SEOをまるまる依頼できますか?

SEOをまるまるご依頼いただくことも可能です。

ただし、現在のSEOは非常に難しいものになっており、まるまるすべてのSEOをご依頼いただいた場合には、お見積額が非常に高くなってしまうことと、成果が出るとは言い切れないものになっております。

そのため、弊社にSEOのご依頼をいただくもっとも多いパターンとしては、「自社で行えること」と、「弊社に依頼すること」を分けてからご依頼いただいたケースになっております。

現在のSEOは本当に難しい

2021年6月3日のグーグルコアアルゴリズムアップデートで、弊社のホームページは30の重要キーワードで検索順位の平均が6位から50位台まで、検索からの訪問者数としては1日に200人から半分の100人まで落としてしまいました。

そして2021年8月8日現在で言えば、そのSEO効果をかなり戻しており、重要キーワードの平均検索順位は19位、検索からの訪問者数は1日に180人程度となっております。

このコアアルゴリズムアップデート後は、いきなり作業を行うのではなく、こうすればSEOで上がるということを調査して対策を行っております。

この調査結果からの対策法としては、コアアルゴリズムアップデート前はテクニック的にSEOを行っていたため、グーグルの本質である「ユーザのためのページを上位表示させる」という部分が抜けており、その結果大きく順位を落としてしまっており、テクニックももちろん重要ですが、基本的にはユーザのためにページのリライトを実施いたしました。

そしてこのSEOのリカバリー作業を行って、まだ完全には検索順位も訪問者数も戻ってはおりませんが、しかしこの調子でいけば何とか戻すことができると考えており、さらに検索順位が戻れば、当然現在1割減の検索からの訪問者数になっているので、コアアップデート以前よりも多くの検索からの見込み顧客の集客ができるようになると考えております。

上記の文章を読むだけであれば、原稿のリライトを行えば良いのかと思われることがあると思いますが、そのための調査であったり、対策作業においてもデザイナーやコーダーがしっかりとSEOを理解している必要があるため、本当に膨大な作業量となっておりました。

そのため、まるまるSEOを依頼されてしまうと、もちろんできないことはありませんが、しかし弊社側の作業量が膨大であるため、お見積額としては通りづらい金額となってしまいますので、できればまるまるのSEOのご依頼は辞めたほうが良いものになっております。

また、さらにはお見積り金額だけではなく、新規ページ作成やリライト作業においても、弊社が原稿を作成するよりもお客さまが原稿を作成したほうがSEOに効果を出すことができますので、弊社に原稿作成を依頼された場合には、必ずSEOで成功できると言い切れないものになっております。

SEO施策の対策法と流れをサポート

では、どのようなご依頼をいただくのがSEOにとってベストかと言うと、基本的には弊社でSEO作業のピックアップと流れのご提案を行うものになっております。

基本的にはSEOは魔法でも何でもなく、検索エンジンのクローラーと言われるホームページの巡回ロボットがホームページの情報を収集し、検索エンジンのデータベース内で検索順位を決定しているため、何かしらの作業を行わなければ、検索順位が上がることはありません。

そしてこの何かしらの作業内容を具体的に弊社からご提案させていただき、さらには闇雲にこれらの作業を行うのではなく、行う順番なども重要になってくるため、しっかりと流れをご提示させていただいたうえでSEOの実作業を実施して頂いております。

もちろん、闇雲にSEOに効果的であると言われている対策をご提示して、闇雲に流れを策定しているのではなく、基本的には生ログやグーグルサーチコンソール、グーグルアナリティクスなどによる調査結果をもとにしたご提案となってくるため、1つの対策を行っていきなりSEOで成果を出すことはできませんが、しかし継続していくことで、本当に成果を得ることが可能になります。

作業はお客さま自身で

そして基本的にはSEOについては、ホームページの内部の改善と新規ページ作成、被リンクの獲得の3つの対策が中心になっております。

ホームページの内部の改善については、Web制作会社に費用を払って改善しなくてはならないのですが、新規ページ作成と被リンクの獲得は、行い方をサポートさせていただきますので、お客さま自身で行うことが可能になります。

この新規ページ作成と被リンクの獲得については、弊社でしっかりとレクチャーをさせていただきますので、効果的な行い方については、そのレクチャー通りに作業を実施していただくことが重要になります。

また、実際にSEOは新規ページ作成と被リンクで決まると多くの方が理解をされておりますが、実際に弊社のこれまでの経験から言うと、この順番も重要になっており、順番通りにSEO施策を行うことでより効果を発揮できるものになっております。

そのため、稀にいらっしゃるのが、被リンクが大切だからと言う理由から、闇雲に被リンク数を増やす対策を取られている方もいらっしゃり、被リンクを張った後に弊社にご依頼いただいた場合については、被リンク調査を行い、価値がないと判断すれば、被リンクを外す作業から行っていただいております。

質が低いとSEOにマイナス

基本的には、SEOを考えた場合に、質が低い新規ページ作成や被リンク対策を行うとマイナスになる可能性があります。

そしてこの質については、基本的には詳細はグーグルしか分からないものになっており、一般的にはWeb制作会社もどの対策が質が低いのかを判断することが非常に難しくなっておりいます。

ただし、質については目視あるいはグーグルサーチコンソールを利用することで判断することが可能であり、被リンクの質については被リンク元のホームページを目視、自社のホームページ内のページについてはグーグルサーチコンソールのクロール済み-インデックス未登録検出-インデックス未登録を確認して改善作業を行います。

ただし、この改善を行う際に、質が低いページであるから削除しても問題がないと考えて削除すると、検索順位を落とす可能性がございますので、インデックス未登録にあるから削除するのではなく、本当に削除を行っても良いのか判断をホームページ全体を把握して行う必要があります。

Web制作なら無料SEOサポートでも成功

基本的には弊社がもっともオススメするのが、自社で行える実作業は自社で行い、SEOの指針は弊社で策定することになっております。

そしてこのSEOサービスについては、もちろん単体でもお申し込みをいただけるのですが、弊社にWeb制作をご依頼いただくことで、無料サポートを行っております。

実際にこの無料サポートの効果としては、弊社のWeb制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスさまでは、無料サポートを利用するだけで、30を超える重要キーワードで平均3位になっておりますので、非常に高い成果を出されております。

そのため、SEO単体でお申し込みをいただくことももちろん可能ですが、その場合ホームページの内部の改善も必要になっているので、総額で見ればリニューアルを行ったほうが安いこともございますので、SEO単体よりもリニューアルもセットでご依頼いただくことをオススメいたします。

SEO以外の集客ルートも

最後にSEOをご検討の方に申し上げたいのは、SEOに依存しないことが大切になります。

SEOに依存をしてしまうと、どうしてもグーグルが年に3,4回行うコアアルゴルズムアップデートで、弊社のホームページのように、ある日突然検索からの訪問者数が激減してしまう可能性もあるので、SEOと合わせて別の集客ルートを定めることが大切になります。

現在の弊社の提案としては、このSEO以外の集客ルートを定めることを本当に重要視しており、集客のベースはもちろんSEOで問題がないと思いますが、SEOで検索順位が落ちたときも、しっかりと見込み顧客を集客できるホームページとしなくてはなりません。

SEOをまるまるご依頼される方へ

2018年以前であれば、多くのSEO会社さまが成果報酬型のSEOを提供されておりましたが、現在は大手SEO会社さまのほとんどが成果報酬型SEOから撤退しており、コンサルティングに力を入れております。

その理由は、ホームページ内の新規ページ作成の行い方はレクチャーできたとしても、実際の原稿作成は、その業界にいるお客さまでなければ良質なページは作成できないためであり、弊社でもそのように考えております。

そのため、基本的には原稿作成や被リンクはお客さまで作業を行っていただき、弊社としては実作業の方法とスケジュールの策定にとどめた提案をいたしております。

ただし、まるまるのSEOのご依頼もお受けしないという話ではなく、弊社がすべてのSEOを行った場合には、原稿の質が低いためにそれほど効果を出すことは難しくなっており、これをご理解いただければまるまるのSEOもお受けすることが可能です。