長期的な上位表示は可能でしょうか?

現在の弊社のSEOでは、長期的な上位表示が可能です。

その理由は、グーグルが上位表示したいホームページの考え方に基づいたSEOを実施しているためであり、テクニックや被リンクに頼ったSEOは一切行っていないためです。

ただしテクニックについては、コーディング段階でクローラビリティーを最大化させるための施策は行っております。

2021年6月までの弊社のSEO

2021年6月10日ごろまでの弊社のSEOは、テクニックに依存した新規ページ作成を行ってSEO効果を出しておりました。

しかし、2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートによって弊社のホームページは一気に検索順位を落としており、最終的な検索順位としては、重要な30のキーワードで平均検索順位を50位ほど落とす結果となっておりました。

ただし、幸いにもお客さまのホームページには影響がなかったのが唯一の救いになっており、SEO分析を行った結果、デザインやコーディングに問題はなく、日々更新していたスタッフブログの原稿に問題がありました。

弊社のホームページはSEOリカバリーができてきた

2021年6月10日より以前の弊社では、SEOのためだけにキーワードの使い方を駆使したテクニックに依存した原稿作成を行っておりましたが、これがグーグルの言う「ユーザのためのページを作成することがSEOに効果的」という点がまったくできておらず、現在もまだリライト作業を行っております。

そして、最近はその効果が出始めており、少しずつですがリカバリーに成功いたしております。

そしてこのリカバリー作業は、原稿作成にいては一切テクニックを利用しておらず、しっかりと訪問者のために原稿作成を行うものになっており、原稿作成が終わった後に少しだけテクニックを利用することで、再度グーグルから高い評価を得ることができていると考えております。

2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートによって、30の重要な検索キーワードで、平均検索順位を50位ほど落としておりますが、2021年8月8日現在で言えば平均で平均検索順位は19位まで向上させておりますので、おそらくこの対策であれば、基本的な対策はグーグルの「ユーザのためのページを作成することがSEOに効果的」に則っているため、今後検索順位は下がることはないと確信しております。

弊社の現在のSEOは長期的な上位表示は可能

上記のように、基本的には弊社の推奨するSEOは「ユーザのためのページを作成することがSEOに効果的」というグーグルの公表したSEO施策になっているので、検索順位が落ちる可能性は限りなく0に近いと判断をしております。

そして、以前の弊社の対策では、この「ユーザのためのページを作成することがSEOに効果的」を無視しており、基本的には原稿作成を行ったとしても、それはSEOに効果的な原稿作成法を行っておりました。

また、弊社のお客さまはと言うと、グーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾しておらず、お客さまと弊社の違いは「ユーザのための原稿作成を行っているかどうか」になっておりました。

そのため、Web制作時のSEOテクニックとしては、十分効果的なSEOテクニックを行えており、ページを作成する際には、とにかく訪問者のためであるということを意識していただくことで、本当に長期的なSEOが可能になっております。

現在、弊社のホームページはリライト中になるのですが、実際に検索順位を見ながらリライトをしていると、おそらくキーワードの利用についてはさほど検索順位に影響がなく、逆にテクニック的にキーワード頻出度を意識していると、弊社のホームぺージのように検索順位を落としてしまう恐れがあります。

ただそのための作業量が多い

ただし、上記のように訪問者のためのページ作成を行うことは本当に大変な作業量になっております。

実際に弊社のお客さまも毎日原稿作成を行っているのですが、どの会社さまも「大変過ぎるのでもう少し楽をする方法はないか」とご相談をいただきます。

そして弊社が提案する方法としては、「クラウドワークスを利用して原稿を購入する方法もありますが、ただし現行の質が低かったり、どこかのホームページから原稿をコピー&ペーストされていれば検索順位が落ちます」とご説明をいたしております。

このご説明をしたときのお客さまの選択としては、「仕方がないから自分で作成する」になっており、毎日弊社のお客さまはSEOのためではありますが、訪問者にとって本当に有益な情報をブログに公開いただいております。

そのため、これからSEOを行われる方は、検索エンジンからの見込み顧客を集客するためには、本当に大変な記事作成作業が必要であると理解をしてからSEOに取り組まれることを推奨いたします。

SEO状況確認の仕方はレクチャー

そしてSEOにおいては、実は新規ページを作成し続けるだけではいけません。

現在のグーグルは、「このページは価値があるから検索結果に表示する、このページは価値がないから検索結果に表示しない」という判断をしているのです。

そしてこの価値がないと判断されたページは、検索結果に表示されないページになってしまうので、SEOとしては苦労をして作成したページにも関わらず、SEO効果がまったくない意味のないページとなってしまうのです。

このページの認識方法については、グーグルが公表していないために、基本的には記事を公開してみないとどう判断されるかは分からないのですが、インデックスする価値がないと判断されたページはしっかりとリライト作業を行う必要があります。

そしてこの価値がないと判断されたページの調べ方やページの改善法についてはしっかりとレクチャーをさせていただきますので、本当に効果的なSEO施策を行っていただくことが可能になっております。

正しいSEOを継続しよう

上記のように弊社の現在のSEOにおいては、基本的にはSEOテクニックを駆使したソースコードの記述とグーグルの考えに基づいたホームページの原稿作成、そして問題があるページはしっかりと改善するという3点をベースにSEOを行う必要があります。

そして実際にこの3点をしっかりと行うことで、本当に高いSEO効果を出すことが可能になっており、弊社のホームページはまだリカバリー作業中ですが、弊社のお客さまのホームページでは、検索結果から本当に多くの訪問者を集客することに成功いたしております。

そのため、基本的には弊社で提案するSEOは、中長期的なSEOを実現するためのものになっており、短期的なSEOについては、基本的には提案しないようにしております。

また、グーグルの仕様が変われば、現在の対策でも、もしかすれば検索順位が落ちる可能性はあるのですが、しかし仕様が変わった際には、お客さまにグーグルの仕様が変わったので、こういう対策をしてくださいとお願いをしております。