HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

何も決まっていないのですが、相談可能ですか?

何も決まっていないホームページ制作依頼

何も決まっていない状態であっても、ご相談ください。

ホームページ制作実績の企業さまの多くが、ホームページを作りたいと成果を出したい以外何も決まっていない状態から始まっています。

弊社がしっかりと調査し、さらには御社に必要な情報を適切に応えるための方法をお伝えし、クライアントさまと当社が一緒になって具体的な対策を検討いたします。

ホームページを作って成果を出したい

当社へお問い合わせをいただく方の大半が、ホームページを作って成果を出したいというご要望です。

もちろん、そのままのご要望でホームページの企画を立てたり、制作したりはいたしません。

まずはお客さまの情報や集客についての必要性などをじっくりとお打ち合わせをしながら、具体的なホームページの形作りを行っていきます。

また、さらにはこの段階からしっかりとどうやって集客するかや、成果を出すかなどを具体的に定めることで、十分に効果を発揮できるのです。

主にこのパターンで多いのが、ホームページ制作などについての知識量不足が要因になっていると考えています。

そのため、通常よりもしっかりとサポートを行いながら正しい方向性で案件を進めることと、さらにはお客さまの知識レベルを高めることが大切になっていると考えています。

発注後に話し合いながら定めていく

何も決まっていない場合で、弊社へ発注をいただける場合は、ご依頼をいただいた後、提案をしながら具体的な形を定めています。

ホームページで成果を出すためには、本当に多くの要素を定めなくてはなりません。

基本的にはホームページ制作提案は、発注するための検討に利用するので小出しはできません。

そのため、提案段階では、どうすれば成果が出るのかの概要をご説明させていただきます。

ただ、ご発注後は、すでに発注が決まっているため、少しずつ確認をしながらでも問題がないのです。

もちろん、ホームページ制作期間は多少伸びてしまいますが、しっかりと打ち合わせを行うことで、より効果を出せるホームページへと成長するのです。

この発注後の話し合いは、具体的な内容を定める目的もあるのですが、シナジー効果としてお客さまの知識レベルの向上にも役立っています。

集客ルートは要望がなければSEO

お客さまが考えなくてはならないことに、どこから見込み顧客を集めるのかがあります。

この見込み顧客が訪問しないホームページは絶対に成果を出せないため、集客ルートの明確化が必要になってきます。

そしてこれらのルートは、まずは当社が一般的に考える集客ルートとそれぞれの具体的な対策法などをご紹介させていただきます。

また、併せて、過去のホームページ制作実績から、それぞれのホームページがどのルートを選択し、どれくらいの期間どのように対策をしたのかをご説明します。

そしてこれらの情報を聞いた後、クライアントさまが、行っていただける対策を選択すると言うのが、当社の集客ルートの定め方です。

これらを聞いてもピンとこないようであれば、当社ではSEOをおすすめさせていただきます。

なぜかと言うと、実は集客ルートの中で唯一努力量でカバーができるのがSEOになっているためです。

基本的には現在のSEOにおいては、サイト運営がかなり大切になっていて、このサイト運営を当社が定めた計画とスケジュールに基づいていただきます。

もちろん、スケジューリングは、お客さまが無理なく継続できる量を設定しています。

代わりにと言ったら少し変かも知れませんが、1日の作業量は少なくても良いですが、その作業を2年でも3年でも継続していただくことを重視します。

現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングは、更新頻度も見ているのです。

もちろんそこまで高い効果ではありませんが、しかし、微増する効果はあるので、しっかりと更新作業を継続するようにしましょう。

また、SEO以外を選択された場合でも効果的な対策法をしっかりとレクチャーさせていただきますのでご安心ください。

ちなみにですが、SEO以外の集客で人気があるのが、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアがもっとも人気です。

次に、グーグルとヤフージャパンの広告枠になるリスティング広告とYouTube広告。

最後に、DM配布やポスターの設置などのリアルでの告知活動になっています。

内容は当社で作成は御社で

企画が定まったら、次はウェブデザイン作成になるのですが、その際にあらかじめ原稿をいただくようにしています。

もちろん、ダミーがあれば絶対に駄目だと言うことはないのですが、原稿が定まっていたほうが、ウェブデザインの調整がこの段階で行えます。

例えば、当社では短文でも良いと思っていたとしても、実は長文が必要なケースもあるのです。

これは、頭で考えてみるよりも、実際に原稿を作ってみなければ分からないケースが本当に多くあります。

当社のホームぺージ制作では、基本的には内容は、調査結果から当社で定めますが、具体的な原稿は御社にご用意をいただいております。

ただ、実際に原稿作成をしたことがなく、なかなか原稿が書けないと言う場合に限り、当社が営業の範疇で無料でダミーテキストをご用意いたします。

もちろん、他社サイトからパクってきたものではなく、当社がオリジナルで用意した原稿になるため、そのまま利用いただくことも可能です。

ただしSEOとしても成約としても、やはり専門性の高い原稿の方が効果を発揮できるので、御社自身で作成されたほうが良いと考えています。

サイト運営の中で微調整は行います

まったく何も分からない状態でホームページ制作を行う場合は、当社がしっかりと道しるべを作り、その通りにホームページを作りサイト運営を行っていただきます。

そしてこれらの道しるべを作成する際には、単に方向性を定めるだけではなく、お客さまの知識レベルの向上も狙っています。

知識レベルが高くなればある程度自分で方向性を定めれますが、そこまで来るまでの間は弊社がしっかりと微調整を行いたいと考えています。

例えばSEOで言うと、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングは、グーグルのコアアルゴリズムアップデートの段階で大きく検索順位が動きます。

グーグルとヤフージャパンは同じシステムを搭載しているため、当たり前になるのですが、ビングは違うプログラムになるのになぜか同じような動きをしています。

そしてこれらの情報をもとに、現在、クライアントさまが行っているサイト運営を微調整しなくてはなりません。

そのため、ホームページを公開当初は弊社が主導になって微調整をお手伝いしますが、ある程度慣れてきたらお客さま自身で行うケースが多いです。

このようにサイト運営は微調整を行わなくてはならず、基本は当社で、そして慣れれば御社で行っていただくことで、本当に効率的なサイト運用が可能になるのです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP