HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

初心者向け!Webサイトリニューアルの成功のカギはアクセス解析

Webサイトリニューアルにはアクセス解析が必須

Webサイトのリニューアルは、闇雲に行ってはいけません。

例えば、現在のホームページで不要だと思ったウェブページを数値データの確認をせず、削除してしまうと、実は人気のあるコンテンツだった可能性がございます。

そのため、しっかりと、現状のホームページで足りないのは何か、また、どこが成果を妨げているのかを明確にしなくてはいけません。

当ページでは、弊社がよく利用するグーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスを使ったWebサイトリニューアルを成功へと導く方法を解説いたします。

ただし、詳しく見ていくと、膨大な原稿量が必要であるため、あくまで初級編としてご確認ください。

Webサイトリニューアルとアクセス解析

Webサイトリニューアルは、闇雲に行ってもまったく成果が出ません。

どのウェブページに問題があり、どのウェブページが優れているかを明確にして、良い点はリニューアル後のホームページでも引き継ぎ、悪い点は改善していくことが大切です。

この良いか悪いかは、Webサイト制作会社の勘や経験でも駄目ですし、お客さまの印象で定めるのも問題があり、数値データとして把握しなくてはいけません。

この数値データを提供してくれるのが、アクセス解析になり、グーグルサーチコンソールもグーグルアナリティクスも、非常に見るのが大変ですが、しっかりと確認するようにしましょう。

集客を分析

集客の分析

集客の分析では、不要と足りていないウェブページを発見します。

不要なウェブページ

Webサイトをリニューアルする際には、個々のページの集客力を明確にしていく必要がございます。

ここでグーグルアナリティクスだけを見ていると、訪問者数が多いか少ないかだけが判断基準になるので、グーグルサーチコンソールも併用します。

グーグルサーチコンソールでは、左ナビゲーションにある検索結果を見れば、URLごとに表示回数と平均掲載順位を確認できます。

グーグルアナリティクスでアクセス数が少ないウェブページをエクセルなどに記載して、グーグルサーチコンソールで表示回数と平均掲載順位を確認します。

そうすれば、そもそも、ウェブページ自体のニーズがないのか、あるいは検索順位が低いため訪問者数がいなかったかが分かります。

そして、ニーズがなければ削除を、ニーズはあるけれども平均掲載順位が低い場合はリライトが必要です。

このようにして、リニューアル後のホームページのサイト構成を立てるために、データを確認すれば、必要なウェブページだけを残したWebサイトリニューアルが可能になります。

足りないウェブページ

ホームページ制作時に、どんだけ考えても、足りないウェブページが発生してしまいます。

足りないウェブページの発見法は2つございます。

まず1つ目が、先ほどご紹介したグーグルサーチコンソールの検索結果でURLをクリックしたら、そのウェブページに訪問したユーザーの検索キーワードが見れます。

このキーワードリストから、コンテンツとしては作成していないキーワードを探してコンテンツ化を行うことで、そのキーワードに関連した検索キーワードの集客が可能です。

もちろん、まったく見込み顧客にならないようなキーワードは不要ですが、見込み顧客になる可能性があるようであれば、該当ページにコンテンツを追加か新規ページ作成を行いましょう。

次に、もう一つの行い方は、ライバルサイトの確認です。

ライバルサイトが作成しているけれども、御社が作成していないウェブページを見つけて、それらのコンテンツを追加すれば、新たな見込み顧客を集客できるようになります。

非常に手間のかかる作業ではございますが、リニューアル後のホームぺージの集客力にも関わるため、しっかりと作成していくようにしましょう。

成約を分析

成約の分析

ホームページ制作の効果においては、集客だけではなく、成約率も大切です。

Webサイトのリニューアルで成約率を高めるためには、現在のホームページで成約を妨げているウェブページを発見しなくてはいけません。

その発見には、グーグルアナリティクスを利用して、レポート>エンゲージメント>ページとスクリーンを開きます。

そして、平均エンゲージメント時間を確認し、個々のウェブページで何秒以上は欲しいという数値を定め、その数値以下のウェブページが成果の妨げています。

ちなみにですが、現在のグーグルアナリティクスでは直帰率は見れないので、平均エンゲージメント時間で、成約の妨げになっているウェブページを探さなくてはなりません。

数値データだけを見ていても無意味

ホームページ制作実績の会社さまで、初めてアクセス解析を利用される方によくあるのが、数値データを見続けることになります。

もちろん、改善に活かしていただくために、利用法をレクチャーしたりしているのですが、どうしても初めての方は、検索キーワードや検索からの訪問者数ばかりに目が行ってしまいます。

もちろん、見ること自体は良いことではございますが、あくまでホームページの改善を行うことを忘れないようにして、確認しなくてはいけません。

ホームページ制作にアクセス解析は必須

正確に言えば、グーグルサーチコンソールはアクセス解析ではございません。

しかし、便宜上アクセス解析としてご紹介をしております。

ホームページ制作にはアクセス解析は必須です。

アクセス解析がないと、Webサイトリニューアルや改善作業が闇雲になってしまい、成果が出るかどうかは運次第になります。

そのため、数値データとしてホームページが抱える問題点の抽出と改善を行うことが重要です。

そして、数値データを見たWebサイトリニューアルや改善であれば、運次第と言うことは絶対にございません。

弊社では、ホームページ制作後にアクセス解析は、必ず導入をしていますが、活用される会社はまだまだ少ないと思うので、ぜひ当ページをご覧の方は、活用してみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP