サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

原稿作成代行サービスを利用したSEO

SEOで原稿作成代行サービスを利用はどう?

ホームページ制作後に、検索エンジン対策すなわちSEOのためだけに、スタッフブログを運営している会社は多いと思います。

スタッフブログの更新は真剣に行っていると非常に多くの労力が必要で、実際に1記事でも相当な時間がかかりますし、さらにはページ数が非常に多いという問題がございます。

そのため、作業を少しでもなくすために原稿作成代行サービスなどが多く提供されていて、これらを利用すれば、非常に短時間でスタッフブログを更新でき、ホームページ制作や運営作業時間を大幅に削減可能です。

しかし、これらのサービスには、実はいくつか問題点があり、弊社では未使用であるため、すべてを網羅はできませんが、知っている限りでご紹介をします。

SEOだけなら

SEOだけ

原稿作成代行サービスは非常に便利です。

と言うのが、SEOを考えた場合に、1記事だけでも非常に多くの時間がかかりますし、さらには目標ページ数は10ページなどではなく、50ページ単位が多く、多いと200ページ近くが目標になるケースがございます。

そしてホームページ制作が終わった後に、100ページが目標と言われたとしても、もちろん弊社はSEOに強いホームページ制作を提供しているので、何としてもお願いしていますが、一般的にはそんなに大量に行うのは難しいと言えます。

そしてさらには、100ページが目標だった時に、達成すれば必ずSEO効果があるとも言えないので、モチベーションとしては、決して高くなりません。

そのため、弊社では可能ならば自分で原稿を用意して欲しいとは考えていますが、状況によってはサービスもありだと考えていて、上手く活用すれば、作業量は激減され、非常に効率よく検索順位を高めれます。

ただし、品質にもよりますが、品質が低いのに、価格が安いという理由からホームページ制作や運営に利用してしまうと、仮にSEOで成功してもまったく問い合わせがないという状況になりますので注意しなくてはいけません。

良い会社を見つける

良い会社を見つける

非常に多くの会社がサービスを提供していますが、しかし闇雲に値段などで決めてはいけません。

例えばですが、弊社がホームページ制作に関連する情報なので、調べてみた限りで言うと、以下のような事例があるようです。

  • 法人は得意分野と不得意分野
  • 個人はコピー&ペースト

法人であれば、クオリティーが保証されますのが、しかし全ジャンル達成可能かと言うとそうではなく、多少得意分野と不得意分野がございます。

もちろん、不得意分野であっても、一定基準以上は達成可能なようですが、しかし現在のSEOでは関連キーワードもしっかりと使わなくてはならないので、不得意分野に当たってしまうと、関連キーワードの割合が下がる可能性があり、十分なSEO効果を得れないのです。

そして、個人は、確かに価格は法人に比べると非常に安いですが、しかし他社の原稿をそのままコピー&ペーストされ納品されるケースがあるようなので、しっかりとした管理が必要です。

弊社がホームページ制作を行うお客さまは、原稿に対して予算をそれほど使えないケースは多いので、個人サービスがメインになってきますが、しかしコピー&ペーストのチェック作業を考えると、自分で原稿を作ったほうが、効率的と言われるケースが大半なのでこれまで経験がございません。

ただし、実際に色々と調べていると、本当に良い方または会社に出会うと本当に作業が楽なので、根気よく探しても良いとお考えの方は、ホームページ制作中から探して、良さそうな方や会社がいれば、問い合わせしてみるのも良いかもしれません。

