大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

ツイッター・フェイスブック・インスタの運用方法

ホームページ運営にさらにソーシャルメディア運用を行うとなると相当な努力が必要になってきます。

そのため、効果だけを追求するのであれば、フェイスブックだけを運用するあるいは、ツイッターとインスタグラムを運用することがお薦めです。

なぜ、フェイスブックは1つで、ツイッターとインスタグラムは2つの運用と言っているかと言うと、実際にどのような効果があるかは分かりませんが、弊社で成果を出している企業さまの利用方法がこのようになっているためです。

もちろん、ベストな選択としては、ツイッターとインスタグラム、フェイスブックのすべてを運用することになるのですが、それらは非常に時間のかかるものになるので、最低限の運用として上記からお選びいただくと良いでしょう。

そこで今回は、成果を出すためのそれぞれのソーシャルメディアの運用法をご紹介いたします。

ソーシャルメディアの運用は面倒くさい

まずホームページの集客対策を行っている方が、より成果を出すためにソーシャルメディア運用を始めようとすると、その運用の面倒くささが出てきます。

この運用の面倒くささについては、非常に大きなものになっており、弊社でも実際にツイッターは自動投稿、フェイスブックとインスタグラムはアカウントのみを作成しております。

しかし、これでは成果を出すことができませんので、しっかりとした運用を行っていかなくてはならないのです。

では、具体的にしっかりとした運用とはどのようなものになるのでしょうか。

1人の人間がしっかりと運用する

それは、弊社のように自動投稿をするのではなく、1人の人間がしっかりとソーシャルメディアを運用することになります。

これは本当に大切なものになっており、しっかりと運営を行わなければ成果を出すことができないのです。

たとえば弊社のツイッターなどにおいては、自動投稿を使っているのですが、この自動投稿では相互フォロワーも増えませんし、さらにはどちらかと言うと、ホームページのアドレスを掲載しているだけになるので、いいねもシェアもつきません。

これらは非常にマイナスの要因になっており、もちろんまったく成果が出ないというわけではなく、そのリンクを辿りグーグルのクローラーが来ればいいと考えているのですが、しかし効果を出すとなるといいねの数やシェアの数、そしてフォロワーの数などが全く足りないものになっております。

そのため、もちろん弊社もそうですが、今後はしっかりと1人の人間が運営を行っていくことに力を入れようと思っており、ソーシャルメディアをしっかりと運営することで、ソーシャルメディアからのユーザの集客とどこまで効果があるかは分かりませんが、SEO効果を狙っていこうと考えております。

まずはフォロワーを増やすこと

ソーシャルメディアを開設したらまず初めに行うことはフォロワーの増加になります。

このフォロワーは基本的には誰でも良いというものではなく、しっかりと御社の見込み顧客にフォローをしてもらうことが大切です。

そうすることで、御社が発信した情報をそのフォロワーに直接届けることが可能になるので、もし御社が情報を更新したらその情報をすぐに見てもらうことが可能になるのです。

ただし、その際に注意点が必要になり、いくら発信する情報が多くあるからと言って、1日に大量の投稿をしてしまうと、それらのユーザがうざいと感じてしまい、フォローを切られてしまう恐れがあるのです。

そのため適切な量の送信が大切になっており、具体的には3日に1投稿などを行っている企業さまが成果を出しているように思われます。

投稿内容は検索を考える

そしてソーシャルメディアに投稿する際には、その投稿内容は検索を考えると良いでしょう。

実際に弊社もそうなのですが、知りたい情報があった時にグーグル検索に依存していると、同じような検索結果のページになってしまいます。

そのため弊社で利用しているのが、ツイッターやフェイスブック検索になっており、これらを利用することで、グーグル検索とはまったくととなる情報を閲覧することが可能になります。

また、さらには、結構有益な情報が多いのが特徴になっており、グーグル検索にでてくるページは多くがSEO狙いのページばかりになっており、知りたい情報をしっかりと得ることができませんが、ソーシャルメディア検索ではかなり質の高い情報を提供しているような気がします。

そのため、ソーシャルメディア検索では、該当のソーシャルメディアで検索されるように、投稿内容を定めることで、本当に効果的なソーシャルメディア運用をすることが可能になります。

実際上がっているホームページを参考に

実際弊社で知っているソーシャルメディア運用だけで上がっているホームページでは、以下の2点になっております。

3日1投稿でビジネスと関係性がない

まず、フェイスブックのみを運営している企業さまの例になるのですが、そのホームページでは、実際にホームページ運営は月に1ページの新規作成と1年に1回程度ホームページの内部の改善を行っております。

弊社でもよくソーシャルメディアの提案時にその企業さまの例をお話するのですが、ほぼすべての企業さまが弊社もそうなりたいとおっしゃられています。

この事例はこれまで弊社がホームページ制作やホームページ運営サポートを行っている限りはかなりレアなケースであると言え、実際には多くの企業さまがその体制に向けてSEOを頑張っている段階になります。

そしてSEOで成果が出てくると、少しずつソーシャルメディア運営の頻度を高め、代わりにホームページ運営頻度を下げることで、最終的には、ソーシャルメディアの更新を9割、ホームページの更新を1割というホームページ運営にすることが可能です。

基本的には上がってしまえば、順位が落ちなければ問題がないので、一度上げてしまい、そしてそこから調整していくことで、本当に効果的なホームページ運営とすることが可能になります。

ツイッターとインスタを1日1投稿ずつする

そして次にツイッターとインスタグラムを1日1投稿ずつしている会社さまがあります。

この会社さまは、2020年7月頃にホームページの公開をしたのですが、すでに狙ったキーワードで10位程度になっております。

この会社さまにおいては、ほとんどホームページの運営は行っておらず、代わりにツイッターとインスタグラムを1日1投稿して、そちらでフォロワーを増やしておられます。

もちろんリンクはすべての投稿に掲載しているものではありませんが、しっかりとツイッターやインスタグラムで友達を作り、日々情報配信をしたり、意見交換などを行っております。

そしてインタグラムの友だちにツイッターを紹介し、ツイッターの友だちにインスタグラムを紹介するなどをしており、非常に多くのフォロワーを獲得している特徴があります。

おそらくホームページ内部についてはほとんど対策をしていないにもかかわらず、実際に1ページ目まで順位が上がっているので、これらの効果ではないかと考えております。

ツイッター・フェイスブック・インスタの運用は必須かも

弊社が考えるに、最近の企業さまのホームページ制作においては、ツイッター・フェイスブック・インスタの運用が必須であるように思われます。

これらをしっかりと運用していくことで、ホームページ運営のボリュームを下げることが可能になっており、これらを下げることで、非常に効率のいいホームページ運営にすることができるのです。

基本的には、ホームページ運営は上げるときの作業としては、膨大な作業が発生しているので、上手くソーシャルメディアを利用することで、本当にホームページ運営効率を高めることが可能です。

現在SEOを行われている方は、是非ソーシャルメディアにも少しだけ時間をさいていき、フォロワーの獲得だけでもしっかりと行うことで、ホームページの成果を最大化させることが可能です。

TOP

ホームページ制作実績