるとなるとかなりの努力が必要です。

ただ、集められないわけではなく、実はホームページ制作時にしっかりと計画を立てれば、効果を発揮できます。

例えば、イベントなどに出展者として参加する場合は、イベントサイトに登録をします。

そして、国が制作したホームページを探し続け、新規ページ作成時には被リンクを意識します。

これらを単に頭で理解をするのではなく、フレームワークをエクセルやパワーポイントで作成しましょう。

そうすれば整理が可能になっていて、本当に必要な対策だけに限定をして行えます。

ホームページ制作の計画やスケジューリングなどは非常に大切です。

ただ、どれくらい早くそして効果を得たいかによってはここまでする必要はありません。

実際に当社実績で見ても、新規ページ作成に全力で取り組んで被リンク数が0のホームページも非常に高いSEO効果を得ています。

闇雲な実施は共通して効果がありません。

ただ、計画を立てるのは大変で、行うかどうかは御社次第になっていて、現在悩まれている方は、ぜひ計画書を作成だけでも行ってみましょう。

正しい被リンクに関する質問

正しい被リンクに関するよくあるご質問をご紹介します。

正しいって何?

正しい被リンクとは、自然発生されたもの、さらには国などが制作したホームページで賛同した内容に対して100%登録作業を行います。

また、イベントに出展企業として参加したときにも同様です。

実際に、これ以外もあるかもしれませんが、現状で当社が提案している内容は上記だけになっています。

これ以外、すなわち被リンク獲得だけを目的にした対策はすべて間違えた対策になり、検索エンジンから無効化されてしまいます。

無効化されるだけで良いなら、大量に対策を行うと考えられるウェブマスターもいるかもしれませんが、グーグルには手動ペナルティが存在しています。

この手動ペナルティを被ってしまうと、検索結果に出てきません。

ちなみにヤフージャパンもグーグルと同じエンジンを積んでいて、検索結果から消えてしまいます。

当社では手動ペナルティの経験がなく、詳細は不明ですが、マイクロソフトビングはグーグルと似た結果になり、恐らく消えるかもしれません。

そのため、正しい対策以外は絶対に行ってはならないと言えます。

獲得したら一気に検索順位が上がる?

正しい被リンクを獲得したら一気に検索ランクが上がるケースは見た経験がありません。

基本的には、1つや2つ獲得したくらいではランキングは動かず、10や20単位で向上されます。

そのため、即効性がある対策とは決して言えず、中長期的なSEO戦略構築を行いましょう。

また、一点だけ追加でご紹介をします。

実は一気に上がる被リンクは存在しています。

当社案件ではありませんが、ある企業が大学から被リンクを獲得して、30ほどの大学ドメインから集めると一気にビッグワードで上位表示ができたそうです。

ただ、これは広告すなわち購入に当たります。

そのため、もし検索エンジンにバレると、当然一気に検索順位が落ち、あまりおすすめできる対策ではありません。

しかし、大学からは非常に強力であると言え、新規ページ作成時には大学から獲得を狙いましょう。

すべてを丸投げしたい

申し訳ございませんが、当社では被リンク代行はお受けしていません。

ただ、当社がホームページを制作したら、国が制作したホームページのリストはお渡しいたします。

その中で、賛同できるものがあれば登録をお願いしています。

TOP