サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

文字数と画像数のSEO効果

文字数と画像枚数のSEO効果

弊社はSEOに強いホームページ制作を提供しているので、真剣なお客さまから文字数や画像数とSEOに関係は?とご質問をいただくケースがございます。

質問については、はっきりと申し上げれる会社はおそらくいないと思われ、文字数であれば、タイトルに対して詳しい情報が掲載されているのであれば100文字でも良いし、逆に十分な情報提供ができていなければ、2,000文字は必要で、タイトル次第になるとお答えしています。

もちろん画像数についても同様で、ユーザーが理解できるかどうかで決定し、0枚でも良いページもあれば、10枚以上必要な場合もあります。

では、具体的に、どのように考えてホームページ制作後のWeb運営サポートをしているかをご紹介します。

文字数

文字数

文字数については、非常に難しいのですが、例えば、ホームページ制作を行って、スタッフブログや事例などのコンテンツが自分で新規作成が行える場合でご紹介します。

この場合、トップと下層でSEOの考え方が違っていて、トップでは関係がございませんが、それぞれのページの上位表示には判断材料の1つです。

例えば、弊社のスタッフブログで新規作成を行う際に、どんなにたくさん文字数を作成しても、トップのSEOには影響が出ませんが、それぞれの下層では、多い方が上位表示が実現できます。

トップと下層の文字数で上位表示ができるページが違っていて、弊社のホームページ制作では多くの会社が、まずはトップSEOに力を入れるので、実はそれほど多くは不要です。

ただし、だからと言って何文字でも良いとは言えず、スタッフブログであれば、弊社では文字数を意識していませんが、それでもタイトルに対して大体2,000文字前後のページが多いので、2,000文字前後が目安になると思います。

逆に実績などのコンテンツであれば、100文字でも上位表示を実現しているケースも見られます。

文字数を意識よりも更新可能コンテンツ作成においては、ユーザーの理解度と詳しさが大切になるので、それぞれのページ作成の際には、タイトルで変更すれば良いでしょう。

ちなみにですが、弊社が調査した結果、上位表示している会社の文字数を調査したら、多くが平均で1,500文字前後、多くても2,500文字前後で、ホームページ制作時はもちろん、Web運営時もそれほど意識しなくて良いと思います。

多すぎるとうざい

多すぎるとうざい

文字数については、実際に弊社がグーグル検索で調べるときに思うのが、あまりに多いページばかりと言うのはおすすめしません。

もちろん、ページの上位表示には役立つのですが、しかし、調べ物をしているときに、検索キーワードでこんなにボリュームがいらないだろうというページにたどり着くと、わたし個人としては、別の情報を調べるときには、ホームページが上位表示されていたとしても、別のページを探します。

実際に100文字もあればユーザーにとって十分有益だと思う内容は、100文字での作成が大切で、無理に文字数を増やすのは弊社では絶対におすすめせず、ホームページ制作時のWeb運営でもレクチャーしています。

画像

画像

では、画像についてはどうかと言うと、実はグーグル曰く、検索結果には無関係と発言していました。

実際に上位表示しているホームページが最も更新しているコンテンツを確認したところ、1枚しか画像が利用されていないページを中心に更新するケースを多く見かけました。

おそらくグーグルの発言は正しいと思われ、何枚利用したとしても、まったく検索順位を高める効果はないと思います。

ただし、検索エンジンは詳しさと理解しやすさを推奨しているため、もし原稿を書いていて、補足説明があったほうが分かりやすい箇所はしっかりと利用していくようにしましょう。

ちなみにホームページ制作では、特に枚数は気にせず、本当にユーザーにとって必要であれば設置しています。

適切なサイズで

適切なサイズで

画像アップ時には、適切なサイズにトリミングしましょう。

ホームページ制作実績の会社さまでも画像のサイズ変更を嫌がるケースがあるのですが、しかし中長期的にWeb運営を行うのであれば必須です。

オリジナルのCMSを開発の場合は別ですが、ワードプレスでは、元画像もサーバーに保管させるので、サーバー容量を無駄に消費してしまいます。

また、さらにはシステム次第ではありませんが、実際のサイズでアップされてしまうと、枚数が多ければ多いだけ、ページが重くなり、大きくマイナス要因です。

確かにトリミングは面倒くさいですが、しっかりと習慣化させることにより、よりユーザーにとって快適で、さらにはサーバーを長く利用できるのです。

ホームページ制作はユーザーを

ユーザー目線のホームページ制作

ホームページ制作を行う際にはしっかりとユーザーを見ましょう。

原稿作成時は、ユーザーのためを考えてたり、画像は補足説明として十分に機能すれば、御社のホームページ制作は必ず成果を発揮します。

確かに公開後は、SEOで成果を出すが第一目標ですが、SEOばかりを見ていても、確かに一時的には上位表示が可能ですが、必ずいつかは、グーグルからやりすぎと思われてしまい、検索順位を落としてしまいます。

ホームページ制作全体をユーザーのためにはどのような対策が必要かを考え、そして実行すれば、期待以上の成果を出せるようになります。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP