大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

Web制作後に確認したいワードプレスの設定

確認したいワードプレスの設定

現在のWeb制作の大半がワードプレスで行われております。

現在の弊社のWeb制作実績においても、8割程度がワードプレス制作になっているくらい、Web制作にとってワードプレスは重要なツールになっていて、このワードプレスでホームページを制作することで、低価格でホームページ更新システムを搭載することができるのです。

しかしこのワードプレスは、しっかりと設定をしておかないとSEO効果が出なかったり、安全性を保てないなどの問題が発生することがあります。

多くの会社さまでワードプレス制作

現在弊社のWeb制作実績として、8割くらいのお客さまに対してワードプレス制作をご提案しております。

このワードプレスは、2010年頃から出始めたホームページの更新システムになっており、弊社においては、2010年頃はかなりワードプレス制作に苦戦をしておりましたが、現在は昔に比べれば慣れてきてたので、HTMLでホームページを制作するよりも、ワードプレスで制作したほうが楽になったくらいです。

このワードプレス制作は、基本的にはPHP言語を利用するホームページになっているので、当初は弊社のデザイナーやコーダーなども、あまり設定方法なども分かりませんでしたが、現在はある程度、ワードプレスで制作すればどのようなリスクがあり、それらを最適化するための設定方法がどのようなものになるのかを理解しております。

そこで今回は、ワードプレス制作を行ったお客さまが、納品後に必ずチェックをしていただきたいポイントをご紹介いたします。

Web制作会社に確認

今回ご紹介するワードプレスの設定については、設定方法は管理画面から行う方法の他にも、直接PHPに書き込む方法などもあるため、管理画面を見るだけでは判断することができないものになっております。

そのため、以下でご紹介する設定を確認する際には、そのワードプレスを制作したWeb制作会社に問い合わせることが最も早い確認方法になっております。

当然ですが、当社のワードプレス制作では、以下でご紹介する対策は、すべてしっかりと行っておりますのでご安心ください。

1. バックアップの取得

まず安心で安全なWeb運営を行うためには、ワードプレスのバックアップを行うようにしましょう。

このワードプレスのバックアップについては、自動取得と手動取得の方法があります。

自動取得については、別記事でもご紹介している「BackWPup」などのバックアッププラグインを利用することで完全自動でバックアップを行うことが可能になります。

弊社の場合は、不定期で手動でバックアップを行っているのですが、その理由は単純にプラグインがあまり好きではないからという理由になっています。

自動取得の場合は、サーバーとデータベースのファイルを一式でダウンロードできるように設定すること、手動取得の場合はサーバーのバックアップを行ってからデータベースのバックアップを行う必要があります。

このバックアップの取得は安全にワードプレスを利用するためには必須になっていて、例えばワードプレスのバージョンアップを行った際に不具合が起こればすぐに元のデータに戻せるなど、非常に大きなメリットがあります。

2. ウィルス対策

ワードプレスは世界でもっとも利用されるホームページの更新システムであり、言い換えると世界でもっともウィルスのターゲットになるホームページの更新システムになっています。

そのため、スパム対策はきっちりと行っていかなくてはならず、ワードプレスに脆弱性があるとすぐにウィルスのターゲットとなってしまうのです。

そしてこのウィルス対策においては、基本的には大きなウィルスについてはワードプレスのバージョンアップで対策が取れるのですが、細かなコメントスパムなどについては、バージョンアップを行っても回避することができません。

そのため、このコメントスパムに対しては、Akismetなどのプラグインを利用してしっかりと対応していくことが重要になります。

当社でもAkismetは多くの会社さまに導入をしており、Web制作後にコメントスパムが大量に発生した場合に、このAkismetを導入することで、一切コメントスパムがなくなっております。

3. SEO設定

お客さまでは少し分かりづらい内容になっておりますが、ワードプレスはSEOがしっかりと行えるホームページの更新システムになっており、ワードプレスでWeb制作を行うこと自体がSEOに強いわけではありません。

そしてこのSEO設定をしっかりと行うためのツールがAll in One SEO Packになっており、All in One SEO Packを導入ししっかりと設定をしていくことで、本当にSEOに強いホームページとなるのです。

このAll in One SEO Packで弊社が利用している機能としては、「XMLサイトマップの生成」と「すべてのページで固有のページタイトルメタディスクリプションを設定」の2点になっており、これらを行うだけでもSEOにとっては効果的なものになっております。

もちろん、All in One SEO Packを入れなければならないということはなく、「XMLサイトマップの生成」と「すべてのページで固有のページタイトルとメタディスクリプションを制作」できれば問題はありません。

4. ホームページの表示速度設定

こちらは基本的には弊社はワードプレス側での設定は行っておらず、コーディングの仕方で対応をしているのですが、現在のSEOにおいては表示速度は非常に大切になっております。

この表示速度を計測するツールとしてはさまざまあるのですが、もっともメジャーなツールはグーグルが提供するPageSpeed Insightsになっております。

こちらのツールについては、検索ボックスがあるため、そこに自社のトップページのURLを張り付け、その右にある分析ボタンをクリックすることで、表示速度の点数化と問題点の提示を行ってくれます。

そしてこの点数を表示してくれるというのが実は結構問題で、点数を見ると100点を目指したくなるとは思いますが、基本的にはPCであれば50点以上、スマホであれば70点以上あれば問題ありません。

この表示速度を改善するためのプラグインも多数出ており、ソースコードは触れないという方は「EWWW Image Optimizer」や「Head Cleaner」などのプラグインを利用しましょう。

また、この表示速度改善のプラグインは本当に多くリリースされておりますので、【ワードプレス プラグイン 表示速度改善】などの検索キーワードでグーグル検索を行うことで、最適なプラグインを見つけることが可能です。

上記設定は一部

今回ご紹介したワードプレスの初期設定は、本当に一部の設定になっており、もっと詳しく言うと本当に多くの設定があります。

しかし最低限と言われると上記の4点になっており、これらをしっかりと行えていることが、ワードプレスで制作したホームページのスタートラインになっております。

そしてこれらの設定を最低限として、そこから先はSEOを行いたいのであればSEO設定を、安全性を高めたいのであれば安全性を高める設定というように必要に応じて設定を追加されていくと良いでしょう。

現在ワードプレスは、非常に多く利用されているため、グーグル検索などを行えばお求めの情報がすぐに出てくるものになっておりますので、ご要望ごとの設定法につきましては、グーグル検索などをご利用ください。

また、有償にはなってしまいますが、弊社にご相談をいただければ、お客さまのご要望にあった設定をしっかりと行わせていただきますので、ご希望の場合は以下にある電話番号またはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績