大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

ワードプレスの更新マニュアルが必要かどうか

弊社では現在、ワードプレスでのホームページ制作が基本になっています。

そしてこのワードプレスは基本的には、自社で自由にホームページの更新ができるというメリットがあり、お客さまにとってはホームページの更新費用がかからないため、非常に魅力的ではないでしょうか。

そして弊社では、ワードプレスでホームページを制作すると、必ず更新マニュアルをご用意していたのですが、これについて形を変更していき、より効果的な更新マニュアルにしようと考えております。

そこで今回は、ワードプレスでホームページを制作した際の更新マニュアルの提供についてご紹介をいたします。

従来のワードプレスの更新マニュアルをパワーポイントで作成していた

従来は、納品時にワードプレスの更新マニュアルを作成して、パワーポイントでの提供を行っておりました。

このパワーポイントでは、画面キャプチャーを取りながら、ここにこの文章を入れるとこのように表示されますなど、かなり詳細に作成していたと思います。

しかし、この更新マニュアルについて実は弊社ではある疑問を持ち始めたのが、更新マニュアルに記載していることを結構な頻度で後日ご連絡をいただくことが多かったのです。

そのため現状のままでは問題があると感じ、今後は更新マニュアルの在り方を変更しようと考えております。

なぜ更新マニュアルを見ないのか

弊社の疑問としては、更新マニュアルに記載している内容であったとしてもなぜご質問をいただくのかになります。

それは基本的に資料を作成してお送りしていても実はほとんど見られておらず、さらには基本はPDFでお送りしているのですが、その資料もしっかりと保管されていないことが問題になっています。

これは仕方がないのですが、一般的には、普段使わない資料を最初に熟読する方もいないと思っておりますので、取り敢えずはホームページ制作会社からワードプレスの更新マニュアルを貰ったら、後で見ようと保管をしておいて、そして見るころには保管場所すら忘れてしまいます。

そのため、せっかく作成したワードプレスの更新マニュアルですが、ほとんど見られることはなく、実際に更新を行って分からない箇所がでてくるとホームページ制作会社に質問をしてしまうのです。

このようにワードプレスの更新マニュアルをPPTで、もっと正確に言うとPDFで作成することは作業量ばかりが増えることになり、実際にはそこまで効果を生み出さないと判断をいたしました。

どうすれば見てもらえるのか

では、実際にワードプレスの更新マニュアルをどうすれば見てもらえるのでしょうか。

これについては今後弊社では管理画面内に、ウェブページで作成しようと考えております。

管理画面内に、分かりやすく更新マニュアルを用意することで、実際にホームページの更新を行う際にも、そのページにさえ訪れればしっかりと更新ができるものになっており、これであればホームページの更新を行う際にその画面を見れば一通りの作業が行えるのです。

ホームページの更新のたびにわざわざホームページ制作会社に連絡をすると言うのは、非常に時間の無駄な作業になっているため、これらを徹底して行うことで、更新効率を最大化することが可能になり、非常に効果的なホームページの更新が行えるのです。

担当者が変わっても安心・安全

そしてホームページの更新担当者が仮に変更されたとしても、これらのマニュアルがウェブページとして表示されていれば安心して利用することが可能になります。

ホームページの更新の引継ぎの際に大切なのは、後任の担当者が正確にホームページの更新を行えるようにすることであり、これは従来のようなPDFファイルやPPTファイルであっても行えるのですが、ウェブページに表示させたほうが、資料の保管の面で非常に効率的になるので、その効果を飛躍的に高めることが可能なのです。

少しだけ費用がかかるのが難点

基本的には従来は、営業担当者が企画費の範囲でこれらの資料を作成していたのですが、しかしwebページ化することで、少しばかりですが制作費が発生いたします。

原稿については、もちろん無料になり、ページ作成費が少し発生しており、この費用はそのホームページにおいてワードプレスで更新が行える量にもよりますが、数万円あるいは10数万円程度になっております。

もちろん、この費用は決して安いと言い切ることはできないですが、ホームページ運営においてはこのワードプレスの更新マニュアルは必ず必要になってくるので、しっかりとマニュアルを作成していくようにしましょう。

記述する内容は更新方法のみ

この更新マニュアルで記述する内容は、基本的には更新方法のみになっております。

本来であればSEO対策についてや、ソーシャルメディア、成果の出る記事の作成法などについても記載があればいいのですが、しかしこれらの施策はグーグルやソーシャルメディア会社によって仕様が変更されて行くため、その当時は最適であったとしても、次第にその方法は変わっていくのです。

そのため基本的にはワードプレスの更新マニュアルに記載する内容は、ワードプレスの更新方法のみになっており、さらに言えばワードプレスのバージョンアップを勝手にどんどんされてしまうと、バージョンアップ内容次第ではその更新マニュアルが役にたたないものになってしまいます。

そのため、ワードプレスのバージョンアップは必ず必要になりますが、ホームページ制作会社にいくらか費用を払ってバージョンアップを行ってもらうことで、そのホームページ制作はその効果を飛躍的に高めることが可能になります。

TOP

ホームページ制作実績