大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

Web制作会社に依頼したら最低限行いたいポイント

Web制作会社に依頼した後のポイント

Web制作で成果を出すためには、Web制作会社のノウハウだけではなく、お客さま側においても、成果の出るホームページを制作するための体制が必要になってきます。

そのため、Web制作体制を構築してから、Web制作を実施することが望ましいのですが、しかし一般的な中小企業さまにおいては、そもそも専任でホームページの担当者を雇用することが難しく、一般的には経営者さまや営業マン、あるいは経理の方が、ホームページの担当者となってきます。

このように、一般的に良くあるのが、何かの作業と兼任をしてホームページも担当することになるのですが、しかし実際にWeb制作の確認作業だけでも、兼任だと少しハードルが高いものになってきます。

そのため、今回は本当に最小限ですが、兼任のお客さまでもできる成果の出るWeb制作のポイントをご紹介いたします。

兼任でも成果を出すために

Web制作で成果を出すためには、お客さま側で、膨大な作業量やWeb制作会社への確認作業が必要になります。

基本的にはWeb制作においては、多くの会社さまで成果を求められると思いますが、成果を出すためにWeb制作会社は、非常に多くのことを検討しています。

そしてこの検討内容を、例えばワイヤーフレームに落とし込んだり、デザインに反映させたりすることで、成果を出すことが可能なのですが、しかし通常であれば、これらの検討内容をワイヤーフレームやデザインなどに落とし込む前に、随時お客さまに確認をして、「この方向性で良いかの確認」を行っているのです。

そしてこれらを確認し始めると、お客さまの労力も非常に高いものになり、さらには原稿作成や画像などの手配も行わないといけないため、専属でないとこれらを実行することが非常に難しくなっているのです。

では、兼任では成果を出せないかというと、そういうことはなく、要所要所でしっかりと資料を作成・確認したり、Web制作会社とお打ち合わせを行うことで、最大の成果を得ることが可能になってくるのです。

では具体的にどのような作業を行っていくかについてご紹介をいたします。

企画はしっかりと検討しよう

Web制作会社は、ホームページの提案段階で提案書や企画書をお客さまに提出していると思います。

そしてこの提案・企画内容に対して、何もお客さまから言われなければ、集客ルートであったり、Web運営内容、さらにはサイト構成などがそのままの状態でWeb制作を行います。

もちろんそれでも良いと考えられる方も多くいらっしゃいますが、しかしWebぺージ制作が始まった後の修正はできる限り回避したいものになっており、この修正はいたずらに納期を伸ばすだけのものになっております。

さらには修正内容によっては、作業量が多い場合は、別途料金となることもあるため、Web制作会社に発注後でも構いませんので、しっかりと企画や提案内容を見直す作業が必要になります。

そして集客方法やターゲットユーザが異なっている、サイト構成を変えたいなどの場合は、Web制作会社に伝えることで、御社のホームページは企画段階でしっかりと修正ができるので、よりスムーズなWeb制作が可能になるのです。

ワイヤーフレームの確認法

ワイヤーフレームとは、ホームページの線画になっており、基本的にはデザイン作成前に、すべてのページのワイヤーフレームを作成しております。

現在のホームページのデザインとは異なりますが、以前弊社が作成したワイヤーフレームはこちらになっております。

上記のリンク先がワイヤーフレームになっているのですが、基本的にはWeb制作をご発注いただけましたら、すべてのページに対して、このワイヤーフレームを作成いたします。

弊社の場合は、このワイヤーフレーム作成段階で、弊社で分かる範囲になりますが、原稿作成を行っており、その原稿を見てリライト作業を行うことで、原稿作成がよりスムーズなものになってくるのです。

そしてこのワイヤーフレームの段階においては、基本的にはすべてのページの原稿作成を行う必要があると思っており、ここでダミーテキストで進めてしまうと、Web制作後にこのページの内容を変えてほしいなどの依頼が発生してしまうことがあるのです。

さらには、デザイン作成後やWeb制作が完了後に変更することは、内容によっては別途料金となることもあるので、しっかりとワイヤーフレーム段階で原稿を入れていくことが重要になり、これらをしっかりと行うことで、本当に効率の良いWeb制作となるのです。

このワイヤーフレームでは、基本的には写真などは当てはめる必要はなく、とにかく大事になるのは、ページ構成と原稿のチェックとなっております。

デザインはこだわり過ぎない

そしてワイヤーフレームの作成が終わり、問題がないとなると、ホームページの提案段階で定めたページのデザイン作成が始まります。

このデザイン作成は、もちろん優れたデザインを提出することは当たり前になるのですが、しかし細かなところであまりこだわりすぎると、Web制作が一向に進まないということがあるのです。

例えば、各ページのメイン画像の写真をこのパターンで見てみたいと思ったときに、Web制作会社として、そういう指示があれば、その指示通りに写真の差し替えを行うのですが、やってみて「やっぱり元のが良い」ということが本当に多くあります。

そして弊社もディレクターがしっかりとAの写真とBの写真を見比べたときに、どっちの写真でもおそらく成約率は変わらないと説明をさせていただきますが、どうしてもとなると、写真の差し替え作業を行います。

そして「写真の差し替えだけであればすぐだろう」と思われるかもしれませんが、しかしこの枚数が多ければ多いだけ、弊社の作業時間が増えるものになり、当然納期も延びてしまうのです。

もちろん必要であれば、改定は行うべきだとは思いますが、しかしあくまでWeb制作は、目的があって制作されていると思いますので、その目的に対してのデザイン修正指示にとどめることが重要になります。

納品前にユーザになりきってチェックを

デザイン作成が終わり、コーディングが完了したら、すべてのページをWeb制作会社はもちろんですが、お客さま側でもしっかりとチェックをしていく必要があります。

基本的にはWeb制作会社が行ってくれるチェックは、PCであれば、グーグルクロームとファイヤーフォックス、エッジ、オペラでの確認と、後はスマホとタブレットでの初期ブラウザでの確認作業になってきます。

そして、Web制作会社は、これらの環境でしっかりとチェックを行い、問題がある場合は修正をしているので、お客さまのチェック作業の段階では、それほど修正依頼をすることはないと思いますが、しかしWeb制作会社がチェック漏れをしている箇所があればしっかりと改善していかなくてはなりません。

これらの作業をしっかりと行うことでホームページはレイアウト崩れをなくし、本当にユーザにとって扱いやすいホームページとなるのです。

管理画面を使ってみる

そして結構な割合で確認して頂けないのが、管理画面になってきます。

基本的にワードプレスで制作したホームページの場合、管理画面を「このように変えてほしい」と言われても対応できないこともありますが、しかし更新ページの操作性は非常に大切になっております。

この操作性を高めることの効果は、更新頻度を高めることに繋がっており、できる限り楽に更新できる方が良く更新されるイメージがあります。

そのため、Web制作が完了したら、実際にすべてのコンテンツに対して更新作業を行ってみて、更新がしづらい箇所については、どういう点が更新しづらいかをWeb制作会社に伝えることで、改定できる箇所を改定してもらうことが可能になるのです。

作業量は多いが兼任でも成果を実現

これが最低限のWeb制作におけるお客さまのポイントになっており、これらの作業は基本的には兼任であったとしても、しっかりと行うことが重要になってきます。

Web制作は、Web制作会社に任せきりにするのではなく、出てきた成果物の品質を高めるために、しっかりとお客さまでチェックをしていくようにしましょう。

さらには、管理画面などにおいては非常に大切な要素になっており、ワードプレス制作であっても、少しでも更新がしやすいように管理画面をカスタマイズすることが可能ですので、更新しながら管理画面を確認することで、本当に扱いやすいホームページとなるのです。

また、今回の記事には触れておりませんが、HTMLコーディングとSEOは密接に関わっているので、もしある程度ソースコードが読める場合は、ソースコードの記述法なども確認すると良いでしょう。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績