2013年のゴールデンウィーク休業

誠に勝手ながら、以下の期間を2013年のゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

2013年4月27日(土)~2013年5月6日(月)まで

ゴールデンウィーク休業中にいただいたお問い合わせにつきましては、2013年5月7日(火)より順次ご対応をさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

前半と後半のみ出社

2013年のゴールデンウィーク休業は前半の27日と28日、後半の5月5日と5月6日のみを出社とさせていただき、電話サポートのみ対応が可能です。

今回は11連休になるのですが、4日だけ出社としており、残りの7日はお休みとしております。

その理由はSEO疲れがまだ長引いており、かなり原稿を書きたくないと思っておりますが、しかし原稿を作成しないといけないので、何とか頑張って4日間だけは出社しようと思っております。

ゴールデンウィーク休業中にスタッフブログの更新

そして一応原稿作成は今年いっぱいと決めており、来年からは被リンク対策を行うので、取り敢えず年内の分はすべて1記事ずつ予約投稿をして、それが終われば1日に2記事目の予約投稿をしようと思っております。

まず現状の目標がライバルサイトよりも多くのページ作成になっており、そしてその作業が終わったら、次はライバルに追いつかれないようにページ数で差をつけることになっております。

もちろん、弊社としてもページ数だけでライバルサイトにはSEOで勝てないと言うのは理解しておりますが、安定した見込み顧客の集客を行い続ける場合には、しっかりとページを作成していくしかないのです。

そのため、これらをしっかりと行うことで、弊社のSEOはかなり効果的なものになると推測されるので、弊社ではこのゴールデンウィーク休業を使って弊社のホームページの記事作成を行っていくことを予定しています。

取り敢えず画像や内部リンクは後回し

そして弊社が記事を作成しているうえで、気を付けている点とでもいうのでしょうか、意識している点としては、記事ページに画像を使うことは後回しにするという点になります。

基本的にホームページに訪れたときに、画像がないとそのホームページは非常に見づらいものになるのですが、ここで画像まで張っているとライバルサイトとの差を埋めることができないのです。

そしてあったほうが効果的であると言うのは理解しており、取り敢えずはページを作成して、グーグルにURLを認識してもらうことで、そのホームページは多くのページがあり専門性が高いと認識してもらい、次にそのURLのページの文字数が多ければそのページは本当に詳しいページであると認識してもらうことで、ホームページ全体のSEO効果を高めようと考えております。

この原稿作成だけであっても大体ですが1記事あたり2時間かかるのですが、ここに画像となってしまうと、相当な時間を記事作成に取られてしまう可能性があるのです。

そのため、取り敢えずは記事数を稼ぐためにも、内部リンクや強調タグ、画像の利用は後から対応していくようにして、まずはしっかりとページ作成を行うことに注力をいたします。

ゴールデンウィーク休業までに作成したページ数

そして、ゴールデンウィーク休業までに作成したページ数は、大体ですが、100記事程度になっております。

実際にもともと考えていた作業量の大体半分程度のペースになっており、これでは年内で記事作成を辞めて、来年から被リンク対策は少し難しくなりそうと危機感を覚えております。

しかし被リンクは予定をずらさずにしっかりと行う予定ですので、たとえ記事が途中であったとしても、被リンク対策に移行する予定をしております。

そしてこの遅れた分をゴールデンウィーク休業を使って一気に加速させることで、弊社のブログは非常に多くのコンテンツを抱えることになり、トップページで狙った検索キーワードの専門性を高めることが可能にあんります。

グーグルは御社のホームページの専門性を見ている

そして少し話が脱線しますが、なぜ弊社がそこまで記事作成にこだわるかと言うと、グーグルは御社のホームページの専門性を見ているためです。

例えば弊社のホームページであれば、ホームページ制作会社と言う認識をしてもらっていると思いますが、その時に弊社のホームページのその他のページのテーマがしっかりとホームページ制作に関連する内容になっているかを確認しているのです。

そこでページ数が多ければ、当然専門性が高いと判断され、少なければ、専門性がないと判断されてしまうのです。

そのため、新規ページの作成はSEO対策において非常に大切なものになり、しっかりと対策を行うことで、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能なのです。

ゴールデンウィーク休業が勝負

以前もお話しましたが、ゴールデンウィーク休業がSEOにおいては大切になってきます。

SEOは基本的にはライバルあり気のものになるのですが、このライバルたちが止まっているゴールデンウィーク休業こそが御社がSEOで力を入れるべきポイントになっております。

これらをしっかりと理解して、最低1日でも構いませんので、SEO対策の施策を行うあるいは前もってやっておいて、予約投稿で記事作成や被リンクを行うことで、ライバルとの差を縮めることが可能になり、本当に成果の出るSEO対策とすることができるのです。