もちろんですが、良い会社を見つければ、ホームページ制作でも活用が可能で、御社の作業量を激減させることが可能です。

注意点

注意点

ホームページ制作中に業者を探し、もし見つかったとしても、以下の点は注意しましょう。

これらを理解しているといないでは、結果がまったく違ってくるので、サービス提供会社にここはどうなの?と直接確認も良いかもしれません。

コピー&ペースト

現在のグーグルはコピー&ペーストを非常に嫌う傾向があるので、絶対にこれだけは確認作業が必要で、ホームページ制作会社も慎重には確認しています。

確認方法としては、原稿の一部で検索をして見る以外方法がなく、しっかりと納品された原稿を検索してみて、コピー&ペーストがないかを確認しましょう。

もしヒットしなければ、納品物を投稿しても問題がなく、万が一ある場合は、コピー&ペーストがされた箇所を直してもらうか、または自社でリライトが必要です。

コピー&ペーストのチェックが面倒くさい場合は、サービスをおすすめしませんので、利用するのであれば必ず必要と理解しなくてはいけません。

画像などの装飾

もちろん、契約次第ですが、一般的な契約では、画像や表などの装飾は別料金なケースがほとんどです。

ホームページ制作で画像を掲載しないのは少し考えづらいので、納品されたテキスト情報を確認したら、表や画像が必要な場合は自社で追加して公開しなくてはいけません。

表や画像については、実際にこれまでホームページ制作後のサポートをしてきた限りで言うと、そこまで大きな効果がないので、わざわざできないと言う場合であれば、不要かもしれませんが、ただしSEOの目的は上位表示だけではないので、成約率で考えた場合は、ぜひとも導入いただきたいと考えています。

内部リンクを設置

納品物は基本的には全体ではなく、1ページで見ているので、内部リンクはございません。

そのため、公開前にどのようなページが存在するかを考え、そしてそれらのページをアップしたら、自分で内部リンクを設置しなくてはいけません。

内部リンクの設置作業は、非常に高い効果を生み出せるようになっていて、実際にホームページ制作実績の会社では、内部リンク設置を毎日実施したら、クロール済み - インデックス未登録検出 - インデックス未登録を大幅に改善しています。

さらには、ホームページ制作やSEOについて調べると、2022年の内部リンクは実はリンク効果が非常に高いなどの情報もよく目にしますので、しっかりと設置していれば、非常に高い効果を得れます。

リライトは必要

リライトは必須

サービスを利用はした経験はございませんが、利用しようと考えて、色々と調べていて、特に意識すべきポイントが上記の注意点になります。

そして、もう一点本当に大切なのが、もちろん依頼する方や会社次第と思いますが、リライトは必要と考えておくのが重要です。

最近は、ホームページ制作後にSEOのための原稿作成を行われる際に、多くの方が、たたき台を外注やAIを使い、自社でそれをリライトして公開していると言っている会社をよく目にします。

そしてAIであればプログラムなので、リライトは必須ですが、人が用意していたとしても同じだと思います。

リライトで、コピー&ペースト対策になりますし、さらには提供会社は原稿のプロではございますが、御社の業界のプロではないので、不足している情報などがあればしっかりとリライトで追記や変更、削除を行ったほうが高いSEO効果を得れます。

実際に1から作成した場合と、リライトだけを行い場合であれば時間的に半分くらいで可能と言っている情報を目にしますので、半分かどうかは分かりませんが、しかし御社の運営効率は飛躍的に高まります。

確かに、リライトは非常に面倒くさく、弊社のホームページ制作実績の会社も新規作成はまだいけるけど、リライトはやりたくないとおっしゃる会社も少なくはないですが、リライトをしなければ、効果を最大化不可能と考え、しっかりとリライトをしましょう。

正しい活用を

正しく活用

本当にSEO効率が高いとは思いますので、ホームページ制作ではおすすめですが、しかし反面、コピー&ペースト対策や少し手を加えなくてはいけません。

コピーチェックを正確に行えれば、ホームページ制作後には、ぜひともご利用いただきたいサービスになっています。

基本的に原稿が出てきたら

  • コピーチェック
  • 原稿追加と変更、削除
  • 画像やリンクを貼り付け

上記3点が必要で、これらをしっかりと行っていれば、必ず上位表示が可能な原稿が納品されると思います。

特にコピーチェックは非常に大切になっていて、せっかく費用を出して購入したにも関わらず、最悪のケースでは検索順位を落としてしまうので、細心の注意をもって確認しなくてはいけません。

チェックさえ簡単に行えれば、本当に効率的で効果的な対策なので、もしできる方は早く利用を、もしできない方は自分で原稿作成を行い続けるのをおすすめします。

サービスを利用すれば、ホームページ制作や運営効率が格段に向上し、必ず費用対効果を高めてくれます。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP