HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

成果を出せるWebサイト制作会社のサービス提供体制

Webサイト制作会社のスキル

最近のホームページ制作は年々難易度が上がっていると思います。

それは、主にSEOが原因になっていて、日進月歩で変化するSEOに対応し続けることは非常に大切です。

また、さらにはSEOだけであれば少し頑張れば対応ができるのですが、そこにさらにウェブデザインやウェブブラウザ対応など、さまざまなことを検討しなくてはいけません。

そこで今回は、成果を追求したWebサイト制作会社に求められるスキルはどのようなものになるかをご紹介します。

あくまで、弊社の考え方になっていて、弊社が力を入れているポイントであり、必ずという意味ではないので、ご理解をお願いいたします。

成果の出るホームページ制作に必要なポイント

成果の出るホームページ制作には、いくつかのポイントがあると考えています。

そのポイントは以下でご紹介する集客と成約、そしてサポートになっています。

集客

当たり前の話ですが、人が集まらないホームページは絶対に成果を出せません。

また、単に人を集めるだけではなく、見込み顧客を集めなくてはいけません。

そのための手段として、SEOやソーシャルメディア運用、リスティング、YouTube広告への出稿などの手法があります。

そして弊社では、ホームページ制作直後であれば、SEOに全力で取り組んでいただいていて、まずはSEOで成果を出すことで予算を確保して頂いています。

成約

ホームページは、見込み顧客を集めるだけでは、期待通りの成果しか得れず、期待以上の成果を出すには、成約対策が必要になります。

例えば、月間で100人の訪問者のうち1人がお問い合わせをしてくれれば、そのホームページの成約率は1%前後になります。

そしてそのホームページで、お問い合わせ数を100件にしようとすれば、100倍の10,000人の訪問者数が必要です。

業種やホームページのテーマによっては、10,000人を集めるのは本当に大変になっているので、そこで例えば成約率対策を行うのが良いでしょう。

集客対策と並行して成約対策を行うことで、例えば成約率を2%にすると、訪問者数は5,000人の訪問や数で良くなります。

もちろん、成約率2%は異常に高い数値ですが、基本的には集客対策と成約対策を並行することで、極力少ない訪問者数で成果を出せるようになります。

サポート

弊社では、ホームページ制作が終わったら、必ず有料と無料のサポートを行っています。

このサポートは実際にお客さまの成果を追いかけているかなり大切であると考えていて、サポートをしっかりとご利用のお客さまは本当に高い成果を得ています。

弊社で最も多いのが無料サポートのご利用になっているのですが、無料サポートでもしっかりと利用することが大切です。

例えば、ホームページ制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスでは、作業自体はクライアントさまが行い、定期的に電話やZoomでSEO施策のご相談をいただきます。

無料サポートになるので、資料作成はしていませんが、しかし聞いた内容を自社でしっかりとメモをして、楽して行うための対策を検討した上で実行されています。

また、別の会社さまでは、リスティング広告運用代行会社を利用して、成果は問題ないのですが、メールアドレス作成やサーバートラブルは弊社にご相談をいただいています。

そして、何かしらの問題が発生したときには、すぐに対応を行い、ホームページのトラブルがほとんどないサイト運営をされています。

このように、どのような利用でも問題はないのですが、ホームページを安心で安全に利用するために、サポートを利用することで、本当に効果的なホームページとなるのです。

では、実際に成果を出すために、Webサイト制作会社が意識すべきスキルをご紹介したいと思います。

ディレクション

ホームページから成果を出すためには、コーダーやウェブデザイナー、ウェブプログラマーだけの力では絶対に成果を出せません。

制作者がより成果を意識するために、ディレクターや営業がしっかりとディレクションを行い、目的共有や具体的な対策法を検討して初めて効果を発揮するのです。

例えば、リスティング広告で集客するのに、リスティング広告をまったく考えないウェブデザインを作成しては効果を発揮できません。

このように、ホームページの目的をしっかりと定め、お客さまと弊社内のホームページ制作に関わるスタッフすべてで目的を共有することで、お客さまの期待通りの成果を出せるのです。

また、ホームページ制作を円滑に進めるために、スケジュール管理なども重要な要素の一つです。

ウェブデザイン

ウェブデザインは、闇雲に作成したり、お客さまの言いなり、さらにはウェブデザイナーの勘や経験で作成するものではありません。

ターゲットユーザーを明確にし、そのターゲットユーザーが満足ができるウェブデザインを作成しなくてはいけません。

例えば、エコ商品を販売しているホームページで、金や銀の色を多く利用してしまうと、ユーザーは何のホームページかが分からなくなってしまいます。

さらには、読みやすさや理解度を最適化することも大切で、そのページを見たユーザーがクライアントさまの配信している内容を100%理解してもらえるウェブデザイン作成が大切です。

このように単に文章を掲載して、なんとなく見栄えが良いと考えるのではなく、ウェブデザイン全体でユーザーに対して最適化を行うのが重要になっています。

HTMLコーディング

コーディングで意識すべきは3点です。

  • ウェブデザイン案と1pxの狂いもないピクセルパーフェクト
  • 正しい文法で検索エンジンに正しく認識してもらう
  • SEOのためのクローラビリティー

上記3点が非常に大切で、SEOを行われるのであれば、正しい文法での記述と検索エンジンのクローラーの巡回効率を最適化しなくてはいけません。

この巡回効率については、クローラーは、内部リンクを辿りさまざまなページやCSSなどを確認しているため、内部リンクの最適化が重要になっています。

また、当たり前ですが、ピクセルパーフェクトも重要で、このブラウザで見れば適切だけど、このブラウザはレイアウトが崩れていると言うのは回避しましょう。

ウェブシステム開発

ウェブシステム開発においては、SEOへの考慮とサイト運営のしやすさを意識する必要があります。

SEOへの考慮はそこまで難しいものではなく、一般的に言われる施策をしっかりと行うこと、そしてPHPなどの要素は外部ファイルに記載をします。

そしてもっとも難しいのが、サイト運営のしやすさになっています。

これは管理画面の作成法にもかなり依存をしていて、基本的には管理画面が本当に操作しやすくなければ、次第に更新がされないホームページになってしまうのです。

そのため、弊社では、まずはウェブデザイナーなどが管理画面のデザインを作成し、その後コーダーがコーディングをして、実際の管理画面を触ってみてご指摘をいただきます。

その後に、本当にこれならサイト運営がしやすいとなってから、ウェブシステムを導入することで、本当に更新してもらえるホームページとしています。

現在の成果の出るホームページでは、更新頻度が非常に大切なので、フルスクラッチのウェブシステム開発を行う際にはしっかりと更新のしやすさを追求しましょう。

アクセス解析などの分析

ホームページは制作をして、SEOなどの集客対策さえ行えば良いものではありません。

集客対策は、確かに非常に大切ですが、集客対策だけの場合は、期待通りあるいは期待よりも少し低い成果しか得ることができません。

そこで大切になってくるのが、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析やマイクロソフトのClarityなどのヒートマップを使った分析になってきます。

これらの解析結果を見ながら、数値データとして、ホームページが抱える問題点の明確化と改善を行えば、期待以上の成果を出せるホームページとなるのです。

そしてこれらのツールはお客さまだけでは利用が難しいのでWebサイト制作会社や専門業者などのサポートを受けることが必要だと思っています。

ホームページ制作の成果を追求

Webサイト制作会社は、ホームページ制作の成果を追求すべきであると考えています。

そのためには、SEOなどの集客対策や、アクセス解析などの成約対策、そして公開後にしっかりとウェブ全体をサポートする必要があると考えています。

もちろん、100%成果が出るのが理想ですが、ライバルサイトの強さなどによっては、十分に成果を出せない可能性もあります。

しかし、そういった場合であっても、とにかく成果を追求し、次の一手を打ち続けることが重要ではないでしょうか。

上記が弊社が考えるWebサイト制作会社に求められているスキルであり、弊社では上記に力を入れたホームページを制作しています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP