大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

コーポレートサイトに求められるもの

弊社のコーポレートサイト制作のポイント

弊社は大阪のWeb制作会社になるのですが、弊社では、1サイト目のホームページを便宜上コーポレートサイトと呼んでおります

その理由は、運営のための人員数が確保できたり、予算が潤沢にある会社さまであれば、複数のホームページを制作したりできるのですが、しかし大半の会社さまでは、1サイトだけで、運営労力的にも、予算的にも、手いっぱいになっており、そのため基本的には会社に1つとなることが多いため、便宜上1サイト目をコーポレートサイトと呼んでおります。

そして、基本的にはこのコーポレートサイトだけで成果を出すことが求められているのですが、この成果の出るコーポレートサイトとするためには、コーポレートサイトを制作する前にしっかりと、運営についても検討していくことが重要になるのです。

では、実際に弊社がコーポレートサイトの制作の際に、意識してお客さまに提案しているポイントをご紹介いたします。

本来のコーポレートサイトとは

一般的に言われるコーポレートサイトとは

本来のコーポレートサイトとは、基本的には御社の情報を中心に掲載したホームページのことを言います。

例えば、サービスはどういうサービスを提供しているのかや、会社情報はどういうものなのか、社内の雰囲気はどんな感じかなど、サービス情報を充実させることではなく、御社の情報を明確に理解できるホームページをコーポレートサイトと呼ぶのです。

このコーポレートサイトでは、基本的にはサービスの情報はサービスサイトでしっかりと紹介していることが多くあるのですが、実際に1サイト目で、会社情報だけを掲載しているコーポレートサイトでは、成果を出すことができないため、弊社の実績としては、実はそれほどコーポレートサイトを制作することはありません。

弊社でもっとも多いパターンが、コーポレートサイトとサービスサイトを合わせたホームページになっており、基本的には社名SEOで成功することはもちろんですが、【業種名 地域名】での上位表示ができるWeb制作を行っており、これらを行うことで、1サイトであったとしても期待通りの成果を出せるようになるのです。

そのため、弊社のこれまでの実績では、0ではありませんが、あまりコーポレートサイトを制作するという機会はほとんどなく、どちらかというとサービスサイトにプラスアルファ会社の情報を打ち出したホームページとなっているのです。

では、上記のように弊社のコーポレートサイトでどのような点を意識していくことが重要になっているかについてご紹介をいたします。

情報を網羅させることが大切

情報の網羅

基本的には、お客さまや弊社のホームページでもそうですが、1サイトしかない場合は、情報を網羅させることが重要になります。

例えば、各サービスについて詳しいページを作成したり、さらには会社情報も充実させることで、【会社名】や【業種名】のどちらで検索を行ったときにも、成果に繋がるくらい情報が網羅されていることが重要になるのです。

基本的には、【会社名】で検索したユーザーがどのような情報を見たいのかを考えて、そしてその情報を網羅させること、さらには【業種名】で検索したユーザーが満足できるくらいの情報をすべて掲載することが重要になっており、この情報の網羅性が弊社が一般的に行うコーポレートサイトに重要になるのです。

そして実際に、弊社のWeb制作では大体ですが、情報を網羅させるために必要なページ数として、20ページくらいは最低限必要になっており、20ページをしっかりと作成していくことで情報が網羅されたコーポレートサイトとすることが可能なのです。

ただし、この20ページでは、実は集客力としては不足しており、集客力を高めるためには、運営の中で新規ページの作成を行い、これまでの弊社の実績では、100ページから300ページほどのホームページへと成長させることが重要になるのです。

普遍的なデザイン

デザインの普遍性

基本的にはホームページの数が多いほうが、その後の成果を出すための対策が非常に行いやすくなっております。

しかし、実際に弊社のこれまでの経験からは1サイト目を制作された方が、すぐに2サイト目というのは非常にまれなケースになっていて、大体ですが5年から10年くらいは1サイト目だけを運営されることが一般的です。

そのため、最低でも5年間は対応できるデザインを作成することが重要になっていて、弊社のWeb制作では基本的には流行だけを追いかけたデザインではなく、基本的なデザイン指針としては、「ユーザーニーズに対して最適なデザインであること」と、「少しの流行を取り入れたデザイン」、「ユーザーの操作性を意識したデザイン」の3つに力を入れてデザインといたしております。

流行りを追いかけたデザインを作成していると、デザインの流行は2年でマイナーチェンジ、5年で大きな変化があると言われておりますので、この流行りだけを意識したデザインでは、実は定期的なリニューアルが必要になるのです。

もちろん、ホームページを公開して、ある程度の運営期間を持たれている会社さまであれば、それなりに成果を出しているので、5年に1回フルリニューアルを行っても利益が出るという会社さま出れば、問題はありませんが、初めての方であれば、本当に利益が出るのか不安に思われていると思われますので、いきなり流行りを追いかけたデザインではなく、普遍的なデザイン作成を実施されて、より長く利用することを考えることが重要であると思います。

運営を考えることも大切

運営の重要性

普段弊社が1サイト目に制作するコーポレートサイト、すなわち本来のコーポレートサイトとサービスサイトが統合されたホームページでは、より成果を出せるようにするためには、スタッフブログが重要になっております。

その理由は、集客で成功すれば期待通りの成果を得れるものになっているのですが、SEOとソーシャルメディアを利用した集客対策を実施する場合は、スタッフブログで新規ページを作成したりリライトを行うことが重要になるためです。

例えば、SEOにおいては、上位表示を行いたいキーワードに対して詳しいページ作成を行うことが最低限のSEOになっておりますし、ソーシャルメディアにおいては、記事ページをソーシャルメディア内で拡散させることが非常に効果的な集客ルートになるのです。

このように、集客対策においては、基本的には運営を行うことが重要になっており、弊社ではWeb制作時はそれほど多くの更新ができないと言われたとしても、今後SEOやソーシャルメディア運用を行う可能性がある場合においては、必ずスタッフブログを提案しているのです。

そして、弊社のこれまでの経験から、ホームページの成果と直結する可能性が高いのがSEOになっており、このSEOで成果を出すためには、必ず制作時から運営で具体的にどのようなことを、どのようなスケジュールで行うかを検討することが重要になるのです。

コーポレートサイトを長く利用

コーポレートサイトをより長く利用する

弊社の売上にもっとも繋がるのは新規Web制作やリニューアルになっております。

しかし、1サイト目になるコーポレートサイトにおいては、お客さまの成果を考えた場合には、長く利用することが重要であり、もちろん放置しているようなコーポレートサイトではまったく意味がありませんが、毎日少しずつでも運営を行っていくことで、必ずコーポレートサイトの成果は緩やかに向上するのです。

ここで言うコーポレートサイトの成果とは、基本的には、お問い合わせ数などの成果の数ではなく、お客さまが確認すべきデーターは検索順位や検索からの訪問者数になってはきますが、運営量が多くなればなるほど、御社のホームページは成果の獲得に近づくようになっております。

そのため、基本的には弊社では、1サイト目であれば、少しでも長くご利用していただくために、情報の網羅性や普遍的なデザイン、さらには継続して運営が行えることに注力しており、実際に弊社が創業した当初にWeb制作を行い、公開した後1年後くらいに高い成果を出した会社さまがいらっしゃるのですが、そちらの会社さまでは、10年以上リニューアルせずにホームページを利用されております。

上記が弊社が考えるコーポレートサイトになっており、もちろん1サイト目のコーポレートサイトであったとしても、成果を出していればリニューアルの提案を行うこともありますが、基本的にはより長く利用ができ、そして成果の出るコーポレートサイトを提案いたしております。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績