大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

ワードプレス制作のHPをバージョンアップ

ワードプレスのバージョンアップを行おう

弊社では、ホームページ制作を行った企業さまのホームページ運営サポートを行っており、その中のある会社さまのホームページにおいて、バージョンアップ作業をさせていただきました。

原則ワードプレスで制作したホームページのバージョンアップは、ワードプレスの管理画面にバージョンアップの文言が出るので、その文言をクリックするだけで実施することが可能なのですが、PHPなどのバージョンアップも絡めた作業になっていましたので、別の方法でバージョンアップを実施いたしました。

ワードプレスのバージョンアップにおいては、PHPのバージョンアップなどを行うと、そのホームページの制作手法によっては、正しくウェブサイトが機能しない場合もあるので、細心の注意をしなくてはなりません。

そこで今回は、ワードプレスのバージョンアップについてご紹介をいたします。

まったくワードプレスのバージョンアップを行われていない方は、是非この機会にバージョンアップをお願いいたします。

ワードプレスが古いとPHPのバージョンも古い

古いワードプレスとPHP

ワードプレスのホームページ制作案件をいただくと、もちろん管理画面にでてくる更新ボタンを押すだけで対応が可能であれば、それで問題がないのですが、しかし多くの場合はPHPのバージョンが古いというメッセージが出てきます。

このメッセージがでてくると、PHPのバージョンをご契約のレンタルサーバー会社さまのサーバーパネルなどから、PHPのバージョンを上げる必要が出てきます。

このPHPのバージョンアップを行うと、現在のホームページはワードプレスで制作することが当たり前になっているのですが、ワードプレスが正しく動作しなかったり、プラグインが正常に動かなくなったりする恐れがあります。

そのため、PHPのバージョンアップを含めたワードプレスのバージョンアップを行う際には、少し通常のバージョンアップよりも手間と予算がかかるものになっています。

そこで、弊社がこれらの対応を行うときに実施することをご紹介いたします。

新規ドメインの取得とサーバー設定

サーバーとドメイン

まず、ワードプレスのバージョンアップで不具合が起きてしまうと、非常に手間のかかる作業が発生するので、基本的には別ドメインを取得いただきます。

この作業を行う理由は、別ドメインを取得して、そこに最新のワードプレスやプラグイン、PHPのバージョンにしたホームページをコピー作成するためになっております。

そしてここで作成していき、不具合が起こった場合に、それらを修正して完全な状態にすることで、最新のセキュリティーが導入されたホームページになるのです。

完成したら本体ドメインのホームページのPHPバージョンアップ

PHPバージョンアップ

そして、その最新の状態になったホームページを本体のドメインに移し替える作業を行います。

ただし、移し替える前にPHPのバージョンをアップして、現在のホームページのデータを削除してから移し替え作業を実施するので、ホームページの規模によっては異なりますが、数分間はホームページが表示されなくなってしまいます。

そして本公開が終われば、一度不具合がないか、もう一度全ページの確認をして不具合がなければホームページのバージョンアップが完了になります。

ホームページの規模によって料金と納期が変わる

料金が変わる

これはすべてのホームページ制作会社さまで共通だと思いますが、基本的にはこのバージョンアップを行うことは、比較的時間のかかるものになっています。

まず別ドメインでのホームページ制作作業とページ数が多ければ多いだけ、そのチェック作業が必要になっており、これらの作業はページ数が多ければ多いほど、時間がかかるものになります。

さらにそこまで大きな費用ではありませんが、ページ数が多いほうが、データの移し替えに時間がかかるので、そのデータ移し替えを行っているパソコンの占有時間が大きく向上いたします。

そのため、あまりにページ数が多いホームページでは費用も納期も高いものになりますが、弊社で現状行っている大体の納期と費用の平均は、納期が2週間程度、費用が250,000円程度になっております。

そこそこ予算がいる作業ですが、これらをしっかりと行うことは非常に大切になってきますので、しっかりと行ったホームページ制作が重要になるのです。

バージョンアップを行わないリスク

バージョンアップしないのはリスク

基本的には、弊社はホームページを制作する際に、定期的で良いので、バージョンアップはご依頼くださいとお願いをしております。

もちろん、PHPのバージョンアップがなければ、もっと安い価格でも対応が可能なのですが、その話をすると多く返ってくる言葉が、「バージョンアップをしないとどうなるの?」というご質問になります。

このバージョンアップを行わなかった場合、弊社がこれまで見てきた限りで言うと、ウィルスに感染する可能性が高まるというデメリットがあり、ウィルスに感染すると、まず調査を行う必要がありますので、その調査の費用と納期がかかり、さらにはホームページの内部の改定が必要な場合や、迷惑メールがお問い合わせフォーム経由で大量に発生する恐れもあるのです。

そうなってしまってから対応をすることは非常にデメリットが大きいものになっており、さらにホームページ制作会社としても、対応は可能だけど、その対応で直るか分からないということもあるのです。

そのため、こまめにバージョンアップを行い、新しいPHPのバージョンがリリースされれば、サーバー会社からのメールで連絡が来ますので、しっかりとチェックをしていくことで、無駄なコストをかけないホームページ制作になるのです。

ぜひバージョンアップをお願いします

ワードプレスをバージョンアップしよう

ワードプレスのバージョンアップは非常に面倒くさいものですし、さらにはそのためにコストをかけるのは、ホームページの見た目が変わらないので、無駄な予算のように思われることもあります。

しかし、最も大切なのは、バージョンアップがあるたびにしっかりと対策をすることであり、そうすることで、安心安全なホームページ運用にすることが可能なのです。

再三にはなりますが、バージョンアップをせずにホームページ運営を行うことはリスクしかありませんので、問題が発生する前にしっかりとバージョンアップを行うことがお薦めになります。

TOP

ホームページ制作実績