HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

YMYL領域のホームページとは?SEOにおける注意点

YMYL領域のホームページとは?SEOにおける注意点

ホームページ制作時に、お客さまの業種によっては、YMYLに該当される可能性があり、SEOを行うのであれば意識が必要になります。

YMYLとは、Your Money Your Lifeの頭文字を取った略語になり、簡単に言うと、人生の幸福に関わるテーマのホームページでは、SEO難易度が一気に高まります。

当社では、ちょくちょくYMYL領域のホームページ制作を行うケースもあるので、どんな提案をしているかご紹介します。

YMYLとは

YMYLとは

YMYLとは、Your Money Your Lifeの頭文字を取った略語で、人生の幸福に関わるテーマのホームページを指しています。

もう少し具体的に説明をすると、以下がYMYL領域になります。

  • ニュースや時事問題
  • 市民の権利や政府、法律
  • 金融情報
  • ショッピング
  • 健康と安全
  • 人々のグループ
  • フィットネスや栄養、住宅情報、大学の選択、仕事の探し方

これらは実際に、検索品質評価者向けガイドラインに記載されている内容になっています。

英語になっておりますが、もしご興味があれば、検索品質評価者向けガイドライン(PDF)をご確認ください。

上記に分類されるホームページを制作し、SEOを行おうとすると、検索ユーザーの幸福や健康、経済的な安定、安全性など、さまざまなポイントを意識していく必要があります。

上記にカテゴライズされた場合は、情報の信頼性や安全性などが非常に高く求められていて、SEO難易度が大きく高まるというわけです。

検索エンジンは、検索結果の最適化のために、よりユーザーにとって便利なランキングを作ろうと日々アルゴリズムを改定しています。

そして特にYMYLが重要であると考えていて、YMYLに該当してしまうと、他の業界よりも信頼性という意味の指標が追加されているのです。

一概にこの対策を行えば、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、検索エンジンから評価が高まるとは言えず、すべてのウェブページで達成していく必要があります。

では、具体的にどんなポイントを意識して、YMYL系のホームページを制作しているかをご紹介したいと思います。

YMYLのホームページ制作のポイント

YMYLのホームページ制作のポイント

YMYL対策としては、ユーザーが安心して自社サイトを利用できるか、そしてそれを適切にグーグルに伝えれているかどうかになっています。

では、具体的に、YMYLに効果が出るホームページ制作のポイントをご紹介します。

ちなみに当内容は、あくまで当社がグーグルやSEO業者が公開している情報を収集して実施している内容で、すべての対策を行えば、必ず検索順位が上がるという保証はありません。

HTTPS化

ホームページをHTTPSで制作すれば、ユーザーへの安心感と信頼感が増します。

HTTPSとは、暗号化通信になっていて、分かりやすい例でいうと、お問い合わせフォームなどに個人情報を入力して送信したとします。

そして送信された内容は、インターネットを経由して、サイト運営会社に届きます。

このインターネットを通る際に、HTTPSでなければ、暗号化されていない情報が流れていきます。

そうなってしまうと、ある程度知識がある方が、のぞき見し放題になっていて、非常にリスクが高いものになっているのです。

もちろん、HTTPSであったとしても、大量に情報が盗まれてしまい、暗号を解析されると意味がありませんが、一般的に、わざわざそこまでする方はいないと思います。

バレないように、のぞき見くらいならあり得るかもしれませんが、解析までとなると、必ずレンタルサーバー会社側で気が付く仕様になっています。

そのため、HTTPS利用は、安心と安全性に必須になるのです。

また、このHTTPSでホームページを制作するのは、グーグルが1%未満のSEO効果を出すと発言しているため、Webサイト制作会社に依頼するとほぼ間違いなく行ってくれます。

ただし、まだHTTPS化していない会社が行ったとしても、必ず検索順位が向上するかと言うと、御社のSEO評価次第になっています。

あくまで1%未満の影響であり、検索順位が動くくらい影響を受けるかは御社次第になってきます。

ホームページ全体で網羅的

ホームページ全体で網羅的な情報提供を行いましょう。

例えば、当社はYMYLに含まれませんが、【ホームページ制作 大阪】で上位表示を狙うなら、ホームページ制作についての情報を充実させる必要があります。

極端な話ですが、YMYLに関係なく情報の網羅性は非常に大切であり、ある特定のジャンルについて、すべてが分かると認識できる情報量へ育てましょう。

そうすれば、自然とグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、検索エンジンは、狙ったキーワードで上位表示してくれます。

各ページで検索意図に応える

検索意図とは、ユーザーがキーワード検索を行った理由になります。

もともと本来のホームページはFAQであると言われていて、ユーザーが自分の疑問や悩み、課題で検索をし、その回答を発見できるものになっています。

この考え方を検索エンジンは非常に重要視していて、しっかりとユーザーが検索している理由を考えて、回答になるウェブページ作成が重要です。

この検索意図はもちろん、YMYLに関係なく、確かなSEO効果があるので、すべての業種のホームページ制作で提案をしています。

ただし、検索意図については、調査方法が存在はしていますが、当社では調査方法はクライアントにお伝えしていません。

その理由は、実は一般的に利用される調査法であるため、ライバルサイトと同じ内容になってしまう点が大きな理由です。

さらに、実際に当社ホームページ制作では、調査を行わなくても、タイトルに対して詳しい、そして検索意図を考えた内容であれば、上位表示ができています。

フレッシュネスを高める

フレッシュネスとは、更新頻度のことを言います。

YMYL領域においては、フレッシュネスは、他業界よりも重要になっています。

と言うのも、やはり人の暮らしに関わるYMYL領域においては、常に最新情報を公開していないと、古い情報を見てしまうユーザーが存在して来るからです。

古い情報を見たユーザーは、大きな損害を受ける羽目になっているので、新しい情報が出て、古い情報が役立たない場合は、しっかりとリライトをしていく必要があります。

その際に1点注意点があり、フレッシュネスは確かに大切ですが、無理やり更新する必要はありません。

ホームページ制作時からフレッシュネスを検討して、サイト運営計画を立てれば、ミスがない実行が可能になります。

E-A-Tを高める

E-A-Tとは、専門性(Expertise)と権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の頭文字を取った略語になります。

昨今のホームページ制作では、E-A-Tはよく言われるものになっています。

E-A-Tが低いと、検索からの訪問者は、ホームページを不審に感じて、御社サイトで情報収集を行ってくれません。

例えば、専門性が低く、内容が薄っぺらいと、ユーザーは満足してくれなくなるでしょう。

さらには、権威性は非常に難しいですが、やはり権威がある方が、真剣に内容を読もうと考えてくれるでしょう。

最後に信頼性ですが、公開している情報が信頼できないや、アクセスしていると個人情報が漏洩してしまうと考えると、落ち着いて情報閲覧ができません。

このE-A-Tは、非常に難しいものになっていますが、具体的に、どんな対策を行うかを考えたうえで、年単位でのスケジューリングを行いましょう。

そうすれば、いきなりは無理ですが、少しずつSEO効果を高めれます。

著者情報を明確に

昨今ではなくなりましたが、スタッフブログなどで記事を公開していて、文章を読んだ後で、どの会社または人が書いたか分からないケースがあります。

これは、敢えて隠しているわけではないと思いますが、検索エンジンは敢えて隠していると判断するケースがあります。

そのため、昨今ではよく見かける、ブログ記事上部や下部に、著者紹介ページや会社概要ページへ内部リンクを設置しましょう。

もちろん、本文内でなくとも、ヘッダーに内部リンクを掲載するだけでも問題ありません。

誰が書いたかを調べたいと思っている方に、適切に会社概要やプロフィールを見てもらえるための構成とすれば、信頼性を一気に高めれ、安心して情報収集が行えるようになります。

発リンクを適切に

発リンクとは自社サイトから外部サイトへ行うリンクになります

発リンクは、コンテンツの一部であるのと同じであると考えましょう。

そのため、リンク先のページの信頼性が高く、本当に有益な情報が掲載されていることが重要です。

実際に、よく分からないホームページへの発リンクよりも、テクニック的に言えば、国が運営するgo.jpドメインや、業界の有名人あるいは会社に対して行う方が効果を出せます。

もちろん、必ずとは言えませんが、最低限、先のページの安全性や情報の信頼性は保証できるレベルの発リンクに限定しましょう。

グーグルビジネスプロフィールを利用

グーグルビジネスプロフィールとは、検索エンジンのグーグルが提供するソーシャルメディアみたいなものを言います。

YMYL領域においては登録が必須になっていて、100%登録内容をしっかりと埋めれば、御社サイトとの整合性が確認され、グーグルに情報の信頼性を伝えれます。

そして、グーグルビジネスプロフィールでは、口コミが行え、良い口コミが増えれば、グーグルに認められ検索順位が高まりやすくなります。

ただし、悪い口コミが駄目だという意味ではありません。

悪い口コミがあれば、真摯に受け止め、今後の対応方法を含めた返信を行いましょう。

サービスを提供している以上、100%ユーザーが満足できるとは限りません。

しかし、100%を目指すという姿勢を明確にし、そして対応をしていくことが重要になっています。

その姿勢をグーグルビジネスプロフィールで打ち出すことによって、グーグルからも信頼され、検索順位が上がりやすくなるのです。

YMYLのホームページ制作は丁寧な運営

YMYLのホームページ制作は丁寧な運営

YMYL領域のホームページ制作は、丁寧な構成作成と運営が重要であると思われます。

これまでのホームページ制作経験で言えば、何か決まった形があるわけではないと思います。

例えば、スタッフブログなどで、運営者情報が明確であったほうが良いと言ったからと言って、運営者情報を掲載すれば、検索順位が上がるというわけではありません。

一つの対策では大した効果がないですが、すべてのページに対して、ユーザーを考えて、そして適切なページ構成として初めて効果を発揮できるものになります。

YMYL領域は、人の人生に関わる非常に重要な領域です。

しっかりと丁寧な運営を行い、本当にユーザーが満足できるよう育てれば、期待以上の成果を出せるのです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP