大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/7/08

SEO効果を高めるXMLサイトマップの制作法

XMLサイトマップとは、検索エンジン用のサイトマップになります。

XMLサイトマップを作成することで、検索エンジンはホームページのすべてのページを把握することができ、SEO対策の効果を向上させることが可能になります。

今回は、まだXMLサイトマップを作成されていない企業様向けに、XMLサイトマップの記述方法をご紹介させていただきます。

XMLサイトマップのファイル名

XMLサイトマップは、通常のテキストファイルで作成することが可能ですが、作成後にファイル名を「sitemap.xml」としなくてはなりません。

XMLサイトマップの設置場所

XMLサイトマップの設置場所は、弊社のサイトであれば、「https://www.sevendesign.biz/sitemap.xml」となるように、「www」の直下に設置しなくてはなりません。

XMLサイトマップの作成法

XMLサイトマップに記述する内容は、「XML宣言」「全ページのURL」と「URLごとの最終更新日」、「URLごとの更新頻度」、「URLごとの優先度」の5点になります。

XMLサイトマップの記述は、URLごとに「更新頻度」と「最終更新日」と「優先度」の記述を行っていきます。そのため、「url」タグで、1URLに関する記述を囲うことになり、その中に「URL」と「最終更新日」、「更新頻度」、「優先度」の記述を行っていきます。

XML宣言

「XMLのバージョン」と「文字コード」、「プロトコルの設定」に関する宣言を行います。
XMLのバージョンと文字コードは「?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?」、プロトコルの設定は「urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″」と記述します

URLの記述

URLに関する記述は、「loc」タグで行います。
locタグの中に、URLの記述を行いますが、index.htmlやスラッシュの有無は、揃えていくようにしなくてはなりません。

最終更新日の記述

最終更新日の記述は、「lastmod」タグで行います。
「○○年-○○月-○○日」という記述を行い、2014年7月7日であれば「2014-07-07」と記述します。

更新頻度の記述

更新頻度の記述は、「changefreq」タグで行います。
毎日更新するページであれば「daily」、毎週更新するページであれば「weekly」、月に1度更新するページであれば「monthly」と記述します。

優先度の記述

優先度の記述は、「priority」タグで行います。
0から1.00まで設定でき、トップページを1.00とし、サービスページなどは0.80、会社概要などを0.50と設定することが一般的な記述方法になります。

XMLサイトマップの記入例

XMLサイトマップの記述例

URLは、優先順位の高い順に記述していきます。
一般的には、トップページを初めに記入し、その次にサイトマップページになります。サイトマップを2番目に持ってくることで、検索エンジンロボットがサイトマップに訪れてくれて、全ページのリンクを把握してくれるようになります。

このページのトップへ