HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

文章や原稿作成のポイント!ホームページ制作やサイト運営時に

文章や原稿作成のポイント!ホームページ制作やサイト運営時に

ホームページ制作時や、サイト運営時には、優れた文章を公開したいと思われるのは当然だと思います。

優れた文章を書けば、ユーザーはもちろんですが、検索エンジンにも高く評価され、SEO効果と成約率向上に役立つと思われていると思います。

確かに、原稿は質が高い方が、効果が出る事実はありますが、しかしSEOにおいてもユーザーにおいても、プロみたいな文章でなくても問題ありません。

ホームページの文章や原稿作成前に知っておきたい内容

ホームページの文章や原稿作成前に知っておきたいポイント

ホームページを制作する際には、必ず原稿作成が必要になっています。

当社では、ウェブライターが在籍しておらず、基本的には、ホームページ制作をご依頼いただければ、お客さま自身で原稿を作っていただいています。

とは言っても、さまざまな職種のウェブマスターさまがいて、原稿を用意する時間が取れないと言われるケースがあり、その場合、当社営業マンが無料でダミーテキストを用意します。

もちろん、当社が作成する原稿は、同業他社になる他サイトから、一切コピー&ペーストはしておりません。

ただ、当社はホームページ制作は専門家ですが、御社業界については、残念ながらほぼ素人です。

そのため、リライトが必要ですし、当社では作れない強みやサービスは、完全にダミーテキストであり、そこはお客さま自身で作成していただいています。

では、一から自分で原稿を作成する際であっても、リライトであったとしても、お客さまに意識していただきたい原稿作成のポイントをご紹介します。

当社がホームページを制作するクライアントは、基本的には中小企業が多く、専任ウェブマスターさまがいらっしゃるケースは非常にまれです。

営業マンであれば、多少ユーザーを意識して文章作成も行えると思いますが、職人がウェブマスターになってくると、普段からそんなに文章を書きません。

そのため、ユーザー目線と言っても、あまり慣れていない作業であり、少し難易度が高まると思います。

しかし、これは気にしなくても問題がありません。

基本的に、ユーザーは、優れた文章を読みに御社サイトに訪問しているわけではなく、自分が知りたい情報を効率よく収集したいと考えています。

そのため、優れた文章である必要はなく、適切な表現ではありませんが、ウェブマスターさまが理想に思う50%程度の品質で良いとお話しています。

もちろん、理想の50%といっても、現在御社ができる最高の質である必要はあります。

この最高の質というのは、すべてのページで、タイトルに対して、適切な情報配信を行う目的で文章を作っていきましょう。

そして、Webサイト制作会社に渡す、あるいは公開前に、必ず全文を読み直すと良いでしょう。

そして誤字や脱字をなくすことで、本当に丁寧な原稿になっていき、ユーザーにとって魅力的な文章となってきます。

これさえしていれば、表現力や語彙力などは、もちろんあった方が良いのは事実ですが、仮に低くても、成果が出ないということはありません。

そのため、訪問者が求めているのは、そのタイトルに対して、どれくらい読みやすく理解しやすく、情報に過不足がないかであると理解をして文章作ると良いでしょう。

成果に繋がるホームページの文章や原稿作成のポイント

成果に繋がるホームページの文章や原稿作成のポイント

少し先述してしまっていますが、実際に成果に繋がる原稿作成のポイントをご紹介します。

ホームページ制作時に、お客さまから原稿作成に関するご相談をいただいたら、必ず説明をしている内容になっています。

ユーザー目線

いきなり原稿作成を行うのではなく、まずタイトルをしっかりと確認しましょう。

そして、そのタイトルを見て、検索結果から訪問したユーザーを想定して、原稿作成を行うと一気に品質が高まります。

例えば、「ホームページ制作法」というタイトルでページを作るとします。

その時に、検索キーワードは【ホームページ制作】になると仮定するとやりやすいです。

そして【ホームページ制作】で検索したユーザーが、検索結果で「ホームページ制作法」というタイトルをクリックして訪問したとすると、何を書けば良いかが大体見えてきます。

例えば、自分で作りたいか、あるいはWebサイト制作会社に依頼をしたいかの2つがニーズであると思われます。

さらには、自分で作りたい人に対しては、サーバーやドメイン選定から公開後に行わないといけない作業までを紹介します。

次に、Webサイト制作会社を探している方に対しては、どんな選定を行う必要があるかや、御社の魅力を十分に解説すると良いでしょう。

上位表示キーワードとタイトルから、詳しい文章を公開することで、本当にユーザー目線になるウェブページになります。

誤字や脱字なく丁寧に文章を書く

ウェブページ作成後、Webサイト制作会社に原稿を渡す、あるいは公開ボタンを押す前に、一度自分が作った文章を読みなおしましょう。

読み直しを行い、まずは誤字と脱字をなくしていきましょう。

この誤字と脱字は、原稿作成当初に意識をしていたとしても、発生しているケースが多くあります。

そして、誤字と脱字がなくなったら、次に読みづらい箇所を改善していきましょう。

ユーザーは、タイトルに対して詳しい情報を求めていますが、読みづらい文章は非常に嫌う傾向があります。

もちろん、優れている内容であれば、多少読みづらいと感じていても、最後までしっかりと閲覧をしてくれますが、この程度であれば別サイトを見れば分かると思われると離脱します。

この誤字と脱字、読みづらい箇所を完全に修正してから、公開していくことで、本当にユーザーにとって優れたページとなります。

検索エンジンを意識

ユーザーにとって優れているだけで、検索エンジンも評価してくれるのであれば、非常に良いですし、実際にグーグルも最終的にはこれを目指しています。

しかし、本日現在で言えば、残念ながら、そのようなことはなく、しっかりと検索エンジンを意識した原稿が求められています。

この検索エンジンを意識するというのはどういうことかと言うと、まずは各ページで上位表示を行いたいキーワードを意識して利用しましょう。

もちろん、利用しすぎは駄目で、明らかに文章を読んでいて不自然に感じるくらい利用している場合は、キーワード数を減らします。

また、不自然さはないけれども、1回も利用されていない場合は、必ず利用しましょう。

利用されていないキーワードが検索結果で上位表示できるケースはありません。

ただ、現在の検索エンジンは、キーワード出現率は関係がないと言っています。

しかしホームページ制作経験から言えば、適切な量を利用したほうが狙い通りに上位表示がしやすくなっています。

この適切な量とは何パーセントくらいかと聞かれれば、当社では2,3%前後がベストではないかと思われます。

これ以上多くなってくると、読んでいてしつこいと感じてしまうケースもあり、2,3%前後に抑えると良いかもしれません。

リライトを頭に入れる

当社、ホームページ制作実績の90%程度の企業が嫌がるのが、公開したページをリライトすることです。

もちろん、新規作成だけで、検索順位が上がってくれ、さらには高い成約率であれば、リライトは不要になります。

しかし、それだけでは検索順位が上がらなかったり、成約数が増えない場合は、原稿をリライトしなくてはなりません。

もちろん、初めからリライト必須と考える必要はなく、もしSEOや成果が出なければ行う必要があると想定しておきましょう。

そうしておけば、後から行うリライトは本当に面倒くさく、真剣に原稿作成を行えるケースが多いです。

実際に当社ホームページ制作では、リライトは絶対にやりたくないというクライアントが多く、もしSEO効果や成果が出なければ必要と話しています。

その結果、かなり真剣にライティング作業を行っていただけ、ほぼすべての企業が、リライト作業を行っていません。

AIを活用した文章や原稿作成でホームページ制作

AIを活用した文章や原稿作成でホームページ制作

当社クライアントでは、まったく見かけませんが、最近はAIを使って、原稿を作成される企業が増えています。

実際に、当社でもAIを調査した経験があり、かなり品質が高いと言わざるを得ません。

一般的に、AIライティングツールは、有料ツールが多いですが、一例で無料ツールをご紹介します。

2022年3月に公開されている東京大学の松尾研究室発がリリースしたELYZA Pencilになり、当ツールは非常に素晴らしい文章を短時間で作成してくれます。

実際に、ぜひキーワードを入れて試してみて欲しいですが、普段からあまり文章を作成しない人の何倍も高いクオリティーになっています。

もちろん、他サイトからコピー&ペーストしていないかもチェックをして見ましたが、一切コピー&ペーストはされていませんでした。

こちらは無料版として公開されていて、実際に有料ツールも非常に高いクオリティーで文章を短時間で作成してきます。

ただ、1点だけ問題があります。

もし御社がELYZA Pencilを利用して、AI文章や原稿作成ツールの良さを理解して、自社も使いたいと思ったとします。

その時に気を付けなくてはならないのが、SEOになっています。

まだ日本には未実装ですが、先日アメリカで開催されたヘルプフルコンテンツアップデートでは、実はAIが作成した文章がターゲットになっています。

グーグル自体は、AIが書いた文章としても、ユーザー目線になっていれば問題がないと発言をしています。

そのため、AIだから駄目と言うよりも、ユーザー目線になっていないことが問題であると考えられます。

これらを回避するには、結局AIが作成した原稿をウェブマスターさまが読み直してリライトを実施してから公開になっています。

そのため、いくらAIの文章作成ツールを利用したからと言って、ツールごとに品質は異なってきますし、リライトは必須になってくると考えましょう。

ただ、それにしてもAIツールのクオリティーは非常に高く、予算に余裕がある場合は利用しても良いと思われます。

文章や原稿作成を行っていれば上達

文章や原稿作成を行っていれば上達

文章作成については、ユーザーとSEO目線の2つのポイントがあります。

そして、当社で多いのが、ホームページ制作時は、大変失礼かもしれませんが、あまり原稿作成が上手くないというクライアントが多いです。

しかし、そのようなクライアントでも、毎日しっかりとサイト更新を行っていることで、少しずつですが文章が上達しています。

そのため、日々、自分でできる最高の原稿を作成し続ければ、必ず、御社の原稿を作る能力は向上してくると思われます。

そして、この原稿上達については、来月を見るのも良いですが、当社では来年を見てくださいと提案をしています。

1ヶ月やそこらで上達するものではなく、1年後には今よりも優れた文章を書けるように、日々頑張ることで、どんどん御社のホームページは優れたホームページへと成長します。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP