2011年の夏期休業

誠に勝手ながら、以下の期間を2011年の夏期休業とさせていただきます。

2011年8月12日(金)~2011年8月16日(火)まで

夏期休業中にいただいたお問い合わせにつきましては、2011年8月17日(水)より順次ご対応をさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

2011年の夏季休業はスタッフブログの更新

2011年のゴールデンウィーク休業でもご紹介しておりますが、弊社では現在記事作成を行っております。

2011年のゴールデンウィーク休業で計測した限りでは、1記事あたり大体の作成時間が2時間程度になっており、これであれば、継続してスタッフブログの更新を行えると思えております。

そして現在もこの記事作成は行っており、現状で大体ですが、10記事程度になっているので、このスタッフブログが作成されれば、いきなり10記事が投稿できるということになります。

そしてスタッフブログの制作は大体完成が年末あるいは年明けになっており、その時までにしっかりと記事を蓄積していこうと、スタッフブログが完成されたときに一気に記事ページを公開できると思っております。

ただ、正直な感想としてはせめて管理画面だけは急いでほしいと思っておりますので、取り敢えずは制作はお客さまのホームページ制作があるので、弊社のホームページのスタッフブログの公開が遅れるのはいいとしても、管理画面だけは急ぎ制作してもらうようにするつもりです。

サイトエクスプレスの手直し

弊社ではホームページ制作をオリジナルで行う場合と、決まったページ数と機能で行うサイトエクスプレスというホームページ制作パッケージを提供しております。

このホームページ制作パッケージにおいては、ホームページ制作費を分割払いいただくサービスになっているのですが、やはり2年間はその分割分を支払わないといけないと言うのが、かなりハードルになっているようで、リリースして大体ですが、半年くらい経過しているのですが、実際に提案を行ってもやはりホームページ制作のリース契約が産経新聞などで取り上げられた影響からか、月額払いは非常に警戒をされてしまいます。

しかし、だからと言って、そのまま放置していても仕方がないので、サイトエクスプレスの内容を見直して、よりお客さまにとって魅力的なホームページ制作パッケージにしようと思っております。

そして現在は、費用だけになっておりますが、今回の手直しで考えていることは、本当にお客さまにとって役立つパッケージサービスにすることになり、それらを実現するための機能についての検討を行おうと考えています。

後は案件をこなしてのんびり

そして最後に現在進行中の案件での資料作成やスケジュールの調整、各種ブラウザチェックの時間に当てようと思っております。

これらをしっかりと行うことで、2011年の夏期休業明けの作業を少し楽にすることができるので、しっかりと夏期休業の間にやってしまおうと考えております。

そしてそれらの作業が終わった後はのんびりと過ごそうと考えております。

毎年長期休みは会社にいる

そして毎年のことですが、このような夏季休業などの長期の休みについては、基本的には土・日以外は毎日出社をしております。

もちろん、電話がないので作業が進むと言う理由もあるのですが、それ以上に連休明けの作業を軽減することで、毎日大量に行う作業を前もってやってしまえるので、夏季休業明けの作業が非常に楽になるためです。

今年もこの夏季休業を利用して、SEO対策やサイトエクプレスの見直し、スタッフブログの更新、案件処理などを行うことで、連休明けに少し作業を減らすことができるのです。

弊社の今後のホームページの方向性

そして、この記事を書きながら、現在のホームページの方向性について考えたところ、やはりSEOがもっと詳しく言えば被リンク数が圧倒的に足りておりません。

今後の課題としてはこの被リンク数を増やすことが大切になっており、しっかりと増やしていくことで、ホームページのSEO効果を高めなくてはならないのです。

SEOを考えるとホームページ内の更新と被リンクになっており、ホームページの更新は現在どんどん原稿のストックを貯めているので、どこかのタイミングで被リンク対策に着手をしなくてはなりません。

これらを次の長期の休みから行うことで、本当に成果の出るSEOにできるので、次の年末年始休業ではSEOのための被リンク対策に専念をして対応していければと思っております。

長期の休みこそSEOを

夏期休業などの長期の休みのときこそSEO対策を行うようにしましょう。

夏期休業などにおいては、御社のライバルサイトもSEO作業が止まり、一切更新がされないので、その間にライバルとのページ数や被リンク数の差を埋める最大のチャンスになってきます。

現状で弊社のホームページにおいては、ページ数についてはある程度1ページ目にぎりぎり入るほどあるはずなので、後は被リンクになっており、この被リンクは休みのときこそ行わなくてはなりません。

基本的にはページ数と被リンク数の調査をしていると、ライバルサイトは通常営業日には必ずページ数が増えているあるいは被リンク数が増えているのです。

そのため、夏期休業のタイミングなどを利用してしっかりとSEO対策を行うことで初めて、ライバルサイトにSEOで勝てるようになるのです。