大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

原稿作成代行サービスを利用したSEO

SEOなら原稿作成代行サービスを利用

原稿作成代行サービスとは、原稿を購入できるサービスになっております。

この原稿作成代行サービスは、法人だけではなく個人の方も多く提供しているサービスになるのですが、しかし個人であれ法人であれしっかりと原稿作成代行サービスを理解してから利用することがSEOにおいては重要になってくるのです。

実際に弊社は大阪のWeb制作会社になり、この原稿作成代行サービスの利用は推奨しておりませんが、弊社が考える原稿作成代行サービスの利用法についてご紹介をいたします。

SEOのためなら代行も良いと思う

SEOなら原稿作成代行サービスもあり

現在のWeb制作では、集客力を考えるとSEOは必須であると言っても過言ではありません。

そしてこのSEOのために、弊社ではWeb制作時にスタッフブログを制作して、スタッフブログを日々更新していただくことで、SEO効果を高める提案をしております。

実際にこのスタッフブログの運営は、本当に多くの時間を取られること、そして10ページやそこらではSEO効果を発揮することができないので、多くの会社さまでは毎日かなりのSEOのための新規ページ作成やリライト作業を行っております。

そしてこのスタッフブログの運営においては、基本的には弊社ではお客さま自身で新規記事を作成して頂いているのですが、しかしSEOだけに注力する場合においては、原稿作成代行サービスを利用しても問題がないと思っております。

実際に弊社では、100ページを作成することでSEO効果が出ると提案しておりますので、本当にお客さまがスタッフブログの運営を行うことが厳しいものになっているのです。

この原稿作成代行サービスを利用する際に、一点だけ注意していただくことがあり、それはSEOで集客力は高まる可能性があるのですが、しかし基本的には御社の業界の人間が作成した記事ではないので、成約率を高めることは難しいと考えることが重要になるのです。

しかし、この原稿作成代行サービスを利用することで、御社のホームページのSEO効率は高めることができるので、もし自社でWeb制作後に原稿作成が難しいと言う場合は、SEO効果だけを狙い、原稿作成代行サービスを利用することも良いとは思っております。

出てきた原稿はそのまま利用しない

原稿はそのまま利用しない

Web制作後に原稿作成代行サービスを利用する際の注意点をご紹介いたします。

コピペチェック

出てきた原稿をそのまま利用することは非常にリスクが高いものになっております。

もちろん法人に依頼する場合は、ある程度はしっかりと書いてくれる可能性もあるのですが、しかしこの原稿作成代行サービスを利用されている会社のブログやツイッターを見ると、原稿をコピペされているという情報が非常に多く見られます。

そのため、基本的には出てきた原稿がコピーされていないかを確認する必要があり、有料サービスであればコピペチェックツールなども非常に多く提供されているのですが、有料のサービスを利用せずにチェックするには、実際に出てきた原稿を検索してみると良いでしょう。

もちろん完璧ではないにしても、コピーされている場合は、まったく同じ文章が検索結果ページに表示される可能性があるので、もしコピペされていた場合には、その原稿を破棄する必要があるのです。

現在のWeb制作におけるSEOにおいてはこのコピペは絶対に行ってはならないものになっているので、自社ではなく原稿作成代行サービスを利用する場合にはしっかりとコピペチェックはしていくようにしなくてはならないのです。

多少のリライト

出てきた原稿をそのままスタッフブログに公開するのではなく、最低限一読はすると思いますが、その際におかしな文章があるはある場合はしっかりとリライトを行うようにしましょう。

このリライト作業は本当に大変なものになっているのですが、しかしやはり専門性がない方が書いた文章になっているので、ある程度はリライトをしてそのページの質を高めることも重要であると弊社では考えております。

現在のWeb制作においては、ページを作成することよりも作成したページの質が重要になっているので、このリライトを行う際には、質を高めることを意識することが大切になっており、このリライトを行うことで御社のホームページのSEO効果はより高いものへと成長するのです。

ただし、このリライトを行う際には、がっつりと行っていくと、原稿作成代行サービスを利用した意味がなくなるので、最低限にとどめておくようにすることが重要です。

内部リンクの設置

基本的には原稿作成代行を利用しても内部リンクは設置されておりません。

そして現在のWeb制作後に行うSEOにおいては内部リンクの設置は非常に重要になっているため、もちろん行わなくてもページを公開することで、SEO効果を得ることは可能ですが、しかしせっかく1記事を上げるのであればより高いSEO効果を得ることが大切になるのです。

そのため、原稿作成代行サービスで出てきた原稿を公開する際には、しっかりと内部リンクを設置してから原稿を公開することで本当にSEOに強いホームページとなるのです。

装飾を追加

原稿作成代行サービスの契約次第とは思いますが、基本的には、原稿作成代行サービスでは原稿しか提供されません。

そしてこの原稿をホームページに公開する前に、しっかりと画像を張り付けたり、強調タグを利用したりすることが大切になります。

この装飾については、これまで弊社がWeb制作後にスタッフブログを更新してSEO効果の向上を図ってきた限りで言うと、ほとんどSEO効果がない可能性があるのですが、しかし実際にページの読みやすさを向上させるには画像や強調タグなどのページを装飾することが重要になるのです。

そのため、どれほどの効果があるかは不明ですが、しかしグーグルがWeb制作のSEOにはページの読みやすさや理解のしやすさが重要であると公表しているため、しっかりと装飾することで、御社のWeb制作は本当にSEOに強いホームページへと成長するのです。

コピペは絶対にダメ

コピペは駄目

上記の中でもっとも力を入れることはコピペチェックになっております。

現在のWeb制作におけるSEOは絶対に他のホームページはもちろん自分のホームページからもコピペは絶対に行ってはならないものになっており、もしグーグルにコピペがばれてしまうと、検索順位が上がらないあるいは検索順位が落ちる可能性まで発生するのです。

そのため、原稿作成代行サービスを利用する際には、力を入れてコピペを確認することが重要になっており、しっかりとコピペチェックをすることで、御社のスタッフブログは非常に費用対効果が高いスタッフブログの更新作業になるのです。

多少の被リンク対策は必要

多少は被リンク

そしてこの原稿作成代行サービスを利用して、スタッフブログの更新を行っている際でも、しっかりと多少は被リンク対策が必要になるのです。

実際に弊社のWeb制作サービスはSEOに力を入れて行っておりますが、被リンクがまったくないホームページは上位表示を行うことができていないのです。

そのため、最低限被リンクは必要であると考えることが大切になり、この被リンクは無料ブログを利用しても問題がないのですが、しっかりと無料ブログを運営することが重要なのです。

そしてもちろんコストはかかりますが、この無料ブログの運営も原稿作成代行サービスを利用しても良いですが、この無料ブログの原稿を購入する際には、自社サイトへの被リンクは自分でしっかりと設置することが求められております。

ただし、この無料ブログからの被リンクにおいては、すべての記事ページから被リンクを行うのではなく、しっかりと内部リンクを設置して、その中の一つをしっかりと本体のホームページへの被リンクとするのが良いでしょう。

原稿作成代行サービスは適切に利用

適切にサービスを利用

上記が原稿作成代行サービスの利用法になっております。

実際にWeb制作を行った後に、スタッフブログの更新や無料ブログの運営など、本当に多くの原稿作成を行う必要があるので、原稿作成代行サービスを利用することでWeb運営効率は飛躍的に高まるのです。

しかしこの原稿作成代行サービスは、ある程度の注意点があるので、これらの注意点をしっかりと理解して原稿作成代行サービスを利用することで御社のWeb制作は本当にSEOに強いホームページとなるのです。

原稿作成代行サービスは確かに成約数を高めることはできませんが、しかしSEO効果を出すことはできますので、原稿作成代行サービスについてしっかりと理解をして利用することで御社のホームページのSEO効果は最大化するのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績