支払い条件はどうなっていますか?

Web制作における支払い条件は、基本的には、納品月の末締めでご請求書を発行させていただき、翌月末払いをお願いしております。

原則はこの支払い条件に合わせていただくようにしており、例えば、末締めの翌々月末払いに対応して欲しや、制作前に支払いをしたいなど、お客さまに支払い条件や希望がある場合は、その支払い条件での対応を行っております。

ただし、一部の場合においては、末締めの翌末払いではなく、異なる支払い条件になる場合がございます。

原則お客さまの支払い条件

以下でご紹介するのは、あくまで弊社の希望になっており、実際のところとしてはお客さまの支払い条件に合わせてWeb制作を行っております。

弊社の考え方として支払い条件は、あくまで協議のうえで決定するというものになっており、希望がない場合は、納品月の末締めでご請求書を発行し、翌月末払いでお願いいたします。

ただし、お客さまの希望が、納品月の末締めに請求書を発行し半年後のお支払いや、小切手でのお支払いなどの場合は対応をいたしておりません。

特殊な支払い条件以外であれば、弊社も小さなWeb制作会社になるので、お客さまの条件に合わせるように善処させていただきたいと思います。

では実際に、末締めの翌末払いではなく、異なる支払い条件になる場合についてご紹介をいたします。

納期が長い

弊社のWeb制作では、基本的には納品月の末締めでご請求書を発行し、翌月末払いをお願いしております。

ただし、実際にWeb制作作業を行っていて、稀にお客さまが原稿や画像のチェックを放置され、納期が想定よりも2,3ヶ月遅れてしまうというケースもあります。

そういった場合については、納品は完了しておりませんが、ご請求書を発行して良いかの確認を行っております。

もちろん、お願いをしたタイミングの末締めでご請求書を発行させていただきますので、翌月末払いになっており、すぐにWeb制作費を払ってほしいとお願いするものではございません。

個人事業主さま

個人事業主さまと会社設立時にホームページが必要になるという案件の場合は、全額を前金でお願いすることがあります。

基本的には支払いがされないとは思っておりませんが、個人事業主さまや会社を設立したばかりの方は非常に忙しいために、これまでの経験として支払い忘れなどもございました。

そして支払い忘れがある場合には、弊社からご連絡をさせていただくこともあるのですが、この確認のお電話を回避するために、個人事業主さまと会社設立直後の方においては、前金でのお支払いをお願いしております。

支払い条件としては、少しイレギュラーなものになっていて、お支払いを確認できてからの制作作業を行っており、ご請求書自体は発行月の末締めの翌月末払いですが、翌月末より前にお支払いをお願いしております。

また、大体の支払日も確認させていただいており、お支払いをいただいたらすぐにWeb制作作業を実施しております。

サービスによっては前金も

弊社では低価格なWeb制作サービスも提供しております。

例えば、テンプレートで低価格のWeb制作初期費用60万円のWeb制作プランなどが低価格なWeb制作サービスになるのですが、この場合においても、全額前払いをお願いすることがございます。

こちらのサービスでは、基本的には、個人事業主さまなどの支払い条件と同様に、お支払いをいただいてからのWeb制作作業になっております。

ただし、こちらについては必ず前入金をしていただくということはなく、納品後の末締めでご請求書を発行することも多々ございます。

半金は対応していない

ごく稀に、ホームページの提案後にお客さまに支払い条件を確認されることがありますが、原則弊社では納品月の末締めの翌月末払いとお伝えしております。

そして納品月の末締めの翌月末払いになるとお話をすると、「他の提案してくれているWeb制作会社は半金が前払い」と言われることも多くあるのですが、弊社ではこの半金の前払いは行っておりません。

もちろん、お客さまの希望として、半金を先に払っておきたいという場合でしたら、お受けすることも可能なのですが、1社だけ半金を先にいただいた場合、他の会社が全額末締めの翌月末払いになっていると、間違えて、お客さまに全額を請求してしまうというミスが発生する可能性もあるためです。

もちろん、これまで半金に対応したこともございますので、基本的にはミスは発生しないとは思いますが、しかしイレギュラーなパターンで対応をしてしまうことは、ミスの発生の原因にもなると考えておりますので、すべてのお客さまに対してお支払いは1度でお願いをしております。

ただし、弊社では分割払いのWeb制作にも対応をしているのですが、この場合は、お打ち合わせなどによってしっかりと初期費用と分割金額を設定しているため、これまでミスが起きたことはございません。

そのため、基本的には半金を制作前に、もう半金を制作後ということには対応をしておらず、前払い後払いの違いはあるにしても、基本的には一括払いでのお支払いをお願いしております。