HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

サーバーがダウンしたので、今後のリスクを考えて変更したい

サーバーダウンで変更したい!

少し珍しい事例ですが、当社のクライアントさまで定期的にイベントを開催している会社さまがあります。

そちらの会社さまでは、あるレンタルサーバーを利用していたのですが、アクセス過多で突然落ちてしまいました。

そのため、今後のことを考えて、サーバーを変更したいので何か考えるポイントはありますか?とご相談を受けました。

当社もサーバーダウンは初めて聞いた事例だった

そちらの会社さまでは、毎月ではありませんが、定期的にイベントを開催し、イベントページを作成しています。

そして、これらのイベントページは、もちろんグーグルからの流入も狙いますが、それプラスとして、既存顧客に対してメールを送信し、イベントのお申し込みを促しています。

当社で作成したイベントページになっていて、基本的にできることとしては、お申し込みくらいしかありません。

ただ、そのお申し込みは、実はイベントアドレスをお客さまに送信した3日間に爆発的なアクセスが発生するケースがほとんどです。

これまでは、確かにそのイベント告知後にアクセス数が多かったのですが、落ちたという経験はありませんでした。

しかし、2021年の1月や2月だったと思いますが、その時は落ちてしまい、非常に大きな問題になったのです。

当社は、サーバーについてはお客さまが自分で選んで借りられたものであったため、ノータッチだったのですが、初めての経験で少し驚きました。

後から知ったのですが、そちらのサーバー会社は、アクセスが増えそうなタイミングで、容量を増やすプランを提供されていて、これを利用していれば、落ちる心配はなかったようです。

サーバーを借りたい!

こちらの会社さまでは、基本的には、自社サーバーが1台と、レンタルサーバーが5台程度で運用をされています。

自社サーバーはコーポレートサイトやネットショップを設置していて、当社が担当する案件は当社用のレンタルサーバーを提供されていました。

そして今回、サーバーが落ちてしまったこともあり、当社が制作したホームページは1台のレンタルサーバーではなく、2台のレンタルサーバーで運用したいとご相談をいただきました。

その内訳は、一般的なサービスサイトとこういったイベント系を分けることで、もしイベント系のアクセスが多くなってもサービスサイトが落ちないようにする対策だそうです。

そして、既存のサーバーは取り敢えず解約をして、新たに2つ契約するので、選んで欲しいと言われてました。

ただ、サービスサイトなどのレンタルサーバーの移管は、単にサーバー代だけではなく、弊社などのWebサイト制作会社への支払いも発生してしまいます。

そして、現在のサーバーであったとしても、恐らくサービスサイトだけであれば落ちる心配はないと考え、次のイベント用から利用するレンタルサーバーだけをご提案いたしました。

もちろん、プランについては最も高いプランを選択させていただいています。

そうすることで、レンタル費用は発生しますが、Webサイト制作会社への支払いは無くなるので、無駄に予算を使わなくてもよくなります。

現状はどうか

2022年7月現在のお客さまの状況はどうかと言うと、基本的には落ちてしまうと言うことは無くなりました。

実際にダウンしてから、2,3度イベントサイトを制作しておりますが、プランが高いので、少しだけ表示に時間がかかるかなと思うことはあっても、落ちることは無くなりました。

そのため、現在では余計な心配をする必要がなくなっていて、もちろんイベントによっては、いつもよりも大量にアクセスがある場合は、対策を行っています。

大体のサーバー会社がアクセス過多を意識して、ブーストなどの機能を提供しています。

このブーストを利用することで、大量アクセスがあったとしても、重くなったり落ちづらくなるようになります。

実際に費用としては、数千円程度のものになっていて、また会社によっては、月単位でのお申し込みが可能です。

そのため、現在では非常に安定した運用が可能になっていて、お客さまが心配する種を一つ減らすことに成功しています。

ホームページ制作時にサーバー選定は非常に大切

当社はこれまで、大半のホームページ制作でエックスサーバーをおすすめしていました。

もちろんそれ以外も提案をしていたのですが、ホームページを作るのに適したレンタルサーバーでご紹介している会社からの選定になっていました。

ただ、今回の件を受けて、現在では、お客さまに、期待値ではありますが、訪問者数やレンタルサーバー会社のスペックを説明した上で、選定をいただいています。

ホームページ制作を行う度に、この説明をしていて思うのが、恐らくあまりイメージを持たれていないと思います。

しかし、この説明を行うことで、クライアントさまに意識を持っていただけていると考えています。

ホームページ制作時のサーバー会社の選定は本当に大切です。

もしも、ダウンしてしまうと、さまざまな問題が発生してしまうため、Webサイト制作会社の言いなりではなく、しっかりと自分でも検討するようにしましょう。

機能性が高いほど月額料金が高い

当たり前の話ですが、機能性高いほど月額料金が高くなります。

そのため、一般的な企業サイトであればそれほど意識しなくても良いとは思いますが、イベントを定期的に開催されている場合は多少は高い料金を払う必要があります。

ただ、最近のサーバー会社は、実は先述もしてい通り、ブーストオプションを提供しています。

このブーストオプションは、会社によっては、ずっと利用しなくてはならないケースもありましたが、月単位でのお申し込みができる会社もありました。

そのため、例えば、年に1度だけを行う場合であれば、月単位でブーストオプションが利用できる会社が良いでしょう。

逆に2ヶ月に1度イベントを行うのであれば、月単位である必要はなく、多少高くなってもずっと申し込める機能を利用するのがおすすめです。

また、実際に複数のサーバー会社に確認をしたところ、まずはプランを上げて対応することがおすすめだそうです。

そして最上位プランでもアクセス過多になる場合にブーストを利用することがもっとも費用対効果が高いと説明を受けました。

突発的なアクセスが多いホームページでは、突発的なアクセスをベースにサーバー会社を選定して、本当に安心で安全な運用を行うのをおすすめします。

サーバー会社選定でお困りなら

これまでの弊社のホームページ制作経験で言えば、サーバー会社選定は自社で行うよりも、Webサイト制作会社の提案で決定するのが多いと思います。

ここで問題になるのが、そのサーバー管理を適当に行われてしまい、ウィルス感染をしてしまう事例があることです。

例えば、現在のウィルスは非常にややこしく、感染しているホームページを閲覧すると、パソコンが感染してしまい、そこに設置されているFTPソフトの情報が抜かれることがあります。

そして抜かれるとホームページが改ざんされ、御社のホームページも感染してしまいます。

このような問題が起きないためにも、サーバー会社はもちろんですが、Webサイト制作会社はできる限りの対策を行っています。

これらの対策法は知らないと行えないのですが、知っていることで、ウィルス感染のリスクも無くなっていきます。

もちろん上記のようなサーバーダウンの問題も、事前にしっかりと検討をしていれば、回避できる内容になっています。

当社では、従来はセキュリティー対策を現在ではサーバーダウンについてもしっかりと検討した提案が可能です。

もちろん、当社が間に入ると、手数料がかかるのでお客さま自身でご契約をいただきますが、その選定や契約のサポートをさせていただきます。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP