HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

業界特化のホームページ制作だけでは成果が出ない

業界特化のホームページ制作だけだと成果が出ない

成果の出るホームページ制作を検討されている方は、自分の業界に特化したWebサイト制作会社を探していませんか?

確かに、業界特化のホームページは、さまざまなメリットがありますが、それだけでは成果が出ません。

今回は、業界特化のホームページ制作のメリットとデメリットをご紹介させていただき、業者探しの参考としていただければ幸いです。

業界特化のメリットとデメリット

業界特化のメリットとデメリット

業界特化のホームページ制作のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

当社が考えるメリットは、2点あります。

まず、打ち合わせのスムーズさがあり、業界に特化したホームページ制作であれば、ミーティングがスムーズに進むでしょう。

当社で言えば、例えば、製造業のクライアントさまと打ち合わせをしていても、専門用語が出てきたり、その業界では当たり前の情報が出てくると、逐一確認を取っています。

業界特化の業者であれば、経験値が非常に高いため、このような確認作業は発生しません。

この打ち合わせのスムーズさは、目に見えるメリットとして、企業ウェブマスターにとっても、スムーズな仕事ができているように思われると思います。

もう1点が、ウェブデザインが大幅に自分のニーズと違ってこない点があります。

業界に特化しているということは、その業界のウェブデザインをたくさん見ていると思います。

そして、お客さまも、競合他社サイトなど、同じ業界のホームページを多く閲覧されています。

両社が同じ業界のウェブデザインを見ているのだから、当然、どのような傾向のウェブデザインを作成すれば、認められるかが分かりやすくなっています。

また、さらには訪問者にとっても、「これは〇〇業界によくあるウェブデザインだ」と思ってもらえるため、ニーズの調整としては、最適化されたウェブデザインが作成できます。

実際に、当社がホームページ制作を行っていて感じるのは、ウェブデザインは、クライアントと当社での妥協が大切になっています。

クライアントさまが求めているものを、Webサイト制作会社は100%再現できませんが、その溝が初めから浅く、埋めやすいというのもメリットではないでしょうか。

上記2点が主なメリットになっていて、ホームページ制作がスムーズなのは業界特化であると思われます。

デメリット

デメリットとしては、成果を出す方法が具体的ではない業者だと、まったく成果が出ないという点があります。

どのような業界であれ、成果を出すには、見込み顧客を集めなくてはなりません。

昨今のホームページ制作で言えば、SEOやソーシャルメディア運用、リスティング広告出稿などが主な集客ルートです。

どんなに業界に特化していたとしても、上記3つの集客対策ができない業者だと、まったく成果が出ないのです。

ホームページには、成約率が存在していて、当社では、公開直後は0.1%と仮定しています。

基本的には、お客さまと打ち合わせをすると「1%くらいかな?」と言われるケースも多いですが、1%は相当高い数値であると認識しましょう。

1%にするためには、リピート対策やクロスセルなどの営業戦略の構築が必要であり、まずは0.1%に定めるのをおすすめします。

このように集客さえできてしまえば、成約率が存在するため、成果の数を増やすことが可能なのです。

もちろん、業界特化のホームページ制作サービスを提供していて、集客対策に強い業者もあります。

ただ、非常に、まれなケースになっていて、業界特化の業者のホームページを見ていると、値段やサイト運営のしやすさを売りにしているケースを多く見かけます。

これが最大のデメリットであると考えていて、当社では、成果を出せなければ、どんなに業界特化の業者に頼んでも、予算の無駄使いになると考えています。

成果を出すには集客が大切

成果を出すなら集客

上記のように、ホームページから成果を出すためには、集客が大切で、集客対策を行わないと成果は出ないと思います。

当社では、ホームページ制作後に、SEOが必須で、ソーシャルメディア運用とリスティング広告出稿は、クライアントさまが拒否しなければ行っております。

そして、どのような業界であったとしても、上記3つの集客手法は変わりません。

例えば、SEOであれば、新規ページ作成とリライトが鉄板的な対策です。

どのように新規ページ作成とリライトを行えば効果を出せるかを、クライアントさまに提案をするのですが、その提案内容はどの業界でも同じです。

ただ、被リンクだけは、確かに業界特化の方が、被リンク元のホームページを多く知っているかもしれません。

しかし、昨今のSEOでは、難易度が異常に高いキーワードを除き、そこまで被リンクを気にする必要がありません。

実際に、当社ホームページ制作実績では、被リンクが0であっても上位表示ができているホームページは多くあります。

さらに、そこそこ難易度が高いキーワードでも、ホームページを公開した後、国が運営するgo.jpドメインのホームページに登録をいただくだけで、上位表示を実現しています。

そのため、SEOで言えば、実はそれほど業界に特化する必要はなく、適切に新規ページ作成とリライト、被リンク対策を実施するだけで良いのです。

もちろん、SEOだけに依存するのは、問題があり、ソーシャルメディア運用やリスティング広告も実施を推奨しています。

ソーシャルメディア運用では、ソーシャルメディア検索を行い、ユーザーニーズの調査をしてから、投稿を行うのが良いでしょう。

基本的には、ファン数すなわち、フォロワー数を増やす対策を行い続けることが大切です。

フォロワー数だけを意識して投稿をしていると、実は自然と、そのソーシャルメディアアカウントでブランディングができるようになり、効果的な集客対策が可能です。

リスティング広告においては、ライバルになる出稿企業を調査して、まずは出稿を行います。

そして、出稿後に効果分析を行い続ければ、費用対効果が増し、期待通りの成果を得れるでしょう。

このように、成果を出すためには、それほど業界特化は大切ではなく、適切な集客ルートと対策法を知っているかの方が重要になります。

集客に強いWebサイト制作会社がベスト

集客に強いWebサイト制作会社

業界特化を否定しているわけではなく、ウェブデザイン性が高いや、打ち合わせの効率が良いというのは、ホームページ制作において非常に重要です。

ただ、成果と考えると、どうしても集客に強い方が重要になっています。

そのときに、業界に特化しただけのWebサイト制作会社では、お客さまの期待通りの成果は出ないでしょう。

そのため、業界特化で業者を探している場合は、SEOやソーシャルメディア、リスティング広告運用に強い業者を探すようにしましょう。

実際に、当社で把握している会社もあるので、真剣に探せば、必ずベストな業者が見つかると思います。

最後に、当社宣伝をさせていただきます。

当社は、大阪のWebサイト制作会社で、業界に特化をしておりません。

ただ、SEOやツイッターとフェイスブック、インスタグラム、ライン、グーグルビジネスプロフィールなどの主要ソーシャルメディア、リスティング広告に特化した提案が可能です。

業界に特化せずとも、多くの業種で集客力が高いことはもちろん、成果を出すことに成功をしております。

Webサイト制作会社をお探しの方は、ぜひ当社もアイミツやコンペにご参加させていただければ幸いです。

御社にとって最良のご提案をいたします。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP