HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

現サイトが大規模ならリニューアルでURLの削除はSEOにマイナス

大規模サイトがリニューアル時にURL削除はSEOでマイナス評価

ホームページリニューアルは多少ではありますがリスクがあります。

そのリスクは、URLの変更や削除になっていて、これらがSEOにとって大きな弊害になるのです。

そこで今回は、ホームページリニューアルでよくある、突然SEO効果が下がらないために何をすべきかをご紹介いたします。

SEOはURL単位がベース

まず、SEOはURL単位で見られています。

そのため、URLを削除するともともとSEO評価が高かったページの価値が突然0になってしまうので、大きく検索順位を落としてしまいます。

実際に、海外のネットショップで、URLの作り方を変更したため、404ページや301リダイレクトが多発して、検索順位を落とした例もあります。

弊社のホームページ制作では、SEOに注力をしているため、基本ルールとしてはURLの変更はおすすめしません。

それはホームページリニューアルも同様ですが、ただし、明確な意図がある場合は、URLを変更して適切なアドレスでの公開をしています。

なぜ検索順位が落ちたのか

グーグルの発言では、301リダイレクトは関連性さえあれば良い、404 NOT FOUNDはホームページには必ず存在するものと言っています。

そのため、この発言だけを受け止めると、SEOにマイナスになりそうにはないと考えてしまいますが、実は他の情報と併せて考える必要があります。

もちろん、404や301リダイレクトがあるのが駄目という話ではなく、適切かどうかが大切になっています。

301リダイレクト

まず301リダイレクトを正確に把握しているWebサイト制作会社やSEO会社はないと思われます。

基本的には301リダイレクトの意味は、原稿がまったく同じだけど、URLが変更された場合に利用されるものになっています。

例えば、4人家族のA家庭が引っ越しを行ったとします。

そして引っ越し先に移動したら、いきなり6人になっていたら完全に不自然ではないでしょうか。

このように原稿内容が変わった場合は、実は301リダイレクトではなく、404で返すべきになっているのです。

もちろん多少の原稿変更であればそれほど影響はありません。

もともと原稿が同じであれば、8割程度のSEO評価を引き継げるのに、多少の原稿の違いだと4割や3割に下がる程度です。

もっとも問題なのは、ウェブマスターが見たときに、同じような内容だと思ってリダイレクトを行っても、マイナス評価になることです。

グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは関連性がない場合は、301リダイレクトでマイナス評価を与えてきます。

これに引っかかると解除するまでずっと検索順位が下げられた状態になるのです。

404 NOT FOUND

グーグル自体は404 NOT FOUNDがあっても良いと発言しています。

当社もあっても良いとは思うのですが、それはサイト運営状況を考えることが重要です。

例えば404 NOT FOUNDになってよいページとは、内容がスカスカのページです。

先日グーグルの発表によると、中身がからのウェブページをアップしても問題ないが、その数が多いと重複になる可能性が高まると言っています。

そのため、内容がないページが多いと実は重複コンテンツとしてリストアップされるので、SEOでマイナス評価を受けているのです。

このようなページはどんどん404にしていくべきです。

ただ、しっかりと原稿作成を行っているページは注意が必要です。

と言うのも、そのページ自体は評価されているけれども、御社のビジネスに合致しないから削除と言うのは、ホームページ全体の関連性を落とす結果になっています。

関連性が落ちると当然さまざまなキーワードでの検索順位の下落に繋がります。

そのような場合は、基本的にはリライトで対応するか、あるいは少しずつの削除が必要になっています。

そもそもリニューアルでSEO効果が落ちるのは

リニューアルを行って検索順位が落ちるのは301リダイレクトを行っていないからだと言われます。

ただ、さまざまなホームページ制作を行ってきた経験で言うと、そもそものURLを変更や削除したのが原因ではないでしょうか。

301リダイレクトの活用法は非常に難しいため、リニューアルと言えども基本はURLは変わらない方が良いのです。

もちろんどうしても必要がないと言うページが存在してくるかもしれません。

そういった場合においては、取り敢えずは、リニューアル後も公開をしておき、そしてサイト運営の中で少しずつ検索順位を見ながら削除するのが良いでしょう。

突然消してしまうと、関連性が失われていったり、さらには内部リンク数の減少にも繋がります。

そのため、リニューアル時には現在のURLをすべてピックアップをして、なるべくそのままのURLで公開していくようにしましょう。

初期ホームページ制作時にしっかり検討

リニューアルをご希望であるため、新規ホームページ制作の話をしても仕方がないと思われるかもしれません。

ただ、例えばドメイン変更を行うリニューアルの場合などにおいては、しっかりとURLを定めて、10年でも20年でも利用ができるURL構造を構築しましょう。

もちろん、404NOTFOUNDがあっても良いですし、301リダイレクトがあっても構いません。

ただ、多少のリスクを伴うものであると理解をして、最小限の数で対応するようにしましょう。

そうすることで、検索順位が安定できる本当にSEOで成功して見込みお客が多く集まるホームページへと成長するのです。

どうしても行うなら

どうしてもURLの変更や削除が必要である場合は、一気に行うのではなく、少しずつ行うようにします。

例えば弊社サイトであれば、よくあるご質問の詳細ページを削除したり、新着情報を削除しています。

この場合で当社がとった対策は、よくあるご質問は、indexページへとリダイレクト、新着情報は404 NOT FOUNDにしています。

もちろん、この対策によって検索順位は多少落ちました。

その理由はおそらく関連性だとは思われます。

ただ、多少で済んでいるので、いくらでも挽回は可能になっています。

ここで、例えばスタッフブログはもう更新しないからと削除してしまうと、再起不能になり、新規ドメインで対策を行ったほうがSEO効果は高くなります。

このように、少しずつ行ってみて、実際に検索順位を見ながら調整をしていくことで、本当に効果を発揮します。

ただし、301リダイレクトについては実は必ず行ったほうが良い場合があり、それは被リンクを獲得しているページです。

被リンクを獲得しているページが404 NOT FOUNDになってしまうと、一切効果を受けれないため、リダイレクトを行うことがおすすめです。

実際にこれらを考えることは本当に面倒くさく、Webサイト制作会社でも大変だと思うので、クライアントさまはもっと大変かもしれません。

そのため、安全策として、URLの変更や削除は絶対に行わない方が良いものになっています。

現在404やリダイレクトが大量にある企業さまは、少し数を減らすために、アドレスの復活を行われてみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP