HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

GSCのサイトマップ送信で最終読み込み日時が更新されない理由

グーグルサーチコンソールのXMLサイトマップ送信の最終読み込み日時

今回の記事は確証はありませんが、ホームページ制作実績の企業さまや当社サイトで改善できた事例をご紹介します。

当社の事例ですが、2018年4月でXMLサイトマップが更新されなくなっておりました。

実際にどうすれば改善できたのか、またどういうサイト運営が更新されなくなるのかについてご紹介をいたします。

XMLサイトマップ送信の重要性

グーグルサーチコンソール(GSC)でXMLサイトマップの送信を行うことは非常に大切です。

XMLサイトマップとRSS、Atomを正しく送信することで、グーグルはすべてのウェブページを発見しやすくなっています。

もちろん、発見されたからと言って必ずインデックスされる保証はないのですが、それでも発見されないよりはインデックスされる確率が非常に高くなります。

ホームページ制作後に送信することが一般的なのですが、もし送信しない場合であれば、小規模サイトなら問題はありません。

ただ、規模が多くなるにつれて、実は認識漏れが発生したり、小規模サイトでもトップページからのリンクがないと発見されないので、大量ページの更新ができなくなってしまいます。

また、グーグルは、XMLサイトマップをページ発見の2番目に重要視していると発言もしています。

そのため、XMLサイトマップを送信することは非常に大切になっているのです。

XMLサイトマップの最終読み込み日時を更新する方法

ホームページ制作実績の一部の会社さまと当社では、実はこのXMLサイトマップの最終読み込み日時が更新されなくなりました。

そのため、色々と対策を試してみたりしたのですが、どの対策も効果を見ることができませんでした。

そこで、どういったホームページがXMLサイトマップの最終読み込み日時が更新されないのかについて調査をすることとしました。

実際にこれらの対策を行って改善した会社もあるので、恐らく要因の一つになるとは思いますが、閲覧者さまのサイトで必ず改善されるとは言い切れません。

では、それぞれの事例と対策法をご紹介します。

2年以上更新しなかった時期がある

まず、サイト運営を2年以上更新していなかった時期がある会社さまのXMLサイトマップが一切更新されなくなっていました。

グーグル自体も、ほとんど更新されないXMLサイトマップは、訪問しなくなるという発言をツイッターで見たことがあります。

2年かどうかは不明で、そちらの企業さまでは、約2年の期間でした。

こちらの会社さまの対策法としては、更新頻度を高めて、更新されていることをアピールする必要があると思われます。

そうすれば、どこかのタイミングでグーグルは見てくれるようになり、更新頻度が高いときがついてくれれば、そこからは順調に再訪してくれるようになると考えています。

実際に対策を行われていますが、現状では、まだ効果が見られていませんが、気長に行っていただくしかありません。

404 NOT FOUNDが多い

404 NOT FOUNDが多いホームページの改善を行ってみたところ、XMLサイトマップの最終読み込み日時が更新されておりました。

そちらの会社さまでは、ホームぺージの品質のために、リライトではなく、新規URLでどんどん記事を公開されていました。

そのため、グーグルサーチコンソールのカバレッジ除外に表示される見つかりませんでした(404)の数だけ突出して多かったのです。

そのため、当社の提案としては、同じURLで内容を変えても良いので、記事を作って欲しいとお願いをいたしました。

実際に必要になるページ数は、500を超えておりましたが、ウェブマスターさまがかなり努力をされた結果、70くらいになったタイミングでXMLサイトマップが読み込まれました。

もちろん、たまたまなのかもしれませんが、しかし成功事例であることには限らないので、もし404が多い場合は潰していくのも良いと思います。

ちなみに以下で301リダイレクト数を減らすことで改善された事例もあるので、301リダイレクトではなく、同じURLでページ作成が必要です。

301リダイレクトが多い

当社のホームページの事例です。

当社では、ホームページを制作して12年経過しているので、結構な不要ページが出てきてしまっております。

そして単に削除するだけではなく、実は301リダイレクトも行っていて、その数が600近くありました。

そして、2018年4月で更新が止まっていて、何とかしようと、グーグルサーチコンソールからフィードバックを定期的に送信していました。

また、ワードプレスのプラグインなども半年に1度くらいのペースで変更をして見たりもしております。

ただ、一向に認識されなかったのですが、ある段階で、301リダイレクトが問題なのでは?と考えました。

根拠も何もありません。

301リダイレクト元のURLは削除していたので、XMLサイトマップにも登録されていません。

ただ、なんとなく怪しいし、301リダイレクトも多すぎるしと考えて、1URLずつ復活させることとしました。

もちろん、復活させれば、301リダイレクトは解除しています。

600以上あった数が、現在80くらいになっているのですが、このタイミングで読み込まれております。

301リダイレクトについては、グーグル自体の発表もよく分からないと感じることが多いので、なるべく利用しない方が良いかもしれません。

はてなブログは結構情報が出ている

XMLサイトマップの最終読み込み日時が更新されなかったときに、ツイッターなどで結構検索していたのですが、はてなブログでは成功事例が多く掲載されていました。

具体的な手法としては、読み込まれない/sitemap.xmlの削除を行った後、/sitemap.xml?page=1を送信すると言うやり方です。

これであれば、ファイルが変わっているので、別のXMLサイトマップと認識してくれるので読み込まれる確率は高いと思います。

ただ、一般的なホームページ制作においては、これらの対策を行うよりもやはり正しい状態で、サイト運営を行っておきたいところです。

そのため、当社では実はちょうど昨日、/sitemap.xmlを削除せずに試していたのですが、/sitemap.xmlが読み込まれていたため、今朝削除をいたしました。

もし、運営しているホームページがはてなブログであれば、一度試してみるのも良いかもしれません。

ホームページ制作ではURLを触らないを徹底

このように最終読み込み日時が変わらないと言う点は、実際にかなり調べましたが、グーグル自体の発言は上記の重要性がないと判断した以外ありませんでした。

そして実際に改善された事例で言うと、ホームページ制作が終わり、サイト運営が始まれば、公開したページはリライトで対応するのがベストでしょう。

URLを触ってしまうと、必ずではありませんが、SEO効果を落としたり、XMLサイトマップが更新されなくなったりと、さまざまな問題が発生してしまいます。

もともと当社のホームページ制作はSEOに力を入れていたため、アドレスを変更しないようにお願いしていました。

ただ、今回の件でもっと強くご説明をしたほうが良いのではないかと思いました。

上記が参考にならない例もあるかもしれません。

ただ、最終読み込み日時が変わらないとお悩みの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

恐らくですが、何かが引っかかっているため読み込まれないんだと思います。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP