支払い条件を教えてください

まれに支払い方法を教えて欲しいと言われることがあります。

弊社がお願いしている支払法は、一般的なWeb制作会社と同じで、月末締めの翌末払いになるため、これまでホームページ制作や運営サービスなどを提供してきて、問題になったことはございません。

ただし、支払い条件にまったくあわない場合は、お客さまのことを考慮して再検討させていただいております。

推奨の支払い方法

ホームページ制作や運営、SEO、リスティング広告など、弊社が提供するすべてのサービスにおいては、作業が完了した月末にご請求書を発行し、翌月の末払いをお願いしております。

例えば、10月31日に作業が完了した場合は、10月31日に請求書を郵送させていただき、11月30日までに入金をお願いしております。

この条件については、大半のお客さまにご納得をいただいており、これまで大きな問題になったことはなく、一般的なWeb制作会社と同じだと思います。

ただ、最近よく、半金を作業前に、もう半金を納品完了後と言うWeb制作会社のことも耳にしますが、弊社ではこの半金制度は原則行っておりません。

もちろん、オリジナルのホームページ制作の条件になり、分割払いに対応したホームページ制作などのパッケージ化してしまったサービスについては、作業前に半金や分割払いを行うこともございます。

この条件は、基本的な弊社の支払法になり、お客さまの都合に対応したり、さらには状況によって変更されることがございます。

お客さまを考慮

この支払い条件でなければホームページ制作は行わないと言うつもりはなく、基本的には弊社の条件があわない場合は、お客さまの都合を踏まえて協議のうえ決定いたします。

お客さまによっては、納品物がないと支払えないや、月末締めの翌々末払いと言うようなこともございますので、この辺りは柔軟に対応させていただきたいと思います。

そのため、基本的には協議で決定いたしておりますので、お気軽にご相談ください。

イレギュラーな場合

基本的には、支払い条件を提示し、お客さまがあわなければ、都合を考慮した再検討が一般的になるのですが、ホームページ制作で以下のような場合は、変更のお願いをすることがございます。

ただし、以下がすべてではなく、ホームページ制作でまれにある事例としてご覧ください。

納期が遅延

弊社のホームページ制作は、一般的に3ヶ月程度の期間をいただいており、多くのお客さまで3ヶ月程度でホームページを公開いたしております。

ただ、お客さまによっては、3ヶ月のスケジュールでホームページ制作を進めていたとしても、確認事項の回答がもらえなかったり、何かしらの理由でホームページ制作を止めるということも実際にございます。

このように、納期が非常に遅くなる場合は、そこでいったん請求書を発行させていただいており、もちろんお振込みをいただいたからと言って、ホームページ制作作業の手を抜いたりはいたしませんのでご安心ください。

この納期遅延の判断は、ホームページ制作の進捗具合にもよりますが、ご発注から3ヶ月目を目途にしており、もう少し納品までに時間がかかる程度であれば、請求のお願いはせずに、最低でも1ヶ月以上はかかると判断したときに請求のお願いをしております。

ただし、あくまでお願いになっており、御社の支払い条件として、納品物がないものに支払いはできないということもございますので、その場合は協議のうえ決定いたしております。

個人事業主と新設法人

個人事業主や新設法人の場合は、全額を前入金でお願いをしております。

もちろん、意図的に支払いをしてもらえないかもしれないという心配ではなく、これまでホームページ制作サービスを提供してきた経験で言うと、個人事業主や新設法人さまにおいては、非常に忙しいことが多くあり、請求書を郵送しても、期日までに請求書を紛失されたり、支払いを忘れてしまったりと言うことがちょくちょくございます。

そして、支払いを忘れられてしまうと、お客さまの作業としては請求書を探す必要があったり、弊社の作業としては請求書の再発行や請求した日付や内容、金額の確認作業が必要になるため、無駄な作業をできる限り削減するために、個人事業主や新設法人の場合には前入金をお願いしているのです。

もちろん、助成金などを利用されるや、知り合いの会社から費用を出してもらうなど、前払いはできないということもございますので、基本的にはお客さまと協議のうえ決定したいと思います。

お気軽にご相談ください

上記が弊社の支払い条件になります。

ただし、上記内容も必須ではなく、あくまでスタンスとしては、弊社にあわせていただくことを優先し、イレギュラーなパターンもございますので協議のうえ決定が一般的です。

もちろん、お客さまの都合を踏まえて、協議のうえ決定をしたいと思っておりますので、基本的にはどのような条件であったとしても、対応することが可能になります。

実際に、これまでこのスタンスで問題になったということはございませんし、さらには、弊社の主張を通すのではなく、お客さまのご都合を踏まえたうえで決定すべきものと考えておりますので、ホームページ制作のご依頼をご検討で、支払い条件が不安な場合は、お気軽にご相談ください。