運営の契約期間と月額を教えてください

弊社のホームページ制作では、基本的には運営の契約は必要ございません。

そして、もしお客さまがホームページ運営をご依頼されたとしても、基本的にはスポットでの利用が可能になり、解約したい場合は、すぐに解約していただくことが可能です。

費用に関しましては、お客さまから「他のWeb制作会社の提案よりも安い」と言われることが多くあり、弊社の見積単価は、そのご依頼内容で何時間かかるかで算出しており、余計な項目の追加はいたしておりません。

運営の考え方

弊社のホームページ制作では、基本的には運営契約の提案はいたしておりません。

と言うのが、日々ホームページ運営で行うべきは、集客力向上のために、新規ページ作成やリライト、あるいはソーシャルメディアの運用になるため、これらの作業は時間さえあればお客さまでも対応が可能です。

当然、Web制作会社が行えば予算がかかってしまうため、弊社では集客のための予算の利用は、非常にもったいないと考えております。

例えば、自社で集客のための運営を行われている会社さまの中で、特に高い成果を出しているのが、ホームページ制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスで、こちらのホームページでは、3日に1ページ作成を2年続けることで、本当に膨大な数の訪問者を検索エンジンから集客することに成功いたしております。

そして、この集客を自社で行うことで、集客のための予算を0にしていただき、代わりにその浮いた予算で1年に数度、成約率のための対策をご依頼いただいており、その結果、こちらのホームページの成果数は非常に高いものになっております。

もちろん、このSEOやソーシャルメディアを利用した集客対策においては、ホームページ制作が完了した後、「SEOをしましょう」と提案だけではなく、具体的にどのような作業をすれば検索順位が向上するのかを提案しておりますので、そのルールに従っていただくことで、本当に多くの見込み顧客を集客できるホームページへと成長いたします。

Web制作会社は成約率向上のため

弊社では、ホームページ運営で、Web制作会社の利用は成約率を向上させるためが、もっとも費用対効果が高くなると考えております。

そのため、理想としては、3ヶ月に1度、Web制作会社にアクセス解析レポートを作成してもらい、ホームページの現状把握や問題点の抽出、さらには具体的な改善法を提案してもらうことが重要であると思います。

しかし、実際に企業のホームページ担当者さまは、お忙しいことが多くあるため、3ヶ月に1度でなくても良く、例えば半年に1度や1年に1度でも良いと思います。

弊社のアクセス解析のレポート作成サービスでは、単に成約力の分析だけではなく、集客力の分析も行い、その分析結果から集客力を高める対策を自社で行うことで、集客力が向上する運営が行えるようになるので、より多くのお問い合わせ数の獲得が可能になります。

もちろん、Web制作会社を使った成約率向上対策は決して安いものではなく、弊社の場合、レポート作成が対象期間によって異なりますが、月額20,000円になり、12ヶ月分を解析対象とした場合は、20,000円×12ヶ月で240,000円で、さらにはホームページの改善費は別途お見積りになります。

そのため、ここに日々の集客のための運営費が必要になってくると、予算が本当に多くなるため、かなりの成果を出しているホームページであれば、十分に予算も出せると思いますが、まだまだ成約数としては十分ではないホームページでは、出すことが難しい金額になります。

そのため、弊社では集客対策はお客さまが行い、成約対策はお客さまのご都合で年に1度から3度ほどを行うことを推奨しており、そうすることで非常に費用対効果の高いホームページへと成長いたします。

成約率の向上は集客で成功してから

この成約率の向上対策においては、基本的には、ある程度見込み顧客がいなければ、対策を取ることができませんので、ホームページ制作のお見積書には運営の項目を含めることはありません。

もちろん、運営をWeb制作会社に依頼しなくても良いという意味ではなく、基本的には集客力が高まるまでは、とにかく予算をかけずに、Web制作会社が提案したSEOのための記事作成やソーシャルメディア運用を行っていくことが重要です。

そして、弊社でもお客さまのグーグルアナリティクスの確認ができるため、ある程度集客力が高まった段階で、お客さまにアクセス解析の数値データに基づいた改善提案を行っております。

もちろん、集客対策をWeb制作会社の提案通り行っているが成果が出ないという場合は、現在の作業にプラスして別の対策の提案も行っておりますので、とにかくホームページ制作が完了したらお客さまには、まず集客力の向上をお願いしております。

この集客力の向上対策をご依頼いただくこともございますが、この集客力の向上のためのホームページ運営は原稿作成が重要なのですが、お恥ずかしい話ですが、弊社にはライターが在籍しておりませんので、1ページの作成だけでもかなりの時間がかかってしまい見積書が高くなってしまい、2022年1月現在で言えば、集客のための運営を受注したことはございません。

ホームページ運営費がかかる場合は、成果を出すためにはどのような作業が必要で、そして何をWeb制作会社に依頼して、自社では何を行うのかを明確にしてから、もっとも効率的なホームページ運営の依頼が重要になっており、この検討をしっかりと行っておくことで、御社のホームページの費用対効果を最大化させることができるのです。