HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ワードプレス自体がSEOに強いわけではない

ワードプレスとSEO

ワードプレスでホームページを制作することはSEOに強いと思われている方も多いと思います。

しかし、決してそのようなことはありません。

ワードプレスは、SEO対策のうち80%から90%を実施ができるだけになっています。

ワードプレスがSEOに強いと言われる理由

ワードプレスがSEOに強いと言われる理由

ワードプレスには多くのメリットとデメリットがあります。

その中でも、もっとも有名なのが、ワードプレスでホームページを制作するとSEOに強いではないでしょうか。

しかし、実はこれは間違いです。

この発言のもとになったのが、元グーグルの検索エンジン開発責任者の1人であるマット・カッツ氏の発言です。

マット・カッツ氏が、「ワードプレスは素晴らしい選択だ。内部施策のうち80%から90%を実現ができる」と過去に発言をしています。

そして、その発言が独り歩きをしてしまい、いつの間にか、ワードプレスでホームページ制作を行うこと自体が、SEOに強いと言われるようになったのです。

もちろん、メリットの中には、SEOに強いが存在しています。

しかし、それは、単にホームページを制作するだけで効果が出るのではなく、ホームページ制作時に内部SEOを実施して、正しい順位付けをしてもらえる。

そして、実際に検索順位を高めるのは、サイト運営によるものであると理解をしなくてはなりません。

実際に当社は、これまで数多くのホームページ制作を行い、そしてSEOで成功をさせています。

その多くがワードプレスを導入しているのですが、SEOで成功させるためには、基本的にはサイト運営を行っていただいているのです。

では、具体的にどのような対策を行ったかをご紹介いたします。

ホームページ制作とサイト運営を最適化

ホームページ制作時とサイト運営時に最適化

ワードプレスには本当に多くのメリットとデメリットがあり、これらを適切に理解することが大切です。

では、どのようにしたらワードプレスでSEOに強くなるかをご紹介いたします。

ホームページ制作時

ホームページ制作時においては、基本的にはコンテンツマーケティングで検討するのが良いでしょう。

コンテンツマーケティングとは、オンラインやオフラインを問わず、良質なコンテンツを提供することで、ユーザーに選ばれるマーケティング手法になります。

例えば、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、ライン、グーグルビジネスプロフィールなどのソーシャルメディア運用。

さらには、Zoomウェビーナなどを使ったセミナー開催、ユーチューブやリスティング広告、リアルでの交通広告などあらゆる媒体で御社情報を告知します。

そしてこれらのコンテンツが素晴らしければ、御社名は拡散されますし、拡散された結果、検索順位は高まるのです。

もちろん、コンテンツマーケティングには、SEOも含まれています。

このSEOでは、いくつかのポイントがあります。

まずウェブの企画団体になるW3Cが定めるHTML Living StandardとCSS4によるコーディング、すなわちウェブ標準でのホームページ制作を行います。

グーグル自体の発言によると、別に以前のバージョン、すなわちHTML5とCSS3でコーディングを行っても問題がないと発言をしています。

しかし、やはり最新のウェブ標準の方が、グーグルは認識しやすいものになっています。

そしてこのウェブ標準でのコーディングを行うことが、ワードプレスをSEOに強くするためのスタートラインです。

もちろん、これだけではいけません。

あくまでウェブ標準は、検索エンジンがホームページの情報を正しく認識するための手段になっております。

実際に検索順位を上げるのは、日々のサイト運営になっているのです。

そのため、ワードプレスの管理画面をカスタマイズし、実際にどのようなコンテンツを更新するかを検討して、それらを少しでも楽に実装できるようにしなくてはいけません。

例えば、最近当社に多い事例としては、ユーチューブ動画の埋め込みや、ツイッターとインスタグラムの埋め込みです。

これらは、あらかじめWebサイト制作会社に伝えておけば、かなり楽に実装することが可能です。

このように、適切なサイト運営を効率よく行えるようにホームページを制作することもSEO効果を高めるホームページ制作手法になってきます。

サイト運営時

基本的には、ワードプレスをSEOに強くするためにホームページ制作時に行うことは、サイト運営効率の向上と、検索エンジンに正しく認識してもらうための対策です。

実際に検索順位を上げる活動においては、サイト運営時に行うべきものになっております。

では、サイト運営をどう行うかと言うと、公開後にいきなり記事を書き始めるのは辞めましょう。

当社のこれまでのホームページ制作経験では、現在のSEO効果があるサイト運営法は関連性です。

そのため、この関連性を高めるために、まずはエクセルを使って、100ページほどの記事タイトルを作成しましょう。

例えば、当社で言えば、【ホームページ制作】が上位表示をしたいキーワードです。

そのときに、ホームページ制作に関連するキーワードでページを作っていくのですが、このときに類似が発生しないように、エクセルでページタイトルをあらかじめ作成します。

そしてその際に、【ホームページ制作】で上位表示をしたいページは1ページになってくるので、その1ページに対して内部リンクを行うページを定めます。

こうすることで、【ホームページ制作】で上げたいページは上位表示が実現できるようになるのです。

また、さらには昨今の内部リンクは、検索順位を上げる効果も高いですが、実は関連性が低いとみなされると検索順位が下がる効果も高いです。

そのため、闇雲に、内部リンクを掲載するよりも、どのように内部リンクを設置していくかを考えなくてはなりません。

ちなみにですが、当社のホームページ制作実績の企業さまが行った対策でマイナス評価を受けた例をご紹介します。

そちらの会社さまは、実績ページがすでにあったのですが、実績ページは画像だけになっておりました。

そして、スタッフブログで、ノウハウについて掲載をしていて、この実績はそのノウハウを生かしていたと内部リンクを実績ページに送っていました。

通常であれば、ユーザーにとって親切な内部リンクであることは間違いありません。

しかし、検索エンジンは関連性が見られなかったため、実は全体的なSEOとしてマイナス評価を受けておりました。

マイナス評価を受けていたのに気が付いたのは、リライトを行い、実績ページへの内部リンクがあらかた無くなったタイミングで一気に検索順位が上がったからです。

このように現在のSEOはページの内容はもちろん、内部リンクも関連性を非常に重要視しています。

そしてこれらを最適化する方法としては、しっかりとサイト運営を始める前に、エクセルなどでどのようなページを作り、そして内部リンク構造を行うかを管理しましょう。

正しい理解と適切な対応

正しく理解をして対応

ワードプレスを導入するだけでは、SEOに強くはありません。

ワードプレスは、内部SEOの80%から90%を実現ができるという意味で、SEOに強いと言われています。

これを理解していないと、いざワードプレスでホームページを制作したけれども、まったくSEO効果が出ないとがっかりしてしまう可能性があります。

一般的には、他のCMSに比べてワードプレスは、カスタマイズ性や追加機能になるプラグイン数の多さ、最新のマーケティングの実装など、SEOに有利な仕様になっています。

これらをうまく活用して初めて、ワードプレスは検索エンジン対策が非常に行いやすいのです。

これからワードプレスを使ったホームページ制作をご検討の方は、上記を参考に、他に悩んでいるツールがあれば、ぜひとも再考されてみてはいかがでしょうか。

ただ、これまでの経験で言えば、カスタマイズを適切に行い、適切なサイト運営計画を立てれば、ワードプレスはかなりSEOに強いツールになっております。

昔、当サイトとは別にドメインを取得して、無料テンプレートを利用した経験があるのですが、カスタマイズをしていないワードプレスは、別にSEOに強いことはありませんでした。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP