大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

Web制作はオワコンかどうか

Web制作はオワコン?

弊社ではちょくちょく【Web制作 大阪】などのキーワードでグーグル検索を行っております。

そして最近、検索結果ページに表示される関連する検索キーワードに【Web制作 オワコン】と表示されているのが目につきます。

実は、10年ほど前からオワコンと言われる機会が多くあったのですが、関連キーワードに出てくるようになったのは最近なので、弊社なりにこのキーワードについて検討を行ってみました。

利益率が低い

利益は比較的低い

広告代理店さまからのお仕事を除き、基本的にはWeb制作の総額は年々下がっているように思われます。

その理由は、弊社が考えるに、Web制作は誰にでもできるものになっていることがあり、最近であれば、ノーコードツールなども多く提供されているため、誰にでもできることに高い予算をかけてくれる会社はないことが大きな要因になっているのです。

そしてその低い総額に対して、その作業量は非常に多く、例えばそのまま納品することができれば、問題のない利益率にはなるのですが、実際にはストレートに納品ができる案件は少なくなっております。

例えばWeb制作中に、やっぱりこのページは不要でこのページを追加して欲しいと言われることがあったり、デザイン上は問題がなかったとしても、実際にホームページ化すると、やっぱりこのページのこのコンテンツは不要で、代わりにこういうコンテンツを入れて欲しいと言われることがあり、これらに対応するたびに効率が落ちていき、利益率が下がってしまいます。

そのため、小規模な会社のフロントエンドエンジニアやディレクターは、基本的には残業が非常に多いと言われることが一般的で、この利益率を上げるためには、Web制作の在り方自体をもっとスムーズにすることやさらにはその他のサービスを提供することが重要になっているのです。

ただ作れるだけでは駄目

ホームページがあるだけを行うのは無理

もちろんお客さまからの修正を行うことは当たり前になるのですが、ホームページは企画段階で想定していなかった、さまざまな追加作業が発生するため、利益率がどうしても低くなってしまうのです。

そしてさらには、10年前から比較をすると、確かに総額で見たときには、レスポンシブデザインが必須になったため、向上しているのですが、しかし最近特に思うのが、弊社ではお仕事をいただく際に、他のWeb制作会社とアイミツになることが多いのですが、他の会社が提出している見積金額をお客さまに確認すると、確実に見積総額が作業量が合わないのではないかと思うことが多くあります。

もちろん、弊社も弊社の希望金額だけで提案することは基本的には無く、競合他社の単価に合わせ提案を行っているのですが、見積作成が本当に難しい時代になってきたイメージがあります。

そのため、この単価の低い仕事を追求し続けることは非常に難しくなっており、もしこのままの単価で仕事を続けていると、関連する検索キーワードにあるように本当にオワコンになってしまうと思います。

その他の売上を確保

Web制作だけでは無理かも

このようにWeb制作の単価は年々落ちておりますが、しかし最近では、昔のようにホームページを作るだけの案件はなくなったように思われます。

例えば10年前であれば、ちょくちょくあったのが、取り敢えずグーグル検索を行ったときに社名で上位表示できれば良い言われることがありましたが、現在ではそのような案件はなくなったように思います。

そして最近よく言われることは、成果を出したいというものになっていて、この成果を出すための対策を行うことが現在では必要になっているのです。

そしてこの成果を出すための方法として以下の対策があります。

  • SEO
  • リスティング広告
  • ソーシャルメディア
  • 外部サイトの利用
  • リアルでのURLの告知
  • ホームページの改善

上記6点が成果を出すために必要な要素になっており、この6点をプラスアルファをした作業が必要になっているのです。

実際に弊社のWeb制作ではSEOをセットにすることが多くあるのですが、このSEOに最適化するためには、単純にページ数を増やしたり、SEOのためのコード記述など、さまざまな対策がプラスアルファとして必要となってくるのです。

そしてこれらのSEOに最適化されたホームページとすることこそが、Web制作をオワコンにしないための対策になっており、プラスアルファとして成果を出すための施策を検討し、そして実行することで、それなりのお見積り金額となり、さらにはお客さまの期待通りの成果を得ることが可能になるのです。

そのため、法人であれば別ですが、個人でWeb制作を行われている方であれば、単にホームページが作れるのではなく、本当に成果が出るためのプラスアルファを検討することが重要になっており、このプラスアルファを行うことで、総額を高めることが可能になり、より高い利益率を生み出すことが可能になります。

ただし、このSEOやリスティング広告においては、お客さまが予算を出して対策を行われるものになっているので、しっかりと成果を出すことが重要になっております。

オワコンではないと思う

オワコンではない

上記のように単体で見ればオワコンの時代になっていると思いますが、しかし成果を出すための対策が行える場合は、まったくオワコンではないと思います。

実際に弊社の総額で言えば、アイミツ相手にもよりますが、そこまで高いものではなく、どちらかというと成果について真剣に考えているお客さまであれば、競合他社と同じような金額であることが多くあります。

ただし、漠然と成果が欲しいと考えられているお客さまでは弊社の単価は少し高いと言われることが多く、その場合はお客さまのご予算に合わせて、ホームページの企画内容の見直しを行い、再見積もりをさせていただいております。

このように弊社の感覚としては、マーケティングすなわち成果を出す仕組みを導入すれば、オワコンではないと思われ、単にWeb制作を行うだけでは、弊社の営業上ではオワコンかもしれません。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績