大阪のホームページ制作会社株式会社セブンデザイン

ウェブサイト制作はお客さまとweb制作会社で成功

ウェブサイト制作はお客さまとweb制作会社で成功

ウェブサイト制作をお客さまに提案をしていると、まれにお客さま自身は何もせずに成果を出せるホームページ制作を希望されることがあります。

現在のSEOで考えると、実はこのお客さまは何もしないというのは非常に難しいものになっていて、ウェブサイト制作段階はもちろんですが、その後の運営もしっかりと対策を行う必要があるのです。

そこで今回は、これからウェブサイト制作をご検討の方向けに、成果の出るウェブサイト制作ではどのようなことを行わなくてはならないのかについてご紹介をいたします。

ウェブサイト制作はお客さまとホームページ制作会社で成功

お客さまとホームページ制作会社で成功

まずウェブサイト制作は、web制作会社だけでウェブサイトを制作するのではなく、お客さまの協力が合って初めて成功するのです。

どういうことかというと、まず初めに企画内容については、基本としては企画内用については、ヒアリング内容に基づいたものになっているのですが、例えば追加の要望があった場合には、それらのコンテンツを追加しなくてはならないのです。

そしてこれらのコンテンツについては、ホームページ制作会社は御社の業界の専門家でもありませんし、さらには御社について精通しているわけでもなく、ウェブサイト作成についての知識を使って最良の提案を行いますが、しかしその内容が自分とイメージが違う場合は、もっとこうして欲しいなどの修正を行う必要があります。

そのため、単にウェブサイト制作は、ホームページ制作会社だけで行うのではなく、お客さまの話をホームページ制作会社が提案書や企画書にまとめ、そしてそれらが本当に御社の業界についてや御社にとって最適化を検討していくことが重要になっております。

そのため、ウェブサイト制作を単にホームページ制作会社だけで行うのではなく、しっかりとお客さまもウェブサイト制作に関わって行くことで、本当に効果的なウェブサイトの制作とすることができるのです。

提案内容はお客さまでないと分からない

提案内容はお客さまでないと分からない

まず、ホームページ制作会社が最初に行うのが、ウェブサイト制作提案になってくると思います。

この提案については、できれば業者発注のために確認することはもちろんですが、ホームページ制作会社が確定したらその提案内容で問題がある箇所を指摘して、より効率的なウェブサイト制作にするためのアイデアを出してもらうことが大切になっております。

実際に弊社は大阪のウェブサイト制作会社になるのですが、この作業は本当に大切だと思っており、もちろん修正がなく制作するホームページもあるのですが、しかし納品直前になってからこのコンテンツがないなどと言われることがあったりすることもあるので、しっかりと提案段階でチェックをし、問題がある場合は修正し来をしていくようにしましょう。

そしてここでの修正や質問は、より具体的であればあるほど、効果的なホームページへの改定が行えるものになっているので、もちろん提案時のお見積りから多少ページが増えたりしても費用を変えないように提案は致しますので、費用が変わるよりも、中途半端な状態でwebサイトを公開することの方が問題であると認識し、しっかりとチェックと修正指示や確認作業を行うといいでしょう。

ワイヤーフレームの確認

ワイヤーフレームの確認

そして提案内容が固まったらホームぺージ制作会社が、すべてのページのワイヤーフレームを作成してくれるのですが、このワイヤーフレームでもしっかりと確認していくと良いでしょう。

このワイヤーフレームでは、主にそれぞれのページでどのような要素があるのかを確認するものになっており、これらをしっかりと確認していくことで、それぞれのページの内容が定まります。

もちろんこのワイヤーフレームの根拠なども提供してもらえるので、これらをしっかりと打ち出せるホームページを制作することで、期待以上の成果を得ることが可能になっています。

webデザイン確認

webデザイン確認

ワイヤーフレームが制作できれば、次にホームページ提案段階で定めたページのデザイン作成を行います。

このwebデザインの確認では、それぞれのパーツのチェックや全体的なイメージを見ていく必要がありますが、基本提出されるのは、ページ全体というよりも、そのデザインをブラウザで見たときどのように感じるかをチェックしましょう。

要素や原稿などはワイヤーフレーム段階で定めているのでここでもっとも大切になるのが、それぞれのパーツデザインになっているので、しっかりとデザインパーツを確認するようにしましょう。

そしてここで大切になってくるのが、コンテンツ箇所については結構目が行くので、しっかりとチェックをしていただけるのですが、ヘッダやフッタなどの普段あまり見ない箇所も確認することで、本当に効果的なホームページとすることが可能です。

最終チェック

最終チェック

そしてデザインが決まれば、コーディングと言われるwebデザインをウェブサイト化する作業を行います。

そしてこれらが終われば、ウェブサイト制作が完了となりますので、しっかりとチェックをしていくようにしましょう。

ここで大切になってくるのが、普段利用しているブラウザだけで確認するのではなく、別のブラウザでのチェックや、PC意外にもスマホやタブレットなどの確認、そしてユーザが見る側のチェックだけではなく、管理画面の操作性などもチェックしていく必要があります。

そしてこれらをしっかりと行うことで、本当にレイアウト崩れのない効果的なwebサイト作成になり、期待以上の成果を出せるようになるのです。

ウェブサイト運営内容の確認

ウェブサイト運営内容の確認

そしてウェブサイトが公開されれば、しっかりとどのような運営を行うかをホームページ制作会社に確認するようにしましょう。

この運営がなければ、成功させることが難しくなっているので、計画を立てて少しずつ着実に対策を行い続けることで成功させることが可能になります。

ウェブサイト制作は、制作して終わりではなく、運営し続けることで期待以上の成果が出るのです。

しっかりとウェブ制作に関わろう

ウェブ制作に関わろう

このように成果の出るウェブサイト制作においては、ホームページ制作にしっかりと関わって行くことが重要です。

ウェブサイト制作をホームページ制作会社に任せきりでももちろん、ウェブサイトは公開されますが、しかしそのホームページが効果的かどうかはそのホームページ制作会社次第になっております。

そのため、しっかりとホームページ制作会社を選んだら、しっかりと御社もウェブサイト制作に関わり、本当に効果的なホームページ制作が可能になっております。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